尼崎ランチ週報

主に尼崎のランチの週報と週末のお出掛けの日記です。

2016年01月

ピザ活♡シェーキーズ 後

さて、散歩の後はシェーキーズである。

まあ、まだ階段に列ができてたんだけどね。
ぼんやりと歩いていると見逃してしまうような看板しか出してないのに、やはりピザは人気があるのでちゃんと見つけて店に入るようだ。

待ち人数は20人弱。
待ち時間はいまいち想像がつかないなあ。
ランチピークタイムは過ぎてるけど、時間制限がなくて店内からは行列が見えないから、気の利く人が気を使って早目に店を出るというのもあんまり期待できない。

で、待っていると店の人が何名様かを訊きに来た。
すると、15分待ちぐらいらしい。
意外と早いな。

ところでこのシェーキーズという店。安い店なのに店員の接客がキチンとしている。
ドリンクカウンターのお兄さんなんかはかなり手慣れた感じで、客の様子を観察して、色々考えて仕事をしているという感じがほんの少しのやりとりの中で見えてくる。

で、入店。早速、ピザを取りに行く!
セルフで1ピースずつ取れるというのは良いシステムだ。
量の調整が完全に自分次第。

まずはこんな感じに。
 
何度か来てわかったけど、ピザばっかり食べても、そんなに食べられない。
むしろ他のメニューを間に挟んだ方がたくさん食べられる。(ような気がする)

よく考えてみたら、私はスパゲッティも好物である。
「スパゲッティ」って入力するときにちょっと悩んじゃうから、ここからはパスタと入力しよっと。

自宅でもたまに大量のパスタを食べて、満足感を感じてるんだから、ここでも食べない手はない。
しかも4種類もある。
味はまあ、そこそこだけど、サイゼリヤのパスタよりは美味しいんじゃないかな。

そして、カレー。底の方に野菜みたいなのが沈んでたけど、具がない。
味はいわゆる業務用のレトルトのものだろうと思われるけど、そこそこ美味い。
で、後で気が付いたんだけど、具がないなら足せば良い。
と言っても、さすがにカレーの中にピザを入れるということはしない。
ソース的に上から掛けるのはアリかもしれんけど。

パスタ同様に食べ放題になっているミートボール、ソーセージ、フライドポテト
この辺りのサイドメニューをカレーにのせたら豪華なカレーになる。
あの冴えないサイドメニュー、何であるんだろって思っていたけど、そういう使い方がある。
何度か来てる内にそれまでピザしか見えていなかったけど、他のものが見えるようになってきた。

タイミングによってはピザの前に列ができることもある。
でも、慌てない。10分もすれば解消される。
そんな時はサイドメニューを。
ちょうど新しいパスタが追加された。

 
あんまり、一度にたくさん持ってくるのはオススメできない。
3ピースぐらいが適量だろう。
これは4ピースのってるけどw

こまめに取りに行くというスタイルが良さそう。
このシェーキーズ皿には重ねない状態で6ピースまで載せれるけど、目の前にそんなにたくさんピザがあるとがっついてしまって、結果、満足感が得られる量を食べることができなくなる。

今回の来店が4回目かな。
ビュッフェ形式の店は回数を重ねて、作戦を考えたりするのもまた楽しいね。


尼崎のピザ野郎ブログを探してみよう。

ピザ活♡シェーキーズ 前

さて、最近のお気に入りのシェーキーズである。
言わずと知れたピザ食べ放題のまほらば!である。

長期休暇の最後の日はお腹いっぱい好きなものを食べることにしている。
何の為に働くかを考えると、生きる為だし、生きる為には食べないといけない。


先日、滞在していた東京池袋にも店があるんだけど、こちらはお値段が高いの止めといた。
時間制限があって、飲み放題を付けると大体3000円ぐらい。
それに比べて大阪シェーキーズは食べ放題1020円、時間無制限。
飲み放題60分700円で計1720円。
この価格感覚になれると東京価格はいまいちだな。

で、店へと。
色々してて、ちょうど混む時間帯に来てしまい。
店の階段には列ができている。まあ、仕方ないなあ。ピザは人気がある。
そのまま並ぶかを少し考えたけど、ちょっとその辺を散歩しよう。
色々とお店があるから、うっかり入ってしまわないように気を付けながらw

難波といえば、この戎橋のグリコの看板。
 
よく見ると、そのすぐ近くにマイスーパーの玉出の看板が出ている。
頼もしいね。
最寄りの玉出は正月、1日から普通に24時間営業していて非常に便利だなあと。
中の人は大変だろうけど。

 
道頓堀!
流石に4日の昼間なので、人通りはあまり多くない。
観光ツアーの団体さんが目立つ。
どこかの店を予約してて、これからランチかな。

色んな看板があって見ていると面白いけど、目を引いたのはこれ。
まぐろ
 

 

こんな直球の看板を出しているのは元禄寿司。
尼崎店は昨年リニューアルしてた。
まだ、行ってないなあ。

 
味覇ラッピングのトラック。
これはどういう経緯でこの塗装になったんだろう?宣伝?
今の味覇は今までの味覇とは中身が違って、今まで味覇はなんとかって名前の似たような製品だとかなんとかってネットで見たことがあるけど、何だっけ?

さあ、歩いてお腹も空いたし、再びシェーキーズへ!


尼崎のシェーキーズブログを探してみよう。

六本木ヒルズから東京タワー

さて、おのぼりさんである。
「志」を遂げた後の帰尼の交通手段は夜行バス。
長く時間を掛けた方がより長い旅だった感じがして良いじゃん。
まあ、単に節約しただけのことだけどね。

コスト的には往路の6割引ぐらいで長時間の旅気分が楽しめるので帰った後もお休みならこれは悪くない選択である。

とはいえ、夜行バスは当然ながら出発時間が遅い。
今回、選んだバスは22時30分発である。
いくら東京でも大晦日のこの時間まで時間を潰すのは難しい。
お金が無限にあればどうにでもできるんだろうけど、そうも行かないしねえ。

と、いうことで東京の有名な場所で行ったことのない場所に行ってみることに。

六本木ヒルズである。
特に何の用事もないけど、あの何だっけ森ビルっていうのを見ておこうかと。

 
六本木ヒルズ!
名前の通り近辺の道は確かにアップダウンが激しい。自転車だと大変そうだなあ。
一般の方が入れる部分は地下2階から地上3階部分ぐらいだったかな。
大晦日ということもあって、人気のない地方のショッピングモールのような雰囲気であった。

周辺をウロウロしていると、何やら写真を撮っている人をよく見かける。
カメラの先を見ると、東京タワーが見える。
ああ、なるほど。
東京タワーか。

写真撮影の輪に混じって一枚。
 

さて、どうしよう。
まだ時間は十分すぎるほどに残ってる。
六本木ヒルズに来る途中に見掛けた飲食店街みたいな所に行ってみるか。

この付近は外国人の方が多い。
歩いていると、やたらとデカい声でケバブ売りの方に声を掛けられてビックリする。
あんなデカい声で売り込みして、買う人いるのかね?

なんとなく歩いている、東京タワーが近くに見えてみた。

ついでだからちょっと上ってみるか。東京タワー。
15分ぐらい歩いて東京タワーへ。

館内をウロウロしてみたけど、この施設は不案内だなあという印象。
また、館内は外国人率が非常に高くて、異国にやってきたみたいな感覚を感じる。

やはり異国の方はちょっとしたマナーとか感覚が日本人の私とは異なるようでちょっとしたことでイライラする感じ。
居心地が悪いなあ。異国の方もそう思ってるかもしれないけどね。

で、チケットを買って展望室へ。
 
覗いてみた。
これは明るい時間帯の方が良さそうだね。

展望室は灯りが落としてあって、他のお客さんとの交錯具合にイライラする。
夜景に目が行ってるのに、館内も薄暗いんじゃ歩きにくいなあ。

特別展望室のチケット列は大晦日でも盛況で何人だろ?200人ぐらいは並んでたかな。
30-40分待ちと表示されてた。

並ぶの嫌いだから、特別展望室は断念。
地上に戻って食事をすることに。

そう、上る前に見つけていたあの店へ。

 
ピザーラである。

一枚では足りないのでもう一枚。
 
値段が一枚600円ぐらいで大きさは小さいけど、ちゃんと焼きたてのピザーラのピザでこれは良いな、と。
ピザーラExpressなんていう名前だったかな。近所にできたら通うなあ。

ピザを食べて、帰路を検索。
最寄りの山手線の駅は浜松町駅らしい。
徒歩15分。ちょっと遠いけど、散歩にはちょうど良い。

増上寺っていう寺の横を通って行けば良いようだ。

タワーを出て、少し歩くと増上寺らしき場所が見えてきた。
灯りが見える。そういや、展望室からも見えてたなあ、この場所。

そうか、大晦日だから除夜の鐘イベントが開催されているんだ。
ちょっと境内に寄り道。

本堂を方面を見て、驚いた。
東京タワー借景である。
 

まあ、有名な場所なんだろうけど、何にも知らずにここに来て、この景色を見たらびっくりするね。
旅行では下準備って大事だけど、あんまり調べすぎるとこういうサプライズ感が無くなるから、どこに行くにも地図だけをさっと見て出掛けるんだけど、これは上手くいった例。

写真を撮ってる人をたくさん見掛けたけど、そりゃ撮りたくなるよね。
っていうか、この景色は東京タワーが建った時からあるのに何で、これを私は知らなかったんだろw
世の中、知らないことがまだまだたくさんあるなあ。

その後、駅方面へ歩いて行ったけど、やっぱり大晦日の夜なので開いてる店少ないw


尼崎のおのぼりさんブログを探してみよう。
アーカイブ
記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
ブログ村
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ