さて、週末の日記である。
例年であれば、この時期は冬になる前の屋外イベントが快適に過ごせる時期ということで様々なイベントに参戦するのがいわゆる普通であったが、今年はそうはいかないようで。
まあ、実際これといった活動先もないので例年通りであったとしてもさほどの変化はなかったかもしれないね←

ということで、自転車で近所を散策だ。
自転車は良いね。天気さえよければ。

matu01


matu02

交通ルールも自動車と比べれるとそれなりに緩い感じで守ってもいちおう大丈夫感はあるし…
(ほんとは駄目だけどね)
塚口方面へ自転車で。


matu03
このような看板を発見。
ピザにしようよ!
よし、ピザにしよう。

阪急塚口駅西側の踏切

matu04

渡った先の西側の火災に遭った元商店街の地域は再開発中のようだ。

塚口といえば高級マーケットとして有名なイカリへ。
matu05

やはり玉出とは趣が異なる。
もっとも驚いたのは松茸。
国産松茸10000円オーバーのものが普通に陳列棚に並んでいた。
百貨店でもこのランクだと特設コーナーに並べられるものだが、塚口のイカリではこの程度であれば、普通の食材ということなのだろうか。

そもそも僕の庭こと阪神尼崎の商店街で国産松茸を見掛けること自体、稀だし。
稀とはいったものの販売されているのを見た記憶があるかというとないね。

と、そんなイカリマーケットでお買い物。
イカリで買物をするなんて、なんていうセレブ感であろうか。


matu06
皮はぎゲット。
肝の具合も良さそうだ。
お値段も680円。
イカリとは思えない普通の価格だし、ここでこうやってネットに載せることで需要が高まって高騰して、手に入れられなくなる可能性が高まるのかもしれんね。
そういうリスクはあるが、今後、販売されなくなるという可能性を低くするには今のところはここに書いといた方が良いのかなっていうバランス感覚で…


イカリのビルに入店しているお店の看板
matu07

新メニュー
チキンカツ定食

matu08

見た感じはムネ肉のように見えるが、どうだろうか。
今時、税抜価格を大きく表示するという感覚のお店であるようだが…

最初は何もつけずにそのまま
お召し上がり下さい!!
とのこと。

召し上がった結果、どうなるんだろうね?


駅の南側へ
上空が騒がしい。

ヘリコプターだ。
matu09


早速、フライトレコーダーでヘリの素性を探ることに。

matu53
フライトレーダーに検知されないタイプのヘリだったのかな。
とりあえずあのヘリは表示されなかった。
僕の命を狙う危険な組織のものでなければいいのだが…

さんさんタウン3番館…
matu10


https://kansai-sanpo.com/proud-tsukaguchi06/

2022年10月頃には入居ができる状態になるようだが、どのようになるのだろうね?
その頃、僕は生きているのだろうか。
2年後とかどうなっているのかさっぱり分からない。

そう考えると、今を生きるという感覚は大切だよね。

ということで、ピザを食べよう!

matu11
セルフデリバリーした。

240℃の高温で焼き上げている、と未開封をアピールするシールが貼られているのが今回の変化点。
じゃあ、前回の分はどうだったんだろうね?

ひらけ、おいしさ!

matu12
またもドミノデラックスである。
サイズはL
ドミデラが攻守にわたり最強との結論。

これがこの日、一食目であったのでLサイズピザを余裕で完食。
良好なコンディションでLサイズピザを完食できなくなったら、それは私の肉体的な衰えを知らす事象であるのだろうか。


しばし、胃腸をブレイクさせる。





落ち着いたので、皮はぎに手を付けることに。


海産最強の皮はぎ
流石はイカリさんだ。ワサビも見たことのないものが添付されている。
matu13

マル井社のもの


matu14
生もの表記あり。

でも、違うんだよね。
皮はぎ系の刺身に適した薬味はわさびではない。

開封
matu15

たんぽぽが本物のたんぽぽだ。

そして、肝
matu16


ああ、やはり長はげより丸はげなのかなあ。
肝の食感、濃厚さが長とはかなり違う。
こちらの方が美味しい…
いや、美味しいというと語弊があるので、こっちが僕の好みの味だね。