尼崎ランチ週報

主に尼崎のランチの週報と週末のお出掛けの日記です。

2022年05月

尼崎ランチ週報2022/5.16-19

さて、ランチ週報である。
今週も4ランチ

月曜日
マルハチさんへ
前日にマルハチさんへ行ったところ鯛めし弁当というものが販売されており、これはランチにピッタリだなと思い購入しに行った。

だがしかし、そんなものは販売されていなかった。
お弁当売り場に並んでいるのはいつもと同じようなラインナップ
これは困ったな…

お寿司の棚を調べてみるとちょうど良さそうなものがあったのでこれにしようと。


lunch001
金目鯛のねぎ塩生姜漬け丼である。
マルハチさんはこの時期に金目鯛丼が登場するが何らかのルートがあるのだろうか。

終業後の夜食探し

lunch002
あっちゃんのからあげ屋さんの鶏炭火焼きである。
先日まではモモ肉のみの取り扱いであったが最近はムネ肉も炭火焼になっている。
どちらかだけだと飽きるのでこれは良い感じだね。

コノミヤさんへ
lunch004
月曜日なので全品10%引である。


lunch003
おまけ付きのビールを購入
そしてある考えが浮かんだのでお弁当も購入することにした。

lunch005

そう先日購入した松屋の創業ビーフカレーを使ってみようと。
白ご飯にこのカレーを掛けるだけでも良さそうだが、それだけでは面白くないのでお弁当のおかずをカレーに投入しようと。


lunch006


lunch007

と、こんな感じに。

火曜日
やま吉さんへ
魚の方を選択


lunch008
塩サバである。


lunch009
骨も処理してあり食べ易くて良かった。

終業後の夜食探し
庭へ

たこ焼き屋さんの前を通ると8個200円12個300円という呼び込みの声が聞こえてきた。
lunch011


閉店前の安売りに出くわしたようだ。これはツイているなと。
lunch010


なごみ屋さんでお弁当も購入

lunch012

帰宅
まずはたこ焼きを開封

lunch013
なるほどちょっと物足りないな。
ソースとマヨネーズを追加しよう。


lunch014
これぐらいが適量だと思います。


lunch015
手前の味噌っぽいやつは先日購入しためし泥棒である。

水曜日
王将へ行ってみた。先日確認してみたところ日替わりのサーランが復活していたのでそれを食べることにしようと。

エントランスでサーランを確認

lunch016
中華丼とミニ醤油ラーメンと揚げ餃子3個とのこと。
王将ではメニューには中華飯と書かれているが店内では中華丼として扱われている。中華飯と注文しても中華丼ですね、と訊かれてしまうので最近は僕も中華丼と言うことにしている。
この内容で700円ならまあまあ良い感じだね。

だがしかし、店内は満席で待機客が出ている状態だ。
これは駄目だとプラン2に変更だ。

サンキューキッチンさんへ
ここも無理そうならランチ抜きの可能性も出てくるぞ…


lunch017
空席あり
ワンコインの日替わりランチの食券を購入。
今時ワンコインでランチを食べれるお店は少ないのでこの店のことは内緒にしておこう。

テーブルの備品

lunch018
ごま油が置いてあるのは珍しいね。

ということでからあげ丼とうどん

lunch019

これを500円で食べれるなら大満足だね。

終業後の夜食

lunch020
神戸牛をゲット
玉出では稀に神戸牛を買うことができるので目を離せないね。

木曜日
別のお店を目指していたが店内をチラッと見ると空席多数であったのでこちらのお店に。

lunch022
ジンロックさんである。
チョイス日替わりは色々あるがたまにしか来ないとチョイスするものはいつも同じものになってしまうね。


lunch021
ということでデミハンバーグとチキンカツである。

夜食
最近話題のやつをちょっと食べてみることにした。

lunch023
かつやさんである。

食べるものは決まっていたがメニューを隅々まで確認することに。
そう、紳士の嗜みが載っていない。
困ったな。
一か八かさも当然のように「大人様ランチとビール」と頼んでみることに。

あるにはあるようだ。「缶ビールですが良いですか?」と。
この時点では容量も値段も分かっておらずなんとも不安な気持ちになったがここは勇気を出して「はい」と。

ビールが出現
lunch025

かつやさんのビールはこういう提供の仕方なんだ。まあこれが一番管理がし易くて良さそうな気はするね。サーバーの管理とかけっこう面倒くさいし、瓶だと酒屋さんに返さないといけないとかね。

lunch024

調味料の類
辛子があるのは高評価


lunch026

そして出た。話題の大人様ランチだ。
期待値を上げ過ぎたのか出てきてちょっとがっかり。
まあお値段が安いから仕方ないか。でも僕は皆が持ってる100円割引券持ってないしなあ…

海老フライには辛口な僕であるがこの海老フライはまさにそのタイプのやつ。価格相応といえばそうだしなあ。ごはんの量はかなり多くてバランス良く食べ進めるのが難しい。
うーん、色々と考えさせられる点がある辺りが大人様ランチなのだろうか。
僕が調べたネットの情報だと概ね高評価なんだけどね。

そして会計へ
結局、ビールはおいくらなんだろう。
どこかに書いてないかを調べてみると裏面に書いてあった。
lunch028

319円とのこと。まあ良心的な価格といって良いのかな。

普段僕が買うスーパードライの価格を計算してみた。
だいたい6缶で税込1100円ぐらいのものを買っていることから計算すると1缶は183円ぐらいになる。
そうか今後はお持ち帰りだな。
この大人様ランチを自作しようとしたらかなり掛かるからね。

無事に100円割引券をゲット
lunch029


いささか足りなかったのでセブンイレブンにてピザを購入
lunch030

lunch031

やはりプレーンなチーズピザというのは物足りないね。
っていうか、これはほぼチーズナンだ。
チーズピザとチーズナンの違いはチーズが上に乗っているか中に入っているかと焼くのに使うのがタンドリーなのかピザ窯なのかという点になるのだろうか。
素材は小麦粉だろうから大差はないように思われるがどうなのかな。




難波でランチ

さて、ちょっと気になるイベントがあるというので難波へ行くことに。
でもその前に庭の散歩だ。

出屋敷線の出屋敷駅を少し南に行ったところに新しいお店が出来ている。

nanba01
カレー専門店のWANTEDさん
お隣のBuddha Cafeはとりあえずスルーしておいた方が良いだろう。

ググっていくつかの情報だけ貼り付ける手抜き作業をしておこう。
SPICE CURRY WANTED (スパイスカレー ウォンテッド) - 出屋敷/カレー(その他) | 食べログ
SPICE CURRY WANTED(@spice_curry_wanted) • Instagram写真と動画 
阪神出屋敷駅の近くにオープンされたカレー屋さんへ! | 勝手気ままに!

いつもの地図を発見

nanba02

ここに名前を載せるのにいくら掛かるのだろうか。

難波へワープ

nanba03

店は決めてある。先日見かけてここは良さそうと思っていたお店。


nanba04
地下街と地上をつなぐ階段の踊り場的な中途半端な位置にあるなんば百番さんである。

メニューを確認

nanba05
定食メニュー
これはなかなか悩ましい。日替わりは裏面を見てね!とのこと。

店の前にサンプルが展示されていたのでそちらを参照をすることにした。
nanba06

なるほどこれは悩ましい。でも、日替わりはちょっとイマイチかなあ。
天ぷらを玉子とじにする必然がこの時の僕には感じられなかった。

でも他の定食はかなり魅力的だ。
さて、どうしたものか…

とりあえず店の中へ
nanba07

紳士の嗜みはモルツ
珍しいね。

しばし嗜んでいると僕のランチが到着
nanba08

9種のおかずが楽しめる彩り定食にした。
僕のような優柔不断な人間にぴったりだね。
お漬物は9種の中に含まれていないという良心的な定食だ。

1種類のおかずを準備するだけでもけっこう大変なのに9種もおかずを作ろうとすればランチどころか日が暮れてしまう。いや日付が変わるかもしれないね。
外食というのは便利なものだ。

会計後
割引券をゲット
nanba09

また来よう。ワンコイン定食の設定もあるのか。

nanba11

クジラパークはアリスインワンダーランド
nanba10


黒門市場を視察

nanba12



この日は珍しく地上を歩いて目的地である湊町リバープレイスプラザ1へと

nanba13
大都市間のあるビジュアルだ。

プラザ1の方から音が聞こえる。
プラザ1という名称であるが広めの階段なんだけどね。

到着

nanba14
あれっ、なんか人が少ないぞ。
おかしいなと調べてみるとなんと目的のイベントは翌週のものであった。
ちゃんと日付を確認しないといけないなあ…

まあ仕方ない。

再び地下へと

nanba19
串かつ盛合わせ生中セットがなんと980円だという。通常価格と比すると250円もプライスオフなんだって。

幸い空いているようだしちょっと入ってみるか。

まずは生中とキャベツ

nanba17

nanba18

そして盛合わせである。
なるほど大阪名物の串かつというのはこういうものだという認識で良いのかな。
衣が厚いというのが特徴だとすると僕の好みからは外れちゃうなあ。

ちょっと調べてみるとフライの時にバッターと呼んでるあの白い液のことを大阪の串かつの場合はドロと呼ぶらしい。ドロを薄目に付ければ僕の好きなタイプに仕上がるのだろうか。

すぐ目の前のお好み焼き屋さん

nanba16
なんばウォークとは思えない安価な価格帯の定食だなあ。今度試してみようか。
和風ハンバーグというのは何をもって和風としているのだろうか。

エキナカのビールスタンドへ

nanba20


nanba21
野球中継をちょっと見ていくことに。
阪神タイガース…
これだけ敗けてても客は入るのだから不思議なのものだね。

帰尼
なんか音が聞こえるし人が集まっている。なんだろう。

nanba22


nanba23

ロ〇ブー淳のソックリさんことロンフーあつしさんだ。

nanba24

nanba25


それでは聴いてください。ロンフーあつしで「走れ正直者」




ハコガイ

さて、箱買いである。
深夜にインターネット巡回をしているとちょっと欲しい商品があってついうっかりと買ってしまった。



カルビーのプロ野球チップスである。
お値段は3000円ぐらい。で、なんと送料無料とのこと。
ポテチが10袋でカードが80枚入っているという。しかもこのボックスにしか入っていない限定カードの封入もあるという。
まあ冷静に考えると1袋300円の高級ポテチだ。
でもカード価格で考えると市場価格では2枚で100円になる。
で、このスペシャルボックスだと80枚で3000円。
ということは1枚当たり50円ぐらいと37円ぐらいになる。
と、今初めて計算したけど割安になってて良かった。


そんな箱が自宅に到着

hako01


通信販売というのは楽しいものだね。
サイドビュー

hako02

とりあえず開封してみることに。

hako03
カードが入れることを想定していると思われる窪みにカードがない。
探してみるとポテチの袋の中に埋もれていた。

復活

hako04

ポテチはこんな感じ

hako05
家族の中でコンソメ味のポテチを食べるのは僕だけだし、ポータブルテレビを購入しておこうか。

裏面

hako06
多分栃木県産だろうと。

カード80枚分の厚みはこんな感じ

hako07


開封はランチの後にしようと一旦外出。
こういうのって大人っぽいよね。子供だと大騒ぎをして開封大会を始めるところだが僕は大人なのでまずはランチを食べてから…


hako08
特に理由はないが近所スナック集合ビルのSNSのアカウント
空き店舗の写真なんてのはけっこう面白くて興味深い。

庭へ

hako09
そうかWANNSAベーカリーさん閉店か。
結局WANNSAってどういう意味だったんだろ?

玉出の向かい側に新しいお店の息吹が。
hako10

コロッケさたけさんの看板が出ている。
調べてみるとどうやらチェーン店とかではなさそう。


hako11

街かど屋さんへ
hako12


新メニューを食べに来た。
hako13

しめさば&鶏かつ定食というよく分からない組み合わせの定食だ。
どうもこの街かど屋さんは変わった組み合わせの定食を出すよね。

紳士の嗜みを楽しみながらランチ待機
hako14


hako15

鶏かつはモモ肉。鶏かつ表記でモモ肉は許せるが、チキンカツ表記でモモ肉は許し難い感覚があるがなんでなんだろうね。
鶏かつといえばかつてやよい軒で提供されていた鶏かつはモモ肉だったけど好きだったなあ。復活しないかな。

しめさば部にズームイン
hako16

これはなかなか良さそうだ。レギュラー化しないかな。


食後、散歩を兼ねてランチリサーチ
hako17


日替わり定食が6種もあるのは反則だと思う。
そしてこの微妙な価格差。悩ましい。

駅の方へ
hako18

ストリートライブやってる。

そして尼崎城へ
hako19

気持ちは分かるが危ないね。
これ無事に降りれるのかな。まあ意外と子供というのは丈夫なものでね。
僕がこれをするなら救急車必須だし、翌日新聞に載ってしまうかもしれない。

出屋敷線沿いに新しいパン屋さんがオープンするようだ。
hako20

「街を照らすベーカリー」ことTERRASさん
新規開店時の屋号に一般的な単語のみを使用するというセンスは僕にはちょっと理解できない。

帰宅しプロ野球チップスを開封
hako21

マー君のスターカードのサイン入りのやつ

世界の王さんの復刻版
hako22
これは欲しかったやつ


hako24

今話題の佐々木朗希投手のスターカード

hako25
なかなか良い成績だね。この防御率で3勝2敗というのはちょっと不思議感はある。

玉出で九州フェアが開催されていたのでめし泥棒を買っておいた。

hako23

これ美味しいんだよね。
「あまりの美味しさに食欲が止まらず隣のめしまで取ってきて食べてしまう」ことから名付けられました。
というのは有名なキャッチコピーであるが冷静になって考えるとそんな奴おらんやろって話でね。



アーカイブ
記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
ブログ村
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ