尼崎ランチ週報

主に尼崎のランチの週報と週末のお出掛けの日記です。

2020年12月

尼崎ランチ週報2020/12.21-25 スシロー 王将

さて、ランチ週報である。
今週は5ランチ。今年最後のランチウィークである。

月曜日
モーニングランチを食べに街かど屋さんへ。

lunch351
また赤だ。


lunch352

注文はもちろん…

lunch353
あれっ、粕汁変更ボタンがない。
別のページに切り替えたら出てきたがこれは困ったものだなあ。

lunch354

変更に210円の課金というのは豚汁と比した場合に割高に感じなくもないが季節限定だし、仕方ないか。


lunch355
これは良いランチだね。
粕汁にズームイン
lunch356

赤いのはさつまいも。
粕汁にさつまいもは賛否両論ありそうだが、僕は結構好きだね。
鮭が入っていると有難いのだが、そこまでは求められないのかなあ。

食べていると眼前に違和感が。
目の前に斜め前のおじさんのカバンが置かれた。
へえ、テーブルの上にカバンを置くなんていう大それたことを平気でしちゃえる族か。
親の顔が見てみたいけど、きっと親もそうなんだろうね。
っていうか、椅子の上に置くという選択肢もあるのに敢えてテーブルの上とか、僕の店なら即刻出禁にするね。

夜食はビストロジャパンさんでお持ち帰り

lunch358

待機時間を利用して丸鶏炭次郎さんへ。

lunch357

店の前で待機していると、なにか様子が変です。

lunch359
営業時間だと思われるが、このお喋り居酒屋居心伝さんのシャッターが降りたままだ。
閉店しちゃったのかな。
こういう事例はこれからも増えるのだろうか。

今まで気にしたことがなかったが店の前にはこのような装飾が施されていた。

lunch360


lunch361
ビストロジャパンのテイクアウトにもこのノーベルピザ賞級のカバンが大活躍。

帰宅

lunch362
ああ、やっぱりモモ肉か。


lunch363
炭次郎さんの唐揚
こちらは先日、購入したヤンニョムチキンソースを掛けて。

火曜日
松屋さんの新メニューが解禁されると聞いて!


lunch364
これだな。オマール海老ソースのチキンフリカッセ定食
あたかもオマール海老が入ってそうだが、入っているのは出汁だけということは調査済み。

店内が騒がしい。
どうも近所の高校の生徒だろうか。
この日から冬休みなのかな。
lunch365

しばし待機


lunch367

フリカッセってなんだっけ?

lunch368
オマール海老の味がしたかというとよく分からないが、まあ美味しかった。
色々と趣向を凝らした新メニューを開発するが、常に方向性としてはご飯が美味しく食べられるおかずに決まっているので安心して食べられるし、駄目そうな時は最初から食べに来ない。


一時期は熱心にランチ営業を行っていたこの2店も再びランチ営業を始めることになるのかなあ。

lunch369
千年の宴なんてお店は12月の売上がお店の存続にとってかなり重要な要素だと思われるが、どうなんだろうね。

夜食
lunch370

かつやさんへ。
味噌カツを買いに来た。
いちおう事前の調査でモモ肉使用であることは判明済みであったが、昨日のチキンカツがあまりにアレだったので…
かつやの「コクうま味噌カツ」のチキンカツはモモなのかムネなのか。 - Togetter 

lunch371
店内待機
この日はお茶の提供はなし。
むしろその方が良いよね。これまで待機中に熱いお茶を出してくれるのは良いけど置く場所がなくて困るという経験をしてたから。


この日もこのバッグが活躍
lunch372


lunch373

lunch377
割引券をゲット。有効期限がないタイプだ。

lunch374

卵が上に乗っている。

lunch375


lunch376

まあ、これはこれで有りだなという感じであるが、でもこれってムネ肉だったらもっと美味しかったのではと思わずにはいられない。

水曜日
スシローへ。
lunch378

トラフグを食べようと。

lunch379

まずはブリ。変な形で膜も付いてるけどなんともいえない美味しそう感があったので。


限定メニューの鯛
lunch380


鱈の白子
lunch381

そして、とらふぐ3種盛
lunch382

えっ、ふぐなのにポン酢がない。
かつててっさを試しに醤油で食べたことがあるが、あれは不味かったなあという記憶がよみがえる。
唐揚はアラだし当たり外れがあるのは仕方がないが、今回は外れを引いてしまったようだ。

皮を軍艦にするというのもどうだろうね。
シャリと合うとはあまり思えない。
と、ネットで見た画像の通りの感想だ。もみじおろしとポン酢があれば良かったんだけどね。

スシローの国産とらふぐ3種盛り (2ページ目) - Togetter 

とろ
lunch383


まぐろ
lunch384


とはいえまあまあの満足感が得られたし、やはりスシローは良いね。
lunch385

1/20にまた来なきゃ…

夜食
お肉屋さんでお買い物
lunch386

庭のガチャのお店で仕事猫スタンプが入っている筐体を発見。
lunch387


玉出にてまだ残っていた流氷ドラフト購入。
lunch388


lunch389

お肉屋さんで買った生せんまい。
タレは上から掛けずに別皿にしとく方が良かったね。

おやつは1円のビックリマン
lunch390

ビックリマンプロ野球チョコというなんだかよく分からない商品で、割と安価で投げ売りされている姿を見掛けるが玉出の1円商品として出現するとはね。

シールはこれ。
lunch391

里崎さん、こういうお仕事もしてるんだ。

木曜日
予定通りに王将へ。年末のクリスマス期といえば王将だ。

サーランを確認
lunch392

餃子か…
タイミングが悪いと時間が掛かるんだよね。
店内は割と混んではいたがすんなりと着席。

しばし待機。やはりサーランでも焼き餃子がメニューだと時間が掛かるなあ。
運が良いとすぐに出てくるのだが、良くない方だったようだ。

lunch393

マーボー天津麺の頭をご飯の上に乗せるのは不可避だ。

それにしてもここのカウンター席は狭い。
特に今回の席は外れだ。

lunch394

水も調味料も隣の世界だし、食べていると常に仕切りのビニールと箸が干渉して鬱陶しい。
これも運次第だし、どうもツイてないなあ。

でも、無事に目的は果たせた。
lunch395

夜食
クリスマスイブということなのでチキンを
lunch396

鳥さかさんへ。
この日は在庫をモモ肉に全振りしていた。
やはり皆さん、考えることは同じなんだね。

lunch397



金曜日
再び王将へ。
lunch398

サーランは天津飯とラーメン

lunch399

コーンが乗ったラーメンを最近食べたけど、あのコーンは酷かったなあ。
それに比べるとこちらのコーンは甘い匂いが漂ってきて、ちゃんと味がある。

隣のおじさんは座るやいなや店員を呼び付けてサーランを注文。そして、紅生姜を抜いてくれ、と。
せっかちなおじさんだ。普通は店員のペースで仕事をさせるようにするものだが、このおじさんはきっと万事、自分のペースで物事を進めるというタイプの人であまり関わらない方が良いタイプの人なんだろうね。
こうやってちょっとした振る舞いで意外と人間性というのは判断されるので僕も気を付けないといけないね。

ランチ後、南部再生の新刊をゲット。
lunch400


信号待ち
lunch401

十日戎イベントは開催されるのかな。
っていうか、毎年思うことだがいくら神社のものとはいえ国道にノボリを立ててお咎めなしなのだろうか。許可を申請してもOKが出るとは思えないんだけど、どうなんだろう。

夜食
クリスマスなのでドミノピザを購入するという案もあったが、注文しようとしたらいつものお店は受付停止中との表示があり、諦めることに。
まあ、なんとなくクリスマスにピザというのはイメージに合うのかな。
ケンタッキーとピザを食卓に並べてクリスマスパーティーというのが日本人の典型的な姿なのだろう。


lunch402

ということで、僕はマーケットでなんと定価でお刺身の盛り合わせを購入することに。
牛乳もちょっと高いやつにしてクリスマスに備えることに。

ビールとサムライジャパンチップスでクリパだ。
lunch403


刺身を開封
lunch404

サムライジャパンを開封
lunch405


王将のピンチケが1000円分貯まった。
lunch406

これは来年のランチ費に充てよう。







週末のお出掛け 立花

さて、この日はJR立花駅前でイベントが開催されるというのでちょっと行ってみることに。
でも、その前に早朝に腹ごしらえを…

街かど屋さんである。
そう、あの定食とんかつが100円プライスオフだという。

tati01

tati02

とりあえずベーシックなとんかつ定食にしてみた。
早朝とあってなのか周りにとんかつ定食を発注している人はいないみたい。


tati03
到着
辛子がデフォで付いてくるのは良いね。
とはいえこの辛子が僕にとっての唐揚に付いてくるマヨネーズのように感じる人もいるんだろうね。
そういや辛子マヨネーズなんてのもあるが、あまり使った記憶がない。
サンドイッチのマヨネーズならやはり辛子マヨネーズが良いな。


tati04

なかなかに立派なとんかつだ。
とはいえ衣が固くて痛い。
なるほど、これはやはり30円課金して卵とじにするのが正解だな。
使っている肉も意外と肉の食感がする。
この価格帯でこの量のとんかつだと合成肉の可能性が高いのだろうけど、これぐらいなら騙されても良いかなって感じで。まあもしかしたら普通の肉を使ってたりするかもしれないけどね。


お昼過ぎに立花の方へ。
僕が到着する頃にちょうど雨が降り始めた。
tati05


イベント会場へ
tati06

ガサキのパイセンこと漫才コンビの矢野・兵頭の矢野勝也さんである。
イベント名はたちばなふゆえん

とりあえず駅の北側へ
tati07

こちらで何か食べようかと思ったが、どうもそういう雰囲気ではないな。
いちおうPAの設営もあるが、タイテも見当たらないしよく分からない。
こちらでパフォーマンスされていたのが、たにけワンマンバンドさん
なにやら忙しそうなパフォーマンスだね。


再び駅南側デッキへ。
tati08


さて、どうしたものか。何か食べようかと。
そうだ、あのラーメン屋さんに行ってみよう。

tati09

あれっ?
シャッターが降りてる。おかしいな。休日に来た時は大抵開いていた印象があるのだが。

これはまさか…
tati10

一時休業のお知らせ
再開日も合わせて記載されてるから大丈夫なのかな。
らーめんてい立花

しかし困ったな。すっかりラーメンを食べる気分になっていたのだが。

とりあえずイベントステージに戻ると人が出てきた。
tati11

アメフトマンだ。
アサヒ飲料チャレンジャーズの皆さん。
尼崎を拠点に活動しているとのこと。今年はX1 Area Westにて優勝の成績を収めたということみたいで強豪チームということなのかな。

そしてランチは地下に潜ることにした。

tati12
ジョイタウンの地下ランチ現場
山水飯店さんは結局、火事の後復活することはなかったようだ。

おかわりおじさんのブログに何度か出てきたラーメン屋に行ってみよう。

甘麺立花さん
tati13
調味料の類

tati14
左端がこの店の売りのエビ粉だな。
テプラは角を始末しておかないとこのように剥がれてしまう。


tati15
海老味噌ラーメンと黒チャーハンにしてみた。
うーん…まあラーメンとチャーハンなんてのはこういうぐらいがちょうど良いのかな。
あまりに拘りを前面に押し出したラーメンなんて面倒くさいしね。
ただ、これに950円を使うぐらいならもうちょっとマシなものが食べられるからなあ…

隣のおじさんのクレームが2点聞こえてきた。
1点目は提供間違い。そういえば、このお店は切り取り式の食券を使っているが受注時に切り取らずにそのままキッチンに持っていっちゃった。良く分からないな。で、提供時に返してくれるかと思うとさにあらず。
2点目は帰りしなにエビ粉が出てこなかったとのこと。
いちおう店の人は謝っていたが、現物の確認をする様子はなし。

提供時に無料券を貰った。
券面
tati36

チラシ面
tati35


無銭券を使ったらチラシが消滅するという謎の仕様。
※麺が変わりました
というが、どう変わったんだろ?

まあリピはないな。
とはいえ失敗は成功のもと。

tati17

こっちにしといたらよかった。


イベントステージへ

tati18
あっ、あまっこさんだ。

ステージには尼崎双星高校の書道部によるパフォーマンスが。

tati19

へえ、最近の書道部って踊るんだ。

tati20

金色


tati21
黒色

完成
tati23

この日は残念ながらかなり激しい雨が降ってしまったため出来栄えはこのような感じであるが、きっと綺麗に作品として完成することのみに意味があるのではなくて、この瞬間にこのメンバーでこの作品を制作したという事実が大切なことなんだろうね。


動画を貼ってみる。

第12回書道パフォーマンス甲子園の時のものだという。




まあ、よく分からないが現在も高野山奥之院の霊廟で禅定を続けているという弘法大師こと空海さんがひょっこりと山を下りてきてこのパフォーマンスを見たら腰を抜かすんじゃないかな。

tati22

兵遊協のマスコットキャラクター「ハーティー君」

玉出へ
北海道ビールを3種ゲット

網走ビールさん
tati24
流氷ドラフト!
青緑っぽい身体に悪そうな色のビール。


tati25
網走ホワイトエール
酒税法上は発泡酒になるのかな。


そしてついにサッポロクラシックをゲット

tati26

この日は第3土曜日だったので日新さんで海老天を買ってきた。

tati27

2国沿いを東へ散歩
あれっ、なにか様子が変です。

tati28
デニーズが息をしていない…
閉店か…
近いうちにここのビーフシチューを食べに来る計画を立てていたのだが残念。

大手チェーン店なんてのは数字に対してシビアに判断を下すシステムになっていると思われるので新コロナ禍の現状では営業継続は悪手であると判断したということだろう。
他にも閉店店舗がたくさんあるみたいだしね。

新コロナ禍が収束したらここがシェーキーズになったら良いのになあ…

庭へ
最近できたベトナム料理店の新しい看板を発見したので激写

tati29


tati30

カエル料理推しらしい。
なかなか難易度が高いな。

ということでアッチャンノカラアゲヤさんでお弁当を買ってみることにした。

tati32
ササミフライ弁当
これは良いねえ。
僕はやはりササミフライが好きなんだなあ。好き故にマーケットで見かける偽物のササミフライという名前の商品を試して騙されたら頭にくるんだよね。

おおいにリピ有案件だし、チキンフライ弁当についても調査は必要だね。
でも、モモ肉だったらどうしよう。


tati33
唐揚も買ってみた。
というのも、ちょうど酒屋で欲しいと思っていた調味料を手に入れることができたので。

tati31
ヤンニョムチキンソースである。
なかなか良いね。僕は思想的な面では韓国という国家に対して思うところがあるが、食に関しては国境はない。美味いものは美味い。それだけだ。

ラズウェル細木さんの新刊が届いた。

tati34
酒のほそ道48巻である。
そういや、もう15年ぐらいはこの作品を読み続けていることになるのかな。
究極のメニューを作ったり環境問題に首を突っ込んだりとか、トーナメント戦になったりとか仲間が死んだりとか、主人公が成長して技を使えるようになるとかそのような要素は皆無でただただ会社員のおじさんが酒を飲みながら飯を食べるという作品であるが、面白いんだよね。


週末のお出掛け 塚口

さて、週末のお出掛けである。
この日は阪急塚口の方へ。


tuka01
チャリで来た。

ここの駅前は歩道が狭くて移動がし辛くて困るね。

塚口でランチを食べるという大いなる志を胸にやってきた。
まずは駅南側をリサーチ
うどん、寿司、そしてハンバーグ、唐揚、チキン南蛮。
うーん、イマイチだなあ。

まあ、どれも悪くない、というより好きな食べ物ばかりであるがこの日の気分には合わない。
とりあえず踏切を渡り駅の北側へ。


tuka02
伊丹線の踏切が僕をとおせんぼ。

仕方がないので伊丹方面からやってくる電車を撮り鉄することに。


tuka03
そういえば、ここのカーブは大手の鉄道のものでは最も急なカーブであると聞いたことがある。

全日本鉄道路線ぐねぐねランキング 
によると「大手私鉄の鉄道法適用区間としては最急カーブ」とのこと。
R60というカーブであるらしい。(Rはradius:半径の頭文字)
曲線半径60mって言われてもいまいちピンと来ないよな。

ググって上から見てみるとこのような感じだ。
tuka37

神戸線に沿うような方向性で駅に着くようにするためのカーブということだが、現状では営業運転での相互乗り入れは行われていない。(こういう言い方って鉄オタっぽいよね)

塚口駅を改修する際には伊丹線の駅は地下駅化して、南側へと延伸してそのまま阪神尼崎駅まで行って欲しいよね。
地図で見ると阪神尼崎と阪急塚口はほぼ同じ経度に存在する。

おそらく建設を企画する段階ではそのような案もあったのだろうが、色々と検討した結果このような形になったのであるだろうけど、その時に誰かが強硬に「伊丹と阪神尼崎を直通させるのだ」と主張していたら、尼崎と伊丹の距離感は今とは異なったものになっていたのだろう。

そのようなことを考えながら踏切を通過する電車を撮影。

tuka04


tuka05

6012である。
おおよそ1980年頃に製造された車両となる。ということは40年ほどが経過しているということか。
電車というのは息が長い乗り物だなあ。
例えば40年前の自動車なんて現存しているのだろうか。
まあ中にはあるのかもしれないが、相当にレアケースで街中を走っていたらやたらと目立つだろうね。

駅北側もランチリサーチ
こちらも先ほどと同じようなランチラインナップであった。
特に目立つのはハンバーグ、唐揚、チキン南蛮。敢えてこれらを選ぼうという動機に乏しい。
とはいえ、日替わりのメニューがこれらだと特に違和感なく選んじゃうけどね。


良いのが見つかった。

tuka06

日替わりで白身魚のピカタとかぼちゃのポタージュだという。
これは良い。2F 六段と書かれているがそういう名前のお店なのだろうか。

tuka07
何がメインのお店なのかよく分からないが、これは良い店の雰囲気があるぞ。

入店
なにやら盛り上がっている先客のグループ客がいる。

日替わりを発注してから、メニューを確認。
注文したらメニューを下げちゃう店も中にはあるが、あれはどういう理屈でそうしているのだろうね。
追加の注文は一切受けませんという意思表示なのだろうか。


tuka08
税抜と税込が併記されているのはまあ良心的なお店ということか。


tuka09
ディナーに関しては税込のみでの表示。
僕が普段行くようなお店と比べると良いお値段だな、と。
とはいえ洋食屋さんとしてはまあこれぐらいが妥当なのかな。
価格設定が安いと客質が下がるしね。

ライスの価格が165円という辺りに良心を感じる。
とはいえ気兼ねなくこのメニューから食べたいものを注文できるようになるにはどれほどの収入があれば可能なのだろうか。
井之頭五郎さんなら余裕だろうけど。



そう思いながらメニューで脳内シミュレーションしてみたが、意外とそれなりの金額で収まりそうか。
食べ物だけなら忘年会とかの会費で必要になる金額と同じぐらいだ。

日替わりが到着
tuka10

色鮮やかで良いね。普段茶色い色のものばかり食べているのでこのビジュアルは新鮮だ。


メイン部
tuka11

黄色いのはおイモさん。魚はなんだろうね?
この時期なら鱈だろうと言っておけば当たっている確率は高そうだ。

今度、ピカタを自作してみよう。

同じフロアにはスペインの台所ラマンチャさんがあった。
tuka12


いちおう六段さんもググってみた。
六段 (ろくだん)洋食 炭焼きステーキ しゃぶしゃぶ 
今年の12月に開店したばかりのお店なんだって。
どうりで見覚えがないはずだ。

その後、イカリスーパーへ
tuka13
ああ、そういえばここのチキンカツ定食もいつか食べないとな。
「最初は何もつけずにそのままお召し上がり下さい!!」と解説があるがどういう仕組みなんだろうね。

典型的な忘年会向けのプラン
tuka14
3000円ぐらいで食べ飲み放題ってどういう仕組みで儲けているのだろうか。
330円課金したら色々とおつまみも食べ放題だという。
お店は魚民さん。

サンサンタウン周辺を散策
tuka15
地下があるんだ。
そういえば気になる店があったよな。現状はどうなっているのだろう。


tuka16
そう、このわんぱくこぞうって現存してるのか気になっていた。


tuka17

痕跡すらなかった。
でも立派な看板は残ったままとなっている。

「TVパニック」「わんぱくこぞう」などで有名なNESTAGEが倒産、ゲオがスポンサーに - GIGAZINE 

そうか10年ほど前に倒産してたんだ。

新しいマンションの建設現場
tuka18

近くに行ってみよう。

tuka20
<公式>プラウド阪急塚口駅前|野村不動産 -PROUD- 
2022年頃には完成するらしい。

B2Fから2Fは商業地となる予定ということで、2年後に僕はここでランチを食べているのだろうか。

現場前には写真が掲示してあった。

tuka21


tuka22
いかりスーパー開業は1961年のことであったと。
これはこの新しいお店にいかりスーパーが入店することを示唆しているのだろうか。
この新しい施設への入店を巡っては色々な思惑が交錯してるんだろうなあ。
っていうか、2年後のことだしほぼ入店ラインナップは決まっていると考えておいた方が良いのか。

帰路
ちょっと公園へ

tuka31
この庄下川が交わる三角地にある公園に寄り道。


tuka23
竹の下公園である。
立派な石碑が建っている。

tuka24

尾浜土地区画整理記念と刻まれている。

この碑の建設費用の出所はどこなんだろうね。私財を投じてのものなら何も言わないが税金を投入とかしてないだろうな。
こんなしょうもない石碑でも立てようとしたら結構なお金が掛かるだろう。

灯台

tuka25


tuka26
燈台のてっぺんには我が物顔で白い悪魔ことユリカモメが。
これも無駄遣いといえば無駄遣いなんだけど、こっちは僕の感覚では許せる無駄遣いだね。


tuka27

右側の白い汚れはユリカモメからの「糞くらえ」というメッセージであろうか。

tuka28
おそらく水が出るような施設。
後先考えずにこういうのを建設するのが流行った時期があるのかな。
せっかく近くに川があるのだから川の水を利用できるように作れば良いのにね。


三角の頂点部を目指す。
tuka29

なんかユリカモメがたくさんいるな。



特に理由はないが動画を撮ってみた。
これ、餌を持って近づいたらどうなるんだろうね?
やらないけど。

tuka30

まあ、これといった感想はなし。
似たようなロケーションのこの場所とは随分と趣が異なるね。

tuka32

尾浜のオオジへ。
tuka33

カワハギが販売されているのを発見したが、お値段がちょっと…
1580円だったかな。この価格だと手が出ない。

諦めきれずに近所の方のオオジへ行ってみた。
tuka34


買っちゃった。

tuka35

こちらは1180円。
但し、うまづらはげのシールも貼られている。
しかも養殖だという。
あの手の魚って養殖してたっけ?

ググってみると確かに養殖しているものもあるようだ。
肝育てて「海のフォアグラ」 ウマヅラハギ養殖で新技術:朝日新聞デジタル 

まあなんとも怪しい表記ではあるが、肝心なのは味だ。

tuka36


アーカイブ
記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
ブログ村
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ