さて、2015年である。
ここでは新年の抱負とかを書いたらいいのかもしれないが、だがオレの考えは違った。

ちょっと時計の話を。

腕時計である。この紫のちょっと変わった色の腕時計。
 
この時計の秒針が止まってしまった。
というより、電池が無くなったようで時を刻まなくなった。

で、この時計は我らがKOBerrieS♪のいちこちゃんとお揃いのものである。
 
 

いちこ推しはこの時計を身につけて、イベントなどに参加する。
つまりはいちこ推しのファンともペアウォッチになるという便利なアイテム。

いちこちゃんは今、KOBerrieS♪を休業中なのでイベントに行ってもいちこちゃんはいない。
だから、身につけて行かなくても良いというものではない。

他のいちこ推しの人からの目を気にしてしまう。
いちこヲタ「あいつ、紫の時計してへん。いちこに報告しとこ」なんてのはいささか困る。

動かなくても、身につけるという方法もあるが、それはそれで面倒だ。

理屈として、時計を付けずに「あの時計は時が止まったままで、いちこが戻ってくる時、針が動き出す」なんて、説明をしても良いけど、訊かれもしないで、こんなこと言ってたらヤバい感じだし、訊かれて答えたとしてかなりのヤバい感じである。

ということで、電池を交換することにした。DIYで。

 
裏面
CAL2035っての電池の型式かなって思ったけど違うみたい。
これはムーブメントの型式らしい。

この蓋を止めるネジは一般的な精密ドライバーでは回らない、より精密なネジである。
一般的にはここで工具がないから、時計屋に持っていくことになるのだが、何故か私の手元にはより精密なドライバーがある。

 
 
開けてみた。
 
 電池は金具でネジ止めしてある。

抑えはバネ構造なので、外すときに飛ばさないように注意が必要。 
外した。この時点ではネジはあった。

あったが最終的にはなくなった。
なかなか難しいね。
何度か交換したことあるんだけど、ネジ飛ばしちゃった。
知らないうちに目と手先が衰えてるのかな。まあ、ちょっとかじかんだ指先で作業したのも敗因かな。
で、こんな姿に。

 

要は電気接点が確保されれば良いんだろって。
電池部は厚めにテープを貼って蓋で抑えるイメージに。

ちなみに電池はこれ。
 
SR626SW 
アナログ腕時計のボタン電池はあまり100均では売っていない。
これはエディオンで購入。価格は400円弱。
結構、高い。

まあ、要は時計の電池交換は時計屋さんに持っていくのがオススメ。
大体、1000円ぐらいが相場なのかな。
DIYはお勧めしないw

 
そして、再び時を刻み始めたいちことのペアウォッチ。

ちなみにこの時計、もうネットでも買えないみたい。在庫がある店を楽天とかAmazonで探したけど、見つからない。

新規のファンを増やすには時計を買い替えなアカン時が来るかもしれんで、いちこ。


尼崎の腕時計電池交換ブログを探してみよう。