日本中いたるところで使われている割り箸。


一本の木にスリットを入れて手で割れるように加工してある食器。


どれも見た目は同じようなものだけど、よく見ると結構違いがある。


中でもどうしても目に付くのが、粗悪な割り箸。

もしかすると、値段は高いのかもしれないが、使いづらい割り箸は存在する。


大別すると、長さが足りないものと硬さが足りないもの。

短い箸はしばしば駅弁などの弁当の類に添付されているが、使いづらい。

容器に収める為ではあるだろうが、いささか残念だ。


硬さが足りない割り箸。

要は少し力を加えると折れてしまうもの。

折れてしまうと箸の用をなさない。

折れないように気をつけて使うのが嫌。


飲食店を経営されている方がもしもこれを読んでしまったら、あなたの店で使っている割り箸を確認して欲しい。

変な箸だとせっかくの料理が台無しになってしまうよ。


おすすめは竹の割り箸。

長さが充分あれば、竹なだけあって適度な柔軟性があって使いやすい。

天削とかそんなのいらない。