尼崎ランチ週報

主に尼崎のランチの週報と週末のお出掛けの日記です。

さんさんタウン

週末のお出掛け 塚口

さて、週末のお出掛けである。
この日は阪急塚口の方へ。


tuka01
チャリで来た。

ここの駅前は歩道が狭くて移動がし辛くて困るね。

塚口でランチを食べるという大いなる志を胸にやってきた。
まずは駅南側をリサーチ
うどん、寿司、そしてハンバーグ、唐揚、チキン南蛮。
うーん、イマイチだなあ。

まあ、どれも悪くない、というより好きな食べ物ばかりであるがこの日の気分には合わない。
とりあえず踏切を渡り駅の北側へ。


tuka02
伊丹線の踏切が僕をとおせんぼ。

仕方がないので伊丹方面からやってくる電車を撮り鉄することに。


tuka03
そういえば、ここのカーブは大手の鉄道のものでは最も急なカーブであると聞いたことがある。

全日本鉄道路線ぐねぐねランキング 
によると「大手私鉄の鉄道法適用区間としては最急カーブ」とのこと。
R60というカーブであるらしい。(Rはradius:半径の頭文字)
曲線半径60mって言われてもいまいちピンと来ないよな。

ググって上から見てみるとこのような感じだ。
tuka37

神戸線に沿うような方向性で駅に着くようにするためのカーブということだが、現状では営業運転での相互乗り入れは行われていない。(こういう言い方って鉄オタっぽいよね)

塚口駅を改修する際には伊丹線の駅は地下駅化して、南側へと延伸してそのまま阪神尼崎駅まで行って欲しいよね。
地図で見ると阪神尼崎と阪急塚口はほぼ同じ経度に存在する。

おそらく建設を企画する段階ではそのような案もあったのだろうが、色々と検討した結果このような形になったのであるだろうけど、その時に誰かが強硬に「伊丹と阪神尼崎を直通させるのだ」と主張していたら、尼崎と伊丹の距離感は今とは異なったものになっていたのだろう。

そのようなことを考えながら踏切を通過する電車を撮影。

tuka04


tuka05

6012である。
おおよそ1980年頃に製造された車両となる。ということは40年ほどが経過しているということか。
電車というのは息が長い乗り物だなあ。
例えば40年前の自動車なんて現存しているのだろうか。
まあ中にはあるのかもしれないが、相当にレアケースで街中を走っていたらやたらと目立つだろうね。

駅北側もランチリサーチ
こちらも先ほどと同じようなランチラインナップであった。
特に目立つのはハンバーグ、唐揚、チキン南蛮。敢えてこれらを選ぼうという動機に乏しい。
とはいえ、日替わりのメニューがこれらだと特に違和感なく選んじゃうけどね。


良いのが見つかった。

tuka06

日替わりで白身魚のピカタとかぼちゃのポタージュだという。
これは良い。2F 六段と書かれているがそういう名前のお店なのだろうか。

tuka07
何がメインのお店なのかよく分からないが、これは良い店の雰囲気があるぞ。

入店
なにやら盛り上がっている先客のグループ客がいる。

日替わりを発注してから、メニューを確認。
注文したらメニューを下げちゃう店も中にはあるが、あれはどういう理屈でそうしているのだろうね。
追加の注文は一切受けませんという意思表示なのだろうか。


tuka08
税抜と税込が併記されているのはまあ良心的なお店ということか。


tuka09
ディナーに関しては税込のみでの表示。
僕が普段行くようなお店と比べると良いお値段だな、と。
とはいえ洋食屋さんとしてはまあこれぐらいが妥当なのかな。
価格設定が安いと客質が下がるしね。

ライスの価格が165円という辺りに良心を感じる。
とはいえ気兼ねなくこのメニューから食べたいものを注文できるようになるにはどれほどの収入があれば可能なのだろうか。
井之頭五郎さんなら余裕だろうけど。



そう思いながらメニューで脳内シミュレーションしてみたが、意外とそれなりの金額で収まりそうか。
食べ物だけなら忘年会とかの会費で必要になる金額と同じぐらいだ。

日替わりが到着
tuka10

色鮮やかで良いね。普段茶色い色のものばかり食べているのでこのビジュアルは新鮮だ。


メイン部
tuka11

黄色いのはおイモさん。魚はなんだろうね?
この時期なら鱈だろうと言っておけば当たっている確率は高そうだ。

今度、ピカタを自作してみよう。

同じフロアにはスペインの台所ラマンチャさんがあった。
tuka12


いちおう六段さんもググってみた。
六段 (ろくだん)洋食 炭焼きステーキ しゃぶしゃぶ 
今年の12月に開店したばかりのお店なんだって。
どうりで見覚えがないはずだ。

その後、イカリスーパーへ
tuka13
ああ、そういえばここのチキンカツ定食もいつか食べないとな。
「最初は何もつけずにそのままお召し上がり下さい!!」と解説があるがどういう仕組みなんだろうね。

典型的な忘年会向けのプラン
tuka14
3000円ぐらいで食べ飲み放題ってどういう仕組みで儲けているのだろうか。
330円課金したら色々とおつまみも食べ放題だという。
お店は魚民さん。

サンサンタウン周辺を散策
tuka15
地下があるんだ。
そういえば気になる店があったよな。現状はどうなっているのだろう。


tuka16
そう、このわんぱくこぞうって現存してるのか気になっていた。


tuka17

痕跡すらなかった。
でも立派な看板は残ったままとなっている。

「TVパニック」「わんぱくこぞう」などで有名なNESTAGEが倒産、ゲオがスポンサーに - GIGAZINE 

そうか10年ほど前に倒産してたんだ。

新しいマンションの建設現場
tuka18

近くに行ってみよう。

tuka20
<公式>プラウド阪急塚口駅前|野村不動産 -PROUD- 
2022年頃には完成するらしい。

B2Fから2Fは商業地となる予定ということで、2年後に僕はここでランチを食べているのだろうか。

現場前には写真が掲示してあった。

tuka21


tuka22
いかりスーパー開業は1961年のことであったと。
これはこの新しいお店にいかりスーパーが入店することを示唆しているのだろうか。
この新しい施設への入店を巡っては色々な思惑が交錯してるんだろうなあ。
っていうか、2年後のことだしほぼ入店ラインナップは決まっていると考えておいた方が良いのか。

帰路
ちょっと公園へ

tuka31
この庄下川が交わる三角地にある公園に寄り道。


tuka23
竹の下公園である。
立派な石碑が建っている。

tuka24

尾浜土地区画整理記念と刻まれている。

この碑の建設費用の出所はどこなんだろうね。私財を投じてのものなら何も言わないが税金を投入とかしてないだろうな。
こんなしょうもない石碑でも立てようとしたら結構なお金が掛かるだろう。

灯台

tuka25


tuka26
燈台のてっぺんには我が物顔で白い悪魔ことユリカモメが。
これも無駄遣いといえば無駄遣いなんだけど、こっちは僕の感覚では許せる無駄遣いだね。


tuka27

右側の白い汚れはユリカモメからの「糞くらえ」というメッセージであろうか。

tuka28
おそらく水が出るような施設。
後先考えずにこういうのを建設するのが流行った時期があるのかな。
せっかく近くに川があるのだから川の水を利用できるように作れば良いのにね。


三角の頂点部を目指す。
tuka29

なんかユリカモメがたくさんいるな。



特に理由はないが動画を撮ってみた。
これ、餌を持って近づいたらどうなるんだろうね?
やらないけど。

tuka30

まあ、これといった感想はなし。
似たようなロケーションのこの場所とは随分と趣が異なるね。

tuka32

尾浜のオオジへ。
tuka33

カワハギが販売されているのを発見したが、お値段がちょっと…
1580円だったかな。この価格だと手が出ない。

諦めきれずに近所の方のオオジへ行ってみた。
tuka34


買っちゃった。

tuka35

こちらは1180円。
但し、うまづらはげのシールも貼られている。
しかも養殖だという。
あの手の魚って養殖してたっけ?

ググってみると確かに養殖しているものもあるようだ。
肝育てて「海のフォアグラ」 ウマヅラハギ養殖で新技術:朝日新聞デジタル 

まあなんとも怪しい表記ではあるが、肝心なのは味だ。

tuka36


天気の良い週末 2020秋

さて、週末の日記である。
例年であれば、この時期は冬になる前の屋外イベントが快適に過ごせる時期ということで様々なイベントに参戦するのがいわゆる普通であったが、今年はそうはいかないようで。
まあ、実際これといった活動先もないので例年通りであったとしてもさほどの変化はなかったかもしれないね←

ということで、自転車で近所を散策だ。
自転車は良いね。天気さえよければ。

matu01


matu02

交通ルールも自動車と比べれるとそれなりに緩い感じで守ってもいちおう大丈夫感はあるし…
(ほんとは駄目だけどね)
塚口方面へ自転車で。


matu03
このような看板を発見。
ピザにしようよ!
よし、ピザにしよう。

阪急塚口駅西側の踏切

matu04

渡った先の西側の火災に遭った元商店街の地域は再開発中のようだ。

塚口といえば高級マーケットとして有名なイカリへ。
matu05

やはり玉出とは趣が異なる。
もっとも驚いたのは松茸。
国産松茸10000円オーバーのものが普通に陳列棚に並んでいた。
百貨店でもこのランクだと特設コーナーに並べられるものだが、塚口のイカリではこの程度であれば、普通の食材ということなのだろうか。

そもそも僕の庭こと阪神尼崎の商店街で国産松茸を見掛けること自体、稀だし。
稀とはいったものの販売されているのを見た記憶があるかというとないね。

と、そんなイカリマーケットでお買い物。
イカリで買物をするなんて、なんていうセレブ感であろうか。


matu06
皮はぎゲット。
肝の具合も良さそうだ。
お値段も680円。
イカリとは思えない普通の価格だし、ここでこうやってネットに載せることで需要が高まって高騰して、手に入れられなくなる可能性が高まるのかもしれんね。
そういうリスクはあるが、今後、販売されなくなるという可能性を低くするには今のところはここに書いといた方が良いのかなっていうバランス感覚で…


イカリのビルに入店しているお店の看板
matu07

新メニュー
チキンカツ定食

matu08

見た感じはムネ肉のように見えるが、どうだろうか。
今時、税抜価格を大きく表示するという感覚のお店であるようだが…

最初は何もつけずにそのまま
お召し上がり下さい!!
とのこと。

召し上がった結果、どうなるんだろうね?


駅の南側へ
上空が騒がしい。

ヘリコプターだ。
matu09


早速、フライトレコーダーでヘリの素性を探ることに。

matu53
フライトレーダーに検知されないタイプのヘリだったのかな。
とりあえずあのヘリは表示されなかった。
僕の命を狙う危険な組織のものでなければいいのだが…

さんさんタウン3番館…
matu10


https://kansai-sanpo.com/proud-tsukaguchi06/

2022年10月頃には入居ができる状態になるようだが、どのようになるのだろうね?
その頃、僕は生きているのだろうか。
2年後とかどうなっているのかさっぱり分からない。

そう考えると、今を生きるという感覚は大切だよね。

ということで、ピザを食べよう!

matu11
セルフデリバリーした。

240℃の高温で焼き上げている、と未開封をアピールするシールが貼られているのが今回の変化点。
じゃあ、前回の分はどうだったんだろうね?

ひらけ、おいしさ!

matu12
またもドミノデラックスである。
サイズはL
ドミデラが攻守にわたり最強との結論。

これがこの日、一食目であったのでLサイズピザを余裕で完食。
良好なコンディションでLサイズピザを完食できなくなったら、それは私の肉体的な衰えを知らす事象であるのだろうか。


しばし、胃腸をブレイクさせる。





落ち着いたので、皮はぎに手を付けることに。


海産最強の皮はぎ
流石はイカリさんだ。ワサビも見たことのないものが添付されている。
matu13

マル井社のもの


matu14
生もの表記あり。

でも、違うんだよね。
皮はぎ系の刺身に適した薬味はわさびではない。

開封
matu15

たんぽぽが本物のたんぽぽだ。

そして、肝
matu16


ああ、やはり長はげより丸はげなのかなあ。
肝の食感、濃厚さが長とはかなり違う。
こちらの方が美味しい…
いや、美味しいというと語弊があるので、こっちが僕の好みの味だね。


アーカイブ
記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
ブログ村
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ