尼崎ランチ週報

主に尼崎のランチの週報と週末のお出掛けの日記です。

2020年08月

尼崎ランチ週報2020/8.24-28 スシロー

さて、ランチ週報である。

今週は厳しい残暑の中、5ランチ。

暑かろうと寒かろうとちょうど良かろうと、そんなことは関係なくランチは食べるものである。

 

月曜日

モーニングランチ

なか卯へ。

いつもの朝のおじさんがシフトイン

 

でも、なにか様子が変です。

なか卯では食券の半券をもぎって席の端に置いておくのがルーティンっぽいのにもぎらずに持って行っちゃった…

食券を回収して、その足でバッシング。

要領良くやっているつもりだろうが、傍から見ると…

 

水樹奈々さんの店内放送を聞きながら待機。

子供の頃、小魚が好きだったのでしらす姫って呼ばれてたとかなんとか言ってるけどほんまかいな。

 

(正しくはイリコ姫とのこと 

https://www.youtube.com/watch?time_continue=97&v=eAadMPs0fWM&feature=emb_title

 

 

 

ちなみに水樹さんは愛媛県出身なんだって。

 

来た。半券を切らずにフル券のままトレイに乗せて来た。

こんなのは初めてだ。

この券、再利用できるのかな。

っていうか、この部分でルーティンを誤るなんてことがあるもんなんだね。

 

(後でよく見たら切り取り線があるが切らずに使う仕様のようだ)

 

まあ、いつものやつ。

納豆は今回も豆紀さんのもの。

 

この日は残念ながらご飯が不味い。

不味いだけなら、まだしも奥の方に固まった状態のご飯が入っていてこりゃ終わってるな、と。

業務用の炊飯器でルール通りに使っててあんな石のようなご飯の塊が発生するものなのだろうか。

 

普通のごはん屋さんで出てきたらキレながら文句を言うレベルのものであったが、なか卯の朝食で怒っても仕方あるまい。

それぐらいの分別はある。

でも、ブログには書いちゃう←

 

そう考えると仕事の期待値というのは下げといた方が楽で良いね。

 

夜食の買い出しは杭瀬へ

夏休みに見掛けたチラシがまだ貼ってあったのでこのハイセンスなTシャツが残っていたら買おうかと思って売り場をのぞいてみたが、それらしき売り場はあるが普通のTシャツしか残っていなかった。

 

丸徳さんへ

お弁当を買ってみた。

寄り弁対策のシュパット!

 

寿司饂飩まるとくで食べるプランもあったが、お休み

 

おススメ

 

この辺の写真を撮っていると、それが気に入らないのか、はたまたそれ以外が気に入らないのか妙に敵対心を込めた視線を感じる。

視線の主を観察してみるといささか頭のネジの締め具合が規定値内に収まっていない雰囲気の人だった。

何か言ってきたらどうしたものか。

こちらには幸いさほどやましい点はないし、危険物も所持していないので大袈裟に騒いで警察でも呼んでみるのも面白いかな。

 

だがしかし、何も言ってこなかった。

まあ、赤の他人に物申すというのはなかなか難しいものでそれをやっちゃう人はかなりヤバいってことなのかな。

ところで僕の頭のネジの締め具合はちゃんと規定値内に収まっているのだろうか。

それを客観的に確認する方法はこれといってないし、僕も他人から規定値外の人だと思われているかもしれないねw

 

中市場の入り口あたり

 

にゃんこだ

 

いちおう念の為にサンエーさんのピンチケをゲット

今週は10%割引のターン

 

アルカイックのビアガーデンの調子はどうなんだろ?

例年100日ぐらいは開催してて客単価が4500円で平均すれば200人ぐらいは入っていただろうから、掛け算したら9000万円ぐらいの売上になってたという計算であってるのかな。

ここのホテルの従業員の方のボーナスの原資としては充分な金額であったとは思われるが、それがかなり減額となっているだろうし、本業の方もね…

 

サンエーのピンチケで思い出した。

月曜日はコノミヤさんの10%割引の日だ。

いつもと比べると自転車の数が圧倒的に多い。

やはり日常の買い物で10%というのは大きな額である。

そう考えると、消費税10%はヤバいね。

これは全部、アベが悪いのかな。

(これ書いてる時点では辞任発表後ではある。だから何って?w)

レジ袋に関してはコイズミが悪いのかな。

あれって実際は誰が考えて、誰が実行したんだろ?

自分でマーケットで買い物しない層であることは間違いがないだろうけどね。

 

マルトクのお弁当

500円の100円引(+税)

 

開封

これだけ色々と入ったお弁当が400円+税ってのは非常にお買い得だ。

自分で作ろうと思ったら大変なことになる。

 

火曜日

吉野家へ行ってみようと。

頭に浮かんでいたのがこれ。

肉だく牛カレーというのを食べてみようと。

 

店に入るとタイミングが悪かったようでなかなかオーダーを取りに来ない。

で、メニューを見ると牛だくじゃないカレーもあるみたいだ。

吉野家の牛ををだくで食べたい気持ちはさほどないので普通のカレーにすることに。

 

なんとなく接客の様子を見ていたけど、面倒くさい感じだなあ。

「うな重」と注文したお客さんに「何枚ですか?」と訊いてみたり、そのお客さんも何を言われているかよく分からない様子で「何枚とは?」と訊き返し、その説明を…

客の方も色々とトッピングを付けたりして面倒くさい。

僕が吉野家に求めているものはそれじゃないって感じで。

 

で、僕の番

僕「牛カレーください」

店員さん「牛だくもありますが?」

僕「普通で」

店員さん「ご飯大盛もありますが」

僕「(心の声:それは知ってるが有銭なので)普通で」

(ちなみに「牛カレー」は吉野家公式メニュー名である。それを確認して注文したんだけどねw 「並」と指定しなかったのはこちらの落ち度か。)

 

 

面倒くさい。

大昔のコピペでもあったが、もっと殺伐としてるべきだと。

もう注文する前から「牛丼並」が準備してあって注文を訊きにくる時点で店員がそれに手を掛けているってぐらいがちょうど良い。

 

微妙にピッチャーが使える席を確保

 

 

まあ、なんてことはないけどそれなりに美味しい。

でも、注文時のやり取りが面倒だから多分もう来ないかなw

 

伝票

この金額設定もイライラする←

もう税込550円に統一しとけと。

 

やはり「+税」表記の店は駄目だな。僕とは相性が悪い。

 

帰社途中

また、レクサスが変な場所に駐車してる…

 

三和本通商店街の北側の入り口の真ん前w

参考までに反対側から写真

 

この場所に停める車は見た記憶がない。

中途半端グレードレクサス+ゾロ目は地雷か。

 

夜食はスシローへ

道中

営業してないと思っていた店が実は営業してたみたい。

日替わりは鯖塩焼だったのか。

だがしかし、単位(円)を書かないタイプの店か。たぶん僕とは相性が悪い。

 

 

カウンターはこんな感じ

競馬のゲートみたいだね。

 

とりあえず回ってきた中トロを。

これは良い中トロだ。

 

大九州展は9/9からとのこと。

九州ならでは寿司ネタには何があるのだろうか。

とりあえず九州!九州!と覚えておこう。

 

ビール

本来は瓶ビール派なのだが、ない場合は仕方ない。

店的には瓶の方が楽そうなんだけど、どうなんだろね?

 

はまち天実!

 

漬けマグロ

これは良い漬けマグロだった。

 

次回予告

うに

 

生さんま!

 

食後、玉出へ。

僕は今の時期、買い物をすると氷をお持ち帰りするのだが、その氷を袋に入れる道具がなんか変です。

前に来た時は使い易いコップ状の道具が準備されていたが、この日は何故かビーカーみたいなやつに変わっていた。

パクられたのかな?

あんなのパクっても仕方ないと思うが、それがパクられるのが我が街なのだろうか。

 

買った物

カツオのタタキ

安いけど、やたら美味い。

 

水曜日

すいか太郎さんへ行こうと。

 

何か様子が変です。

休み

 

じゃあ、と近くにマークしていた店があったのでそちらへ。

定休日かな?

 

仕方ない。キングこと王将へ。

サーランを確認。

これなら良かろう。

 

この2点を準備してサーラン待機

 

まあ、いつものクオリティではあるが1品300円もしないというのはすごいことだな、と。

 

今年のポイント2倍期はいつ始まるのかな?

 

夜食の買い出しは水曜日なので杭瀬へ。

 

増えた

 

レシートのフォーマットに変化なし。

このタイプのフォーマットを採用してるマーケットって他にもあるのだろうか?

 

ボンゴレロッソは良いね。

何が良いかというと、その語感。

アイアムイタリアンって感じがする←

 

お肉

マーケットでこの価格で買えるお肉としては上々ではなかろうか。

 

 

木曜日

スシローへ

 

まずは回っているお寿司

イカである。

ちゃんと包丁が入ってて良いね。

 

そして、ウニ

見ているだけど足が痛くなる。

値段を考慮するとこれは良いウニだね。

 

ホタテ

 

はまち大切

そしてウニ

 

さんま

今年みたいな不漁の年にどこから手に入れたんだろう?

冷凍品の解凍という感じではなかったが…

 

そしてウニ

足が疼く

 

最後は海老天

 

計11皿

寿司にして20貫弱か。

寿司なんていくらでも食べれる感じだけど、20貫弱も食べると結構お腹いっぱいだ。

ところで、1時間弱を1時間+αと認識する人にとって20貫弱という表現は20貫より多いと認識するのかそれとも少ないと認識するのか。

 

夜食は玉出で調達

また北海道物産展があるとのお知らせ…

 

金曜日

すいか太郎リベンジ

 

入店成功

先客のおっさん3人組がやかましい。

いい歳したおっさんが3人連れだってランチに来てペチャクチャペチャクチャお喋りするのをみっともないと感じるのは僕が古い人間だからなのだろうか。

あいつらきっと社内でBL的な妄想の対象になってると思うし、その手の薄い本があったらちょっと読んでみたい感はある←

 

店内は基本的に先代のお弁当屋さんの形をそのまま踏襲。

って、弁当屋の前に何があったのかは記憶にない。

 

こういう時に便利なのがグーグル。

そうかサイクルチャンプさんが入店していたのか。

 

入り口部には微妙な段差があり危険な感じ。

というのも、このお店はどこにも書いてないがセルフサービス形式なようだ。

店内環境に不慣れな人間が食べ物が載ったトレーを持って微妙な段差の上を通過するとか事故の予感しかしない。

 

メニュー

初めての店ではとりあえず左上のものを頼めば良いなんていうが、ここでのそれはおそらく右上の上から2番目のものだろう。

500円の唐揚げセット。

 

500円でランチを食べられるというのは非常に安くて良いが、その実力は?

 

 

やや、時間が掛かったがこんな感じのガチの唐揚げ定食が出てきた。

豚汁も具だくさんだし、これで500円で本当に良いのだろうか?

食べてみても良い感じだし、店内に空席があれば狙ってみるのもいいかもしれない。

 

お持ち帰りメニュー

こちらを利用する方が良いかな。

店内は狭い。

小さめのテーブルが4セットあるだけだ。

前の弁当屋さんの内装を覚えている人は想像してみて欲しい。

あの店舗の中に店内飲食ができるスペースがあったかなって。

 

夜食

関西スパでピザをお買い上げ

 

シャウエッセンをちょい足し

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 尼崎情報へ
尼崎のランチブログを探してみよう。


尼崎市ランキング

 


尼崎ランチ週報2020/8.17-20 日替わりランチ

さて、夏休み明けの週のランチ週報である。

夏休みが終わると後は年末までを如何にやり過ごすかを考えるのが正しい大人のあり方。

それを考えるのも面倒だなあ←

 

そんな今週は4ランチ。楽ちん

 

月曜日

ランチを考えるのも面倒なので日替わりがあるあの店へと。

 

かごの屋である。

席さえ空いていれば混んでいてもそれなりのスピードが期待できる良い店である。

 

価格帯が近隣と比べていささか高いので落ち着いたランチを食べられると期待するが、大抵の場合1組ぐらいは落ち着きのないお客様がいて残念な気持ちになる店だ。

たった1組でもイマイチなお客様がいると全体がイマイチになるのだから厄介なお話だね。

 

この店の昼膳こと日替わりはメンチカツ。

膳とか名前を付けてある辺り店的は客層を選んでいると思われるが、選ばれないタイプのお客様はそんなことは気にしないものでw

 

おススメはステーキらしい。

この店構えでステーキもなかろうとは思われるが、他のメニューがなかなか良いね。

でも、ランチのお値段に慣れると単品注文ができなくなる。

食事として満足しようと思ったら単品3品は必須だが、3品+瓶ビール2本とご飯のセット的なものを注文したら、4000円はくだらない。

1度の食事に4000円は掛け過ぎだと思うが、そうではない層がこちらのお店のメインターゲットなのだろうか。

 

まあ、店構え的に1人客がメインではなさそうだけどね。

とはいえ、1人客メイン風の店でもそれぐらいのお値段だし、ランチ以外の外食は僕の経済力では難しい。

とはいえ、巨万の富があっても夕食は自宅で食べてそうだけどね。

どうもお店というのは落ち着かない。

 

ファーストドリンク

冷たいお水と常温のお茶。

気の利いたお店だ。

石田三成公の逸話を参考にしたのだろうか。

 

 

ランチ慣れしている店なのでランチ客に「お飲物は?」と訊いてこない辺り気分が楽だ。

そう訊かれるとつい「瓶ビールを。あっ、大瓶で」と言ってしまいそうになる。

最近は僕も真面目なもので勤務中のアルコール飲料はここ7年ぐらいは飲んでいない。

 

メンチカツは1つだけ。いい歳したおっさんのランチのメインがメンチカツ1つか。

「これは大失敗」なんて書いたら僕も炎上したりするのかな。

https://note.com/k_yorikane/n/n50bde1eeeefc

 

あのおじさんが炎上した理由を端的に表現すると「暇な盆休みに叩きやすいおもちゃを見つけた」なんてとこだと思われる。

 

あのおじさんが良いおじさんかどうかはさておき、この世の中にはあのおじさんよりも品性下劣なこの世から消えるべき存在なんてのはたくさんいて、でもそれを叩く手段がなかったりするんだよね。

そこにちょうど良いのを見つけた。

そんな程度の話で…

 

上記URLにて主張されている

「特に、私よりも若い世代は、「エシカル」「サスティナブル」方面の感性に敏感です。」

ってのはなんだろうね?

僕は聞いたことのない方面の感性だ。

これって一般的なのかな。

 

わざわざ主語を大きくして世間では一般的になっていないカタカナ英語を使いたがる人というのは炎上させたい人のメンタルに対してピッタリだったりするのかな。

 

いちおうググってみた。

 

エシカル

エシカル(ethical)とは、「倫理的」「道徳上」という意味の形容詞である。つまり、「法律などの縛りがなくても、みんなが正しい、公平だ、と思っていること」を示す。近年は、英語圏を中心に倫理的活動を「エシカル(ethical)○○○○」と表現し、エシカル「倫理的=環境保全や社会貢献」という意味合いが強くなっている[1]。身近な倫理的活動としては、主にエシカルコンシューマリズムが挙げられる。

 

サスティナブル

サステナブル(Sustainable)は、sustain(持続する)とable(〜できる)からなる言葉。「持続可能な」「ずっと続けていける」という意味があります。現在、世界の人たちが共通の目標として取り組み始めているのが「サステナブル(Sustainable)」な社会の実現です。

 

どちらも残念ながら存在する言葉のようだ。

ここでこの世に存在しない言葉を使っていればそれはそれでこのおじさんの僕からの評価は爆上げなんだけどねw

 

で、検証不可能な「方面の感性に敏感です」という表現。

ここは逃げ道にしてあるのかな。

 

で、今回の昼膳のメインはメンチカツがどうだったかというとこれは大成功。

メンチカツなんてのは作り手の裁量ひとつで如何ようにでもなる食べ物であるが、ここのはちゃんとしたメンチカツだ。

まあ、僕は何度かひどいメンチカツが出てきたことがあってメンチカツには慎重なんだよね。

 

会計は968円

 

レシートを挟む備品に痛みを感じるがまだ替えないのかな?

 

さて、968円も払ってメンチカツ定食というのもあれだし、当たりの日替わりの日を調べておこう←

 

日替わりのスケジュールが事前に決まっているというのもアレだと思うし、そのメニュー目当てで店に来たらそれはもう日替わりではないという説も有力だ。

コピーなので字が薄い。

ということでネットに掲載されているやつ

https://kagonoya.food-kr.com/menu/lunch/higawari

 

㌍が高い日替わりが当たり日替わりだとするなら、今日のはハズレってことになるのかな。

 

1㌔㌍/1円で価格設定してみても面白いかもしれんね。

 

この日の夜食

 

半額炒飯の購入は「エシカル」「サスティナブル」方面の感性に敏感な人からするとどうなんだろうね?

 

値札には焼飯、シール的な奴には炒飯と名前が付いているが「焼飯」と「炒飯」の閾値とは?

 

味も具材も一緒!それでもチャーハンと焼き飯が違う理由とは? - macaroni https://macaro-ni.jp/34565

 

卵とご飯のどちらを先に鍋に入れるかで決まるらしい。

だがしかし、最近のこの手の調理法で話題になっているご飯と生卵を混ぜてから火に掛けるやつはどちらにカテゴライズされるのだろうか。

そして、このサイトに書かれている情報が正しいという証明はなされていない。

ネットを使うというのは難しいねw

 

まあ僕の中では業務用の火力でワァっと作ったのが炒飯で家庭用の火力のものが焼飯かな。

見た目でいうとお玉で丸く盛ると炒飯で皿にべたっと平で盛るのが焼飯だ。

その基準でいうと王将用語のソーハンとはいったいどちらなのか分からなくなるけどw

 

ということで豚キムチソーハンにしてみた。

まあ、名前なんかはどうでも良くて美味けりゃ良いんよ。

 

秋味ゲット

 

火曜日

多分、移転新装開店しているであろうあの店へ。

すいか太郎さんである。

前の店舗の時は常に空いているイメージしかなかったので余裕をかましていたが、店内満席で僕の入る余地はなかった。

これは良い場所に移転したってことだろうか。

まあ、近隣で少し大規模な工事が行われているようでそちらからのお客さんもいる様子。

また機会を見て来よう。

 

ということで近くの店へ。

ここにしてみるか。

 

後で意味がわかったけど、いささか分かり辛い日替わり表記だね。

3つの中から1つを選ぶタイプだとばっかり。

 

まずはサラダ

色のセンス的に腕前が出てるね。

 

メイン部

ああ、そうかそういうことか、と。

まさかこんな豪華な3種盛のランチが800円だとは想像できなかった。

食べる前にプレートの彩りに目を奪われた。

シェフの方は高齢のようだから、この店を出す前にはどこぞの食べ物の見た目でもお金が取れるレベルのお店で働いていたのかなって感じで。

普段、茶色いものばかり食べている僕には新鮮なビジュアルだ。

 

それぞれメインを張れる逸材だね。

魚のコロッケとはいうが、魚感をほとんど感じなかったが何の魚なんだろ?

 

注文時にご飯は普通で良いですか?と訊かれたが普通ではない場合は何があるんだろう。

これは調査が必要だ。

 

夜食

久しぶりに豚の冷しゃぶ

 

そしてカツオのタタキ

 

水曜日

グローブテラスへ

日替わりはなんとチキンカツ!

これ、ムネ肉なんだろうか…

 

先日ゲットした2枚目のピンチケを提示し500円で日替わりである。

 

5番で待機

5番は新庄しかいないかな。

あっ、でも何故か金森さんのことも思い出す。

これといって現役時代の思い出はないんだけどね。

 

テラス席が見える座席を確保

 

待機する間もなく5番ランチキングがコールされた。

 

これはムネ肉使用のチキンカツだ。

やっぱチキンカツはムネ肉に限るね。

 

この日の1品は…

 

生卵

そうだった。水曜日は生卵の日と決まっていたから水曜日は避けようと思っていたのに…

 

食後、いつものアングル

 

テラス席

僕は基本的に屋外で食事をするのが好きではない。

 

夜食

万代へ

 

そういえば当ブログへのコメントで「万代にムネ肉竜田揚げ」があるとのタレこみがあったのを思い出して行ってみた。

まあ、竜田揚げならモモでもありかなって感じはあるんだけどね。

でもチキンカツはムネ肉に限る。

 

とにかく鶏肉惣菜の場合、モモかムネかで全く異なる食べ物になるのだからその辺の表示はしっかりしておいてほしいものだ。

 

で、惣菜コーナーに行ってみたが「ムネ肉竜田揚げ」は無かった。

売切だろうか。

 

本日一番のオススメだという純吟鶏のもも肉でにゅうめんに。

万代で販売されている「純吟鶏」の素性をググってみたがいまいちよくわからないし、こういうは気にしない方が良いだろう←

プライベートブランドなのかな。

純正の北海純吟鶏ならそう表記するだろうしねえ…

 

 

木曜日

きさらへ

日替わりは牛スタミナ焼きだという。

色んな飲食店でスタミナ焼きという表記は見掛けるが、何が入っているとスタミナ焼きを名乗って良いんだろうか。

個人的な感想ではホルモンとキムチが入っていればそれはスタミナ焼きかなって感じるけど、こちらのスタミナとは?

 

ランチの裏側

 

たれなしギョーザ400円

たれの有無なんてのは気分しだいだと思われるがどうなんだろ?

 

店内へ

地下ランチ現場である。

 

ビールはこのグラスで提供されるのだろうか。

 

スタミナ焼きはニラの入った野菜炒めであった。

ってことはスタミナ焼きと野菜炒めの閾値はニラにありってこと?

それはつまりニラ=スタミナってことになるのだろうか。

 

600円でこれだけ食べれたら大満足。

 

食後、通路

平成22年から放置されているのだろうか…

おそらく資金繰りがにっちもさっちもいかなくなったお店の忘れ物ってことなのかな。

でかでかとアサヒビールと印刷されているってことはある程度の金額を購入すればこの冷蔵庫がアサヒビール社から頂けたりするのかな。

こういうのって自宅用に置いときたい感あるよねw

電気代とかどうなんだろ?

 

メルカリとかを検索したら未使用美品が安価に販売されてたりするのかなw

 

夜食探し

庭のグルメヤマオカさんの店舗のシャッターは閉まったままだ。

 

ということで、気になっていたやよい軒さんのせんべろ?新メニューを試してみることに。

 

今回はお手軽700円セットにしてみた。

アルコール2杯に小鉢的なやつ6品から2品選べるという。

 

これヤバいよね。

アルコールはなんと生中も選べてしまう。

定価が490円で今はキャンペーン期間で390円

とのこと。https://www.yayoiken.com/menu_list/view/28/794

 

で、お手軽セットは700円。

あれっ、生中2杯で元取れてる…

 

ファーストドリンク後に残されたおかわり券

 

生中390円という価格もたいがい安いのだが…

 

人気のお漬物も食べ放題。

 

そして、生中

うん、ちゃんとしたサイズの生中だ。

500円で出す店もあるサイズ。

 

1品目

玉子焼

デカい

そしてフワフワ

玉子焼きというよりオムレツ感があるが、玉子焼きとオムレツの閾値とは?

ボリューム的に玉子1個では足りない感じだし、これは良いね。

美味しい。

 

そして、ミニ唐揚

やよい軒のから揚げはクオリティが高い。

その辺のから揚げ自慢の居酒屋のから揚げよりも美味しいと思われる。

味付けはこの粉

 

このセットが700円とかやり過ぎじゃね?

僕が高校生の頃なら通い詰めるやつだ←

 

そして、最重要確認点

ごはんのお代わりはどうなっている?

 

お代わりコーナーを確認

出た!

お代わりマシーン!

これは街かど屋さんのものとは異なる機械のようだ。

 

よし、今度お代わりしに来よう。

 

 

で、結局夜食も買うことに…

コノミヤさんで鯛飯が売れ残っていた。

 

確保

見るからに美味しそうなんだけど、売れ残ってるってことはイマイチなのかな?

 

帰宅、加熱

あっ、これ超美味いじゃん。リピ確定。

あっ、これ内緒ね。

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 尼崎情報へ
尼崎のランチブログを探してみよう。


尼崎市ランキング

 


僕の夏休み2020_05 GoTo 樽井ビーチ 匿名ミラージュ

さて、この日は樽井ビーチへ行ってみることに。

場所はこの辺

関空の南側の泉南市のビーチである。

 

ちょっと行かなきゃならない用事があって…

地図で見るとかなり遠いが電車に乗れば1.5時間?ぐらいあれば到着できるので電車は便利だなあと。

この距離を歩いて行こうとすると生きて辿り着けるかどうかすら定かではない。

 

morning居酒屋とのこと

店内を見ると確かに出来上がった感じのおじさんの姿が見える。

 

ここにモーニングランチを食べに来ようという気持ちにはちょっとならないなあ。

 

磯丸水産とゴーゴーカレーが夢のコラボとのこと。

まあ、悪くはないカレーだとは思われるが確か磯丸水産はチャージが発生したはずだし、カレーを食べるのにチャージ払うというのは国内では違和感しかないな、と。

 

もしかするとカレーだけだと発生しないのかもしれないが、その辺が明記されていないのでスルーだね。

 

ここの信号はまた赤だ。

 

難波へワープ

簡単に乗れるが南海電車で目的地へと。

 

 

時刻表を見ると一番近い時間に出発するのがラピート号だという。

ラピート号のデビューから随分と時間が経つし、何度も走っている姿を見たことはあるがこれまで乗ったことがない。

調べてみると1994年に運行を開始とのこと。

随分と昔のことだね。

そうか、そんなに経つのに乗ったことなかったのか。

 

ということで、切符を購入

券売機は先にお金を入れないとボタンを押せないタイプだった。

 

難波から泉佐野まで29分

 

これが僕の乗るラピート号

 

サイドビュー

 

いちおう端まで行って先頭車両も確認

 

尖がっている。

これに轢かれたら痛そうだなあ。

 

車内へ

ガラガラ

お盆休み期の関空特急がこれ、というのはヤバい感じだね。

昨年とかだと満席だったりしてたんだろうか。

結局、この車両は2人のみが乗車した状態で出発進行。

 

出発は多分、こうや号と同時。

次の駅に到達する前に抜かれてしまった。

 

29分後

いずみさのに到着

乗換

 

たるいに到着。

南海は特急停車駅には早く着くことができるが、間の停まらない駅へのアクセスが難解だ。

 

ネットの情報に出ていた歩道橋を利用

良い天気だな。

 

10分程でビーチの手前に到着

 

どうやらここがステージらしい。

 

ステージを確認。

 

そう、ここ樽井ビーチでアイドルイベントが開催されると聞いてやってきた。

出演メンバーにはなんとあの匿名ミラージュさんの名前が!

 

 

海!

だがしかし、今年は海水浴場としてはオープンしていなくて遊泳禁止とのこと。

 

じゃあ、とランチを探すことに←

日替わり980円か。

 

しばらくその辺をうろうろしていると、なんとなく人が集まりだした。

前の赤いテープの範囲は事前にクラウドファウンディングで出資した人専用とのこと。

まあ、ちゃんとしたアナウンスはないんだけどね。

アイドル運営なんてのはそんなものでw

で、開演してからちょうど僕の前に立ってて邪魔だと思っていたおじさんはクラウドしてなかったから追い出されていた。

 

まあ、それを示す掲示物はなにひとつないんだからそうなるのは仕方あるまい。で、その程度のことも想像できないというのがこの人たちなんだ。

 

最初の演者さん

セトリはくじ引きで決めますとか言い出す。

まともに段取りも決めずにそれを始めて、時間を無駄遣い。

そのステージに立つのにきっと色んな人が色々と苦労をしているはずなのにそれをそんなに簡単に無駄遣いできるという神経が理解できない。

まあ、地下アイドルというのはそういうものなんだけどねw

 

次がお目当ての匿名ミラージュさん

こちらは当たり前だけど、25分の尺をフル活用。

とりあえず動画は撮っておいた。

 

 

途中からメインスピーカから音出てない…

 

匿名ミラージュのお嬢。さん

 

まだアイドルステージはあるのだが、それまではDJタイムらしく、これには興味がないのでその辺を散歩

イオンだ。

とても大きい。

 

イオンは何でもあるけど、欲しいものは置いてない。

 

再びステージ部へと

774bd8cf.jpg

 

 

後ろから

 

前方から

オリオンビールである。

 

帰りもいずみさのからは特急に乗ろうと思っていたが、先発は急行だった。

待ってまで特急に乗るのもあれなのでこの急行で帰ることに。

 

その後、難波へ。

難波で何かランチを食べようと難波の地下街を端から端まで歩いたが、結局これといった店はなし。

これがいったい何度目のこういう体験なんだろうか。

なんでも良いから食べるには困らないが、これといった何かを見つけることが困難だ。

 

諦めて帰尼することに。

近鉄難波駅で初見の車両を見掛けた。

 

 

 

これがあの新しい名阪特急ひのとり号か。

見た感じしまかぜと似たような雰囲気であるが、あちらほどの豪華版の車両なのだろうか。

その辺りの詳細はよく知らない。

今度、名古屋に行く機会があればこれを利用してみよう。

 

帰尼

にゃんこがお出迎え

めっちゃ警戒されてるけどw

 

いつものマーケットのいつもと違う商品

大間の本マグロが販売されているという。

証明書?

第二十八 宝幸丸とは?

ググってみるとちゃんと実在しているようだ。

 

 

これは試しに1パック買ってみよう。

 

身質が整っていてこれは流石に大間の本まぐろだね、と。

味は思っていたほどの深さはなかったかな。

 

前日の残りのピザ

3ピースも残してしまっていた。

 

この日、熱心にカメコした匿名ミラージュのお嬢。さん

 

 

 

 

 

それでは聴いて下さい

匿名ミラージュで「年齢なんて重ねたくない」

 

 

 


アーカイブ
記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
ブログ村
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ