尼崎ランチ週報

主に尼崎のランチの週報と週末のお出掛けの日記です。

コノミヤ

粉浜へ ランチ

さて、休日の散歩である。
今回は大阪の粉浜へ行ってみようと。

まずは庭の新しいお店
杉玉さんである。

sumi01
杉玉のお昼ごはんはややお値段が高いように感じるがどうだろうか。
限定10食という舟盛り丼というのはビジュアル的にちょっとないな。
そこに乗せることもなかろうと。

いつもの交差点はまた赤だ。
sumi02


sumi03

阪神1205で大阪難波を目指すことに

南海難波駅である。
sumi04

簡単に乗れるけど南海電車なんていうけどけっこう難解だよね。南海電車。

浜村淳さんは「全身乗っても阪神電車、一回乗っても南海電車」なんて表現をするが南海に関しては語呂だけで意味がよく分からないと思っているがどうなんだろう。

時刻表を確認すると意外と本数が少ないんだね。
sumi05

阪神尼崎駅の感覚で他の駅に行くと電車が到着する頻度に驚いてしまう。
まあ、阪神尼崎駅の方が全国的にみると異常なぐらいに電車が来る駅の一つなんだけどね。
平日の昼間の時刻表を確認すると1時間に18本も梅田方面の電車が発車するみたい。
ってことは3分に1本は出発してるってことか。忙しい駅だ。

粉浜駅に到着
sumi06
うん間違いないな。
sumi07
次の駅は住吉大社か。この辺の大阪の距離感がいまいちよく分かっていない。

駅舎から外を見ると立ち呑み屋さんが見える。
sumi08

エキナカにはなんとコノミヤさんがあるみたい。
sumi09

今回の目的地の粉浜駅前商店街の入り口である。
sumi11

でもその前にエキナカ施設ショップ南海粉浜を確認
sumi12

惣うららさん
店内を確認すると粕汁のお持ち帰りができるようだ。
これは要チェックだね。

とんかつ屋さん
sumi13
割と良さそうだ。これならランチ難民化しても大丈夫そうだな。


sumi14
惣うららさんはショップ南海のテナントを拡大しているみたいだね。

駅前のラーメン店ミカクというは営業しているのだろうか。
sumi15

調べてみると創業50年のお店らしい。
https://tabelog.com/osaka/A2701/A270404/27022863/

ロンドンというパン屋さん
sumi16
これは確か阪神杭瀬駅にあるのと同系列のお店だな。
ローカルなパンチェーン店かと思ったが調べてみるとオイシス傘下のパン屋さんなんだ。

商店街へ
sumi17


なかなか良さそうなランチ店だな。
sumi18


チュールというのはにゃんこからの支持が高いと聞いているが野良にゃんこに与えるとどうなるんだろう?
sumi19


商店街はこんな感じ
sumi20

床のデザインは中央商店街に似ているね。
こういうのって誰がデザインしたのだろうか。

ということでその辺をウロウロした結果、先ほどの一福さんでランチを食べることに決めた。
sumi21
こんなにたくさんあったら決められないよね。
裏面
sumi22


こういう時にはやはり日替わりランチだ。
やはり僕の好きな食べ物は日替わりランチだね。

ということでこの日の日替わりランチが到着
sumi23

なんだか変な組み合わせだがまあ悪くない。
ドリンクはコーラにしてみた。
sumi24

コカではなくてラスだなこれは。

歴史を感じる看板
sumi25

この創立30年の実績という謳い文句は良いが、30年もやっててそれから数年が経った時にその時点で創立から何年経ったのか分からないような看板を作ってしまうセンスはイマイチだと思う。
この場合創立年を明記しておけば、何年経っても創立からの年数が分かるのにね。

散歩をしていると見慣れた看板があった。
sumi26
お水の大学スナック科の看板だ。これは尼崎にもあるやつだ。
これってほんとに機能してるのかな。


sumi27
ここのお水の大学は本部感があり資料室も併設されているようだ。
昭和天皇資料室なんてのはいったいどのような資料が収蔵されているのだろう。

焼肉屋さん
焼肉えむかんさん
sumi28

ここではランチをやってないみたい。

うどん屋さん
sumi29

うどん屋さんのようだがなんでも食べれるみたいだね。

もともとはコノミヤさんが入っていたはずの店舗はダイコクドラッグさんが入っていた。
sumi31


うす味の美味 おあがりハウス有さん
sumi30
なんとなく良さそう感があったが既に売り切れ状態であった。

いささか高額ではあるが良さそうなランチ店だな。
割烹 もりつね (森恒) - 住吉/割烹・小料理 | 食べログ 
sumi32

半助ってうなぎの頭だっけ。

そうこうしていると次の駅に着いてしまった。
sumi33

住吉大社駅である。

ここにもショップ南海があるようだ。
sumi34


商店街の出口
sumi35


さて、この後どうしようか。






尼崎ランチ週報2022/1.17-21

さて、ランチ週報である。
今週は5ランチ

月曜日
夜明け前の街かど屋さんでモーニングランチである。

lunch121

食券機を操作しているとなんと粕汁が終売の様子。
公式サイトのメニューから粕汁定食がなくなっていたから嫌な予感はしていたが…

無くなったものは仕方がない。この日はこれで。

lunch122
これは以前から気になっていたメニューである。
鶏三昧定食
なかなかのボリューム感を感じるものだが価格は690円。安い。
いかがなものだろうか。


lunch123
来た!
っていうか、これは多すぎじゃないか。
メイン部にズームイン

lunch124
大きなチキンカツ(モモ)1枚とからあげ2個とチキン南蛮2個
朝からこんなに食べれるものなのだろうか。
チキンカツは皮ごと調理しているようで腹にたまる。
なんとか完食はしたがこれはちょっと無理があるメニューだと感じたね。

夜食

lunch125
月曜日は10%オフになるコノミヤさんへ。

lunch126
これぐらいで良かろう。

lunch127

火曜日
また街かど屋さんでモーニングランチ

lunch128

まだ早朝であるが阪神バスは営業中、中に乗っている人たちはお仕事に向かう人が大半なんだろうね。
生きるというのはやはり大変なことだ。


lunch129
この日のランチモーニングは納豆の朝定食の豚汁変更。
まあスタンダードなランチモーニングメニューだ。


lunch130

お水などをセルフで取りに行って戻ってきたらもう到着していた。
速いは正義だ。

食後
lunch131
新しくなった吉野家さんの前を通る。
そういえば新店舗にはまだ入ったことがないなあ。
これが吉野家さんでなければすぐに試しに入ってみるところなんだけどね。
吉野家でからあげが食べられるといってもそうそう行ってみようとは思わないものだ。

ランチタイムブレイクに杭瀬に行ってみた。

lunch132
今年もこの割引券発行されるみたいだ。


lunch134
amaサラダさんにてお買い物

lunch133


快速亭さんの店先でお弁当の販売があったので1つ買って帰ることに。
lunch135


快速亭さんのお弁当

lunch136
これが400円というのは良いね。

そして
サバサンド
lunch137

第4世代・パン専門店【そのまま】さんのパンを使っているとのこと。
ググってみたがこのパンについての情報は見つからなかった。

そしておでんも買ってしまった。
lunch138

水曜日
前日はちょっと食べ過ぎかなと思い。ランチで調節。
lunch140

今回はミネラルの方にしてみた。
バランス感覚というのは大事だね。

夜食
lunch141

ほたてめし弁当が半額になっていた。
lunch142
課金してホタテを増量した。

こんな立派なお弁当が480円の半額×1.08で買えるなんて日本という国の物価はどうかしてるよな。

木曜日
杭瀬に天ぷらを食べに行った。

lunch146
食券機が新しくなり店の外に設置されているようだ。

天きちさん
lunch143

発券が無事に完了
18番
桑田だな。



lunch144
立派な天ぷら定食が到着。今回は思うところあって贅沢をして上にしてみた。
先日、揚がった先から手元に天ぷらが届くタイプのお店に行ったのだがあれも良し悪しだよね。
なんか慌ただしい。
せっかくの揚げたてだからすぐに食べなきゃという強迫観念が食事を楽しむのを邪魔してる感じがある。まあ、そういうのに慣れてないってものあるんだろうけど。

店の様子を見ているとほとんどのお客さんが店外の食券機に気づかずに店内に入り中の人に外で買ってくださいと説明をされていた。
時間が経てば定着するのかな。

夜食探しに庭へ

lunch147
杉玉さんのオープンが近い感じだ。
ここの北側にも0秒レモンサワーで話題のときわ亭さんが開店準備をしているし、どちらも一度ぐらいは行ってみないとね。

あっちゃんのからあげやの焼鳥を購入
lunch148

コノミヤさんで変な組み合わせのお買い物
lunch149


金曜日
まだ1月だけどきさらぎさんへ

lunch150
今年は何回ここに来るのだろうか。


lunch151
来るたびに思うが僕が思う理想的なランチ店なんだよね。
じゃあ、ここばっかり来ればいいじゃないと思われるかもしれないがそれでは僕がランチキングとして成長しないと思って色んなパターンのランチを試している。

夜食はシャンティかんださんへ

lunch152
半額の魔力に屈してしまった。

尼崎ランチ週報2021/8.2-6 再まんぼう

さて、ランチ週報である。
夏休み前の週であるが、なんと兵庫県がまんぼうの対象となってしまった。
新コロやばいなあ。

月曜日
王将へ
今週も王将のターンは続いている。

lunch201

いちおうおすすめ三和セットの内容を確認
880円か。うーん。


lunch202
例の書類を机上に並べて待機

やはりざるラーメンセットに。

lunch203
僕の今年の夏の思い出は王将のざるラーメンセットだったなあ…
ってことになるのだろうか。

ソーハンとテンハンと卵掛けご飯+冷奴から選べるというがやはりソーハンが良いね。
ソーハンにズームイン

lunch204

サイズ的にこれはフルサイズかな。
野暮の極みではあるが、いちおうメニューを確認して定価が440円(税込)であることを確認。
611-440=171となり、ざるラーメンは171円となる。
まあ、あれだね。王将も損はしない価格設定ってとこか。

終業後
コノミヤさんへ
lunch205
月曜日なので10%オフプライス
自転車が他の曜日よりも多い。

僕はここに来る前に庭で夜食を購入済

lunch206

コノミヤさんでお刺身の切り落としを購入し、それなりの部分をお造りにして食べることに。
残りは漬けにして明日の分だ。


lunch207
鮮魚部も流石にプロだなあという感じで良い感じのお造り部が取れそうで取れない。
右の赤いのはカニではないやつ。
なかなかよく出来たかまぼこだね。

レバーとモモ焼が庭での調達食材
lunch208
レバーは1本で充分かなあ。

前日から仕込んでおいた神戸牛を使ったスジ煮込み
lunch209
スジ煮込みに最初にこんにゃくを入れたのは誰なんだろうね。
良いアクセントだ。


lunch210
カルビーのプロ野球チップスの開封結果

火曜日
もうだいぶスタンプも貯まったし、別の店でのランチでも良いかと。
きらくさんへ。
lunch211
日替わりはじゃこごはん定食だという。
またまんぼうで営業に規制が発生するのか、大変そうだね。

lunch212

このお店は各客にピッチャーが提供される良い店だ。

あたたかいうどんにした。
lunch213

天ぷらもセットになっていて得した気分。

終業後
僕の玄関こと阪神尼崎駅前

lunch214
なにやらライブ活動が行われている。

玉出へ
なんと、松茸が販売されている。
lunch215
中国産のようだが輸入に関する規制とかはなにかあるのだろうか。

松茸は買わずにマカロニサラダを購入。
lunch216


僕はマカロニサラダはかなり好きなんだけど滅多に買うことがない。
それはマカロニサラダはシェーキーズで無限に食べることのできるものであるという認識があるからだ。
しかしながら気軽に行ける範囲にシェーキーズがない今となってはその認識をアップデートする必要があるんだよね。
また大阪か神戸にシェーキーズができないかなあ。

昨日、購入して漬けにした海鮮と塩タン丼をミックスに。
lunch217
なんか良くわからないけど美味しい。

水曜日
スシローへ。
この日から特ネタ大トロが半額になると聞いて。
lunch218

案内された席はなんと1番席
厨房直結の回転寿司最良の席だ。
これはやばいなテンションが上がってしまう。


lunch219
まぐろ!


lunch220
まぐろオクラ
まぐろは淡白な味だから何にでも合うね。


lunch221
特ネタ大とろを2皿
筋があるように見えるが食べると不思議と筋を感じなかった。
食べる時に気になる筋とそうでない筋は何が違うのだろうか。
これは筋のようで実は脂だったのかな。


lunch222
デカ海老2貫
これは大した海老だ。


lunch223
白とり貝ユッケ
そんな貝あったっけ?とググってみたら、エゾイシカゲガイ(蝦夷石蔭貝)というマルスダレガイ目ザルガイ科イシカゲガイ属の二枚貝のことらしい。
なんかよく分からないけど美味しかったし、貝類を食べるとお寿司を食べてるなあという気分になるね。

キス天
lunch224
天ぷらのお寿司という変わったものを食べると回転寿司屋さんに来たなあという気分になる。
酢飯には合わないようでいて実はけっこう悪くない。
和食というのは懐が深いねえ。


lunch225

2貫100円なのは珍しいので。
とはいえ鯛って中途半端に熱した時が一番美味しいものだと知ってからは生で食べようとはあまり思わなくなったね。
ゴマダレで漬けにしたものをお茶漬けにするのが鯛をもっとも美味しく食べる方法だと思っている。
「そんなことはないぞ、もっと美味しい食べ方があるのに可哀想に…」っていう人がいたら誘ってください。
鯛というのは完全に火を通すとどうも生臭さが気になるし、生だと味に膨らみがない。
じゃあ、半生だとその弱点が上手いことなくなるんだよね。まあ、極上の鯛だとまた違うのかもしれないが、そこらのマーケットで販売されているものだとそうなんじゃないかな。


lunch226
いか
いかというは優れたバイプレイヤーだ。
海鮮丼や海鮮巻にイカが入っていると味が変わる。
単独で食べても美味しいし、なかなかに優れたやつだよね。


lunch227
はまち
近年、夏になるとマーケットでやたらと安く販売されている。
美味しいのだがあんなにたくさんは要らないかなあって感じでね。
1/4身が300円ぐらいで販売されている。
脂がよくのっていてやや癖があるので刺身だとたくさんは要らない系の魚であるが、酢飯との相性は抜群。

中トロ

lunch228

これも今回のセール品のはず。

ラストに大トロをもう1貫

lunch229

それにしてもスシローさんのネタは大したものだ。
やはり何かお酒的なものを飲みながら食べたいなと思うがそうはいかないこのご時世。
1人客のアルコールは解禁しても良いんじゃねって思うが、それをすると1人客を装って時間差で来店するという技を使う人もいそうだし、それはそれで面倒事が予見されるから一律提供不可にしているのだろうか。

夜食探し
お昼は魚だったので夜はお肉

lunch230

玉出へ

lunch231
このお好み焼セットというのが224円だが意外と美味しくてたまに買って食べている。
焼きそばとお好み焼がセットになっているもので僕は焼きそばの上にお好み焼きをのせてレンチンしてモダン焼きとして食べている。
このモダン焼きという名称は日本全国で通用する名称なのだろうか?

モダン焼きについて調べてみた。
自慢の味|大阪のお好み焼 ぼてぢゅうグループ | BOTEJYU Group【公式】
えっ、モダン焼きのモダンって「もりだくさん」の略だったという。
僕も長いこと生きてきたがその説は初めて聞いたし、ぼてぢゅうさんがそういうならそうに違いないのだろう。

世の中には知らないことや知ってる気になっていることってまだまだたくさんあるんだね。

もしかするとサーランとサービスランチは実は同じものではないのかもしれない。

木曜日
また王将のターン
lunch232
タイミング的に座敷に。
この座敷もランチタイムはあれだが、新コロがなければ飲み会シーズンにはフル稼働するものなんだろうね。

ということで僕の2021年夏の思い出
ざるラーメンセット

lunch233

終業後、ちょっと用事がありJR立花の方へ。


lunch234
おかしいな。223系が停まって見える。
僕はあまり詳しくないが一部の大人の映像作品では時間が止まったりするらしいが、そういう奴だろうか。
近づいてみる。


lunch235

踏切のちょうど手前で停止している。
中の様子を見ていると何やら運転士が慌ただしく動いているのでどうやら時間が止まっているわけではないみたい。
ということは何かのトラブルか。

2001と書かれているのが見えるので223-2001で検索

1999年3月に川重で製造されたクモ223-2001のようだ。
223系 W10編成と呼ばれる編成みたいだね。
この時の運用は快速だし、現状では225系と223系ってどっちが多いんだろ?
僕が生きている内に223系のラストランとかそういうのがあったりするのだろうか。

立花商店街のヒナタさんへ。
lunch236

既に焼いてあるものを買えるというお手ごろ感が良いね。
焼きたての焼鳥は素晴らしく美味しいけど時間がそれなりに掛かるし、お持ち帰りだと焼きたてでも焼き置きでも大差はない。
むしろ焦って帰る必要がない分、焼き置きの方が都合が良い。
でも、焼き置きでもけっこうまだ温かい感じなんだよね。
そこは気が付かなかったことにしてのんびりと帰宅。

lunch237

コノミヤさんで高級アイスクリームハーゲンダッツを購入。
月に何度かはセールで割引になっている。通常価格ではとても手が出ないがセールというのは良いものだねえ。
コンビニでハーゲンダッツのお値段を見ると目玉が飛び出そうになるが、あのような価格でもちゃんと売れているのだろうか。
やはりコンビニはブルジョワの店だな。

ヒナタさんで購入した焼鳥丼を開封
lunch238

つみれとこころをトッピングしてみた。

金曜日
初めての店へ。
アマゴッタの離れ部
lunch239


前はペットに何かするような感じのお店だったように記憶しているが定かではない。

粉もん屋 liquoR*sさんへ。
へえ、公式サイトはちゃんと更新してるんだ。
5F部の飲食店も復活しないかなあ…

lunch240
本日の定食を確認。
色々あるな。
こういう時はとりあえず左上を選ぶのが良かろう。

650円という価格、安くて良いね。

店内メニュー
lunch241

他のものは分かるがこんちく焼ってなんだろう?
こんにゃくとちくわを焼いたものだろうか。
7個200円と非常に安価ではあるが…

おでん5種500円なんてのは非常に魅力的だね。寒くなったら終業後に来てみようかな。

ということで鮭バター焼定食
lunch242

ほう、これはなかなか良い定食じゃないか。
4種の小鉢がセットになっている。
小鉢にズームイン
lunch243

あえて食べようと注文はしないがあったら喜んで食べるタイプの食べ物だ。
それぞれ別の皿に盛ってあるのが良いね。
僕はワンプレートランチというのが嫌いでね。
まあ、洗いものとか面倒なのは分かるがそこはやはり客商売なので上手いことやってほしいと思っている。


うん、これはまた来なければならない今後に注目のお店だ。

アマゴッタの駐輪場

lunch244
あれっ、確か課金型の駐輪設備があったはずだが…
無課金で停めれるタイプの駐輪場に戻っていた。

あま屋台を視察
lunch245



lunch246

せっかく新品の屋台を導入したのに残念な感じだなあ。
まあ、新コロが落ち着いたらまた別の場所でこれらの屋台が活躍する日が来るのだろう。

あま屋台こと尼崎屋台広場とは? - Togetter 

【公式】尼崎屋台広場 尼崎市内 
アーカイブ
記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
ブログ村
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ