尼崎ランチ週報

主に尼崎のランチの週報と週末のお出掛けの日記です。

スシロー

休日のスシロー

さて、これといった用事のない休日なのでランチぐらいは贅沢にしようとスシローさんへ。


ro01


ro02
新しくできたお店よりもこっちの方が良い感じだね。


ro03
まずは大トロを1皿1貫110円のものを2貫乗せてみた。
まあ脂が重くてアレな面もあるがやはり大トロが旨いね。


ro04

カニのやつ
皿に具材を散らすというのはセンスが出るお仕事だと思われる。



ro05
炙り寿司
我が家にも炙り用のバーナーはあるがなんか生臭さが増長されそうで海鮮を炙るのには使っていない。



ro06
途中で事故った330円の高級皿



ro07
イワシは安定して美味しいねえ。


ro08
生海老のでかいやつ。
見た目は粋ではないが思いのほか美味しかった。


ro09

炙りのどぐろ
なるほど確かにしっかりと脂がのっている。



ro10
あさり
彩りという点では理解はできるが味的にネギはないだろうと思うがどうだろうね。


カウンター席を眺める
ro11
いや、狭すぎじゃね?
カウンター席とテーブル席で値段が異なるのならまあ納得はするが同じ値段であの狭さは納得がいくおものではなかろう。


ro12
季節のおうどん
あさりとタケノコ天とわかめ
これは超美味い


ro13
ブリトロ


ro14
まぐろ





ro15
なんかすごいのがやってきた。
活あわびの肝の軍艦が攻めてきた。

たまらず一皿取ってみることに。

ro16

そういえばあわびの肝なんて食べた記憶がない。
なるほどこれがあわびの肝か。
まあどうだろうね。そんなに好きな味ではないという感じか。
そのまま食べるのではなく何らかの隠し味として活きるタイプの味かなとは思われる。
あわびの肝なんて止まって見えるタイプのお寿司屋さんで食べようと思ったらいくらぐらい準備したら良いんだろうか。



ro17
海鮮ユッケ的なやつ
海鮮って不思議なもので数種類混ぜて食べても変な味にならずに美味しい。
まとまった味になるかというとそうでもなく個別の味はするんだよね。

腹が膨れたので店を出ることに。
どれだけ頑張って食べても4000円を超えないのがスシロークオリティ

ro18

立花にやってきた。

ro19

先日工事をしていた店舗に新しいお店が入っている。
名もなきラーメンさんである。

名前というものを考え出すと深い思考の旅に出発してしまうので名前なんてのは便宜上存在するものだよねぐらいに捉えておくのがよかろう。

ro23
ワッツさん
この日が閉店の日である。


ro22


店舗内をこそっと撮影
ro20


ro21


ここがかつてマクナルだったことを知る人もだんだん減っていくんだろうなあ。


京橋は の帰途

さて、京橋の帰途である。
東西線を利用し、途中下車。

basi51

天神橋筋商店街の調査だ。
大阪に引っ越すならばやはりこの商店街に気軽にアクセスできる場所が良いよね。
北上し環状線に乗車


大阪駅に到着
basi52
電光掲示板には当駅止の特急が表示されている。
これはもしかすると…


basi53
サンダーバード24号が到着。
そう、ちょうど1週間前に僕が乗っていたのと同じやつ。
確かこの前日にJR西日本のダイヤの改正があったそうだ。
日常的に利用しているわけではないのでこれといった影響はないけどね。
サンダーバードでいえば指定席が増えたそうだ。それはつまり自由席が減ったということで。
世の中からは自由が無くなっていっているのかな。

自由といえば尾崎豊さんのことを思い浮かべてしまうよね。
ということでちょっとググってみたらスーツさんがこのような動画を公開していたのでしばし視聴することに。



「自由席は自由だ自由だというが早くから並ばないと座ることすらできない不自由を感じた35の夕方」みたいな感じになるし、やはり電車は指定席が良いよね。
座席を選ぶ自由もあるし。

ランチで自由というと「お代わり自由」という文言がメニューに書かれていることがあるが、これは自由=フリー=無料と考えて問題ないのだろうか。
中にはあなたがお代わりをすること自体は自由であるが、その自由は課金を対価として得られるものだ、なんて言われたりするお店もあるのかもしれないと思うとお代わり自由もほんとに自由であるのか分からなくなってくるね。



尼崎駅に到着
エキナカの飲食店に寄り道

basi54
ちょい呑みセットが1050円
本気と書いてまじ呑みセットが1150円
そして、日本酒3種吞みくらべが1100円だという。
なかなか刻んでくるね。

ということで中に吸い込まれてしまった。

basi55

生中は450円
basi56

トマトビールとは?
それはレッドアイのことなのだろうか。それともトマトを原料としてビールを醸造したのだろうか。でも、それはもはやビールとはいわないと思うのだが。

ということで本気呑みセットにした。
理由はちょい呑みだと何か1品を選ばないとならないというのが困ったものでね。

お店のセレクト3種

basi57
フグ皮とサーモンとおでんの3種
なかなか絶妙なチョイスだね。

2杯目もビール
basi58


ここでハートに火がついた。
よし、スシローにも寄って帰ろう。

でも、その前に尼港線の廃線跡地でも見ていくか。


左側の工場の建物は尼港線が走ってた頃には既にありそうな雰囲気だね。
basi59

basi60

数年前まではここに盛り土があったような記憶がある。


basi61
ここも地形的に線路後なのかな。

多分、金楽寺駅があった辺り

basi62

そのまま南へ向かうとスシロー昭和通店だ。

basi64

まだ少し時間があったので更に南へ

basi63
この辺りの妙に細長い区画というのはきっと廃線跡なんだろうね。


basi65
スシロー到着
30分ほどの差で割と混雑してしまい結構、待つことになってしまった。
やはり人気があるね。スシロー


basi66
100円祭開催中である。

basi67

あの真鯛が復刻である。

ということで僕の番号がコールされたので店内へと。

basi68
まずはウニをダブルで。

赤貝
basi69


basi70
鰯という魚はほんと美味しいよね。火を通さない方が癖が出なくていい感じだ。


basi71
復刻の真鯛


煮あさり軍艦
basi72
かなり量が多い。
ネギという薬味は色んな食べ物についてくるけど最近の僕はやや否定的だね。
まあ彩りのために乗せているというのは理解できるが味的には邪魔になると感じることが多くなってきた。
鰯に生姜とネギはありだが煮あさりにネギはないだろうと思うが多数派はどっちだろ。

またウニをゲット

basi73

こちらの店舗ではお店の方が席にやってきておすすめメニューを紹介してくれるシステムになっている。

basi74
今回のおすすめは生本まぐろ6貫盛りだという。
税込1078円とのこと。
まあきっと美味しいのだろうけど、スシローに来る客というはいろいろなお寿司を安価に食べたい派の人が多いと思うのでこれを推してもさほど効果はないように思われるがね。


basi75
赤貝のヒモとキュウリの巻物
いわゆるひもきゅうである。
だいぶ前の酒のほそ道でこの巻物が出てきて以来、食べてみたかったがその機会がないままであったが今回初めて食べることができた。
なるほど超美味いってことはないがなんとなく癖があって食べたくなる味だ。
僕はキュウリに対しては否定的なスタンスであるが、ここにキュウリを入れるのは正解だね。

マグロ
basi76


ブリ
basi77
あまりに艶々しているのでつい取ってしまった。

アワビ
basi78
まあこんなのがたった300円で自分のものになるのなら取らざるを得ないよね。


basi79
鯛のゴマヅケ
鯛にゴマで味を付けるととても美味しいがよく考えてみるとこの味付けだと他の魚でも十分美味しいのではなかろうか。
これだけ濃い味付けをすると鯛の風味なんかはよく分からなくなると思われるが。

上赤身

basi80
50円課金するだけでずいぶんと立派な赤身になるものだなあ。

やはりスシローは美味しいなあ。

3連休の初日はスシローへ

さて、スシローである。
3連休の初日のランチである。

まずは庭の散歩

ro01
商店街にできたコーヒー専門店は早くも閉店のお知らせ
まあ意外性はないか。むしろどういう計算で行けると判断したのかを訊いてみたいところだ。


ro02
2国沿いのからあげ屋さんもいつの間にか閉店してた。
あまり人が入っている様子がなかったからねえ。
店の形態的に扉の中に入らないと購入できないというスタイルが敗因のひとつであると思うがどうだろうか。
あと2国に面しているとはいえここは地元の人はあまり歩かないんだよね。
歩くときはアーケードのある商店街になるのは必然な話でここでしか買えない何かを販売しないと商売は厳しかろう。
個人的には一度お買い得商品を買ってみたことがあるがそれがあまりにお肉じゃない部分であったのでリピはないなと思ってはいた。


スシロー到着

ro03
2国沿いの新店舗である。
うにを食べに来た。
スシローのキャンペーンうにはけっこう美味しい。


ro04
東北三陸うまいもん市が開催中。

さて、まずはうにを。

ro05
って、いちばんのお目当ての濃厚うにまぜそばが入荷待ちだ。
困ったな。主にこれを食べに来たのだが…

まずはフカカツ
ro06
ムネ肉みたいで美味しい。

公式ドリンク

ro07
本来なら瓶の方が良いんだけど残念ながらジョッキタイプしか置いてない。
いわゆる生中は嫌いではないんだけど、気が付いたら無くなってて困るんだよね。

ということでうにをゲット

ro08

ダブルである。

ro09
100円という価格を考えると十分なやつだね。
他の回転寿司屋さんでこの値段だとパサパサの何かよく分からないものが出てきがちなことを考えると大したものだ。

フェアメニューのあわびの海鮮づくし盛り
ro10
あわびとうにといくらと数の子入りの松前漬だろうか。
これはヤバいね。回らないお寿司屋さんだとどれぐらいの価格になるだろうか。
あわびを使用している時点で1000円超えはかたいよね。
最近のスシローのあわびは生でさほど固くない状態になっており良い感じだ。

いわし

ro11
安定して美味しいネタ

再びうにダブル
ro12


はらこ飯風海苔包み
ro13
はらこ飯とは?

まぐろも食べておこう。
ro14


ラストは鯛で出汁をとったわかめラーメン(塩)である。
ro15

ほたても入ってる。これを食べる為だけにここに来ても良さそうな出来栄えだ。



アーカイブ
記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
ブログ村
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ