尼崎ランチ週報

主に尼崎のランチの週報と週末のお出掛けの日記です。

天下一品

尼崎ランチ週報2021/12.27-28 ランチ納め

さて、今年最後のランチ週報である。
最終週は2ランチで冬休みに突入。しばしランチ生活ともお別れだ。

月曜日
今年のやり残しを回収しに来た。


lunch045

天下一品である。
そうあの券を使わないと今年が終わらない。

lunch042

先日無事にゲットした無銭ラーメン券である。
何ラーメンにしようか。

lunch041
味噌ラーメンなんてのもあるんだね。
とはいえお値段は税込¥920とのこと。1杯のラーメンにしては高額過ぎるというのが私の感覚だ。

ということでまずはご飯を。

lunch043
沢庵がご飯の上にオンされている。
まあ小皿の節約というのは分かるがいささか抵抗があるのは否めない。

そしてメイン

lunch044
こってり並にしておいた。
天下一品を食べた後は水が美味しい。

火曜日
近所でお弁当をゲット

lunch046
ごはん大盛である。

終業後、やよい軒にてお買い物

lunch049
なんとあのしょうが鍋定食がお持ち帰りできるという。
できるまで店内待機となるのだが今回はお水の提供はなかった。
やよい軒といえばお水が美味しいことで有名なのでこれは残念。
前回のお持ち帰り時はお水が貰えたのでオペレーションの変更なのか、今回もしくは前回が間違っていたのか。

待機しているとやよい軒アプリが来年新しくなるというお知らせが掲示されていた。
やよい軒アプリリニューアルにともなう一部サービス終了のお知らせ | やよい軒 

あのお米メーターが廃止されるという。
旧アプリの恩恵は確かクーポンを4回ぐらい使っただけで他にはこれといって役に立たなかったし今回のリニューアルで良いことがあると良いね。


lunch047
調味料を見ていると見慣れない調味料が置かれている。


lunch048
オリジナルスパイスとのこと。
見るからに唐揚用という感じだがやはりそこはちゃんと書いておいた方が良いのではないだろうか。
やよい軒の唐揚は本格的で美味しい。

そうこうしている内に割と時間が掛かって鍋定食が完成。
これってあれだよね。自宅で調理をするから具材だけのお持ち帰りというプランがあっても良さそうだ。

ごはんは無銭なのでもろちん特盛で。

lunch050
これは1食分としてはかなり非常識な量で店内で食べててもこんなには食べないのでないだろうかという量だ。


lunch051
そしてしょうが鍋

もろちん土鍋に移して再加熱してから食べることに。

lunch052

意外と具がたくさん入ってて良い感じだね。

今年の簡単な尼崎ランチ年報
回数は220回
使用額は158902円で平均すると722円となる。
近年ではかなりの高額となってしまった。
安い年だと600円を切っている年もあるのだが…

新コロナ禍で大変な飲食店の為にという名目でやや使い過ぎた感があるのは否めないね。

ランチを食べたお店の回数ランキングという観点ではここ3年1位であった街かど屋さんが11回で6位に転落してしまった。やはり開店時間の変更というのは痛い要素だ。
モーニングランチというのは習慣化しないと行くのが億劫になる。

1位は14回ずつでグローブテラスとマキが並んだ。
3位にはきらくが1回少ない13回で続いている。

2桁にのったのは王将、松屋、街かど屋、スシローというあたり。
スシローランチがランチ平均額を押し上げているのは間違いない。
スシローの平均額は1309円となる。
スシローを抜いた場合の平均額は694円となった。

最も高額なランチは土用の丑の日のうな丼で2050円であった。

尼崎ランチ週報2021/11.8-12

さて、ランチ週報である。
今週は5ランチ

月曜日
アマゴッタの離れにあるリカーズさんへ
生姜焼き定食にしようと思ったが売り切れとのこと。
生姜焼き定食売り切れなんて生まれて初めての事態だ。
長く生きてみるものだねえ。

lunch841
ということでトンテキ定食にしてみた。
ドリンクメニュー

lunch842

このお店に限ったことではないが量が明記されていないというのはどうなんだろうね。
まあなんとなくお店の雰囲気からそらなりに想像はできるし、多くの場合はその想像からの大きな隔たりはないが今後はどうなるのかはわからない。
そう考えると瓶ビールというのはその点優れているなあ。
大中小で容量は決まっている。



lunch843
カウンター席にはいちおうピッチャーが置いてあるが全員にストレスなく行きわたるという配置ではない。

そのようなことを考えている内に僕のトンテキ定食が到着。

lunch844

ここの定食はおかずが多くて良いね。
トンテキにズームイン

lunch845

写真だと物足りなく見えてしまうがけっこう良い感じだった。

夜食

lunch846
寄り弁化したえびピラフ

オオジで購入
lunch847

lunch848

lunch849

かつおのたたきはもう季節的に戻り鰹なのだろうか。

lunch850
リピ必須の極味鶏の炭火焼

火曜日
ちょっと用事があり阪神尼崎駅方面へ
満マルさんへ
lunch851


豚キムチ定食にした。
lunch852

終業後、庭に出てみると新しいお店がいつの間にかできていた。
lunch853

大起水産さんのお隣に#AREA89というお店ができているようだった。
店の外の看板をチェック
lunch854

チキンのお店みたいだね。

よく分からないし、高額なのでお隣の大起水産さんにて煮付を購入
lunch855

カラスガレイである。

lunch856
生前の姿を見たことはたぶんないけどきっと皮の色が黒いんだろうね。


水曜日
久しぶりに喜三太さんへ
lunch857
調べてみると昨年の9月以来のようだ。

今回もチキンカツ定食に
lunch858
チキンカツは前回と同様であるがおかずが豪華になっていた。
この辺は日替わりなのかな。
サーモンのお刺身と山芋にごはんですよが乗っているものが出てきた。
これは豪華で良いねえ。

と、これを食べながら思い出した。
そうだ、今日は11月10日だ。
天下一品に行かねばならぬと思っていた日だ。
ランチでさくっと食べて来ようと思っていたがすっかり忘れていた。

ということで
終業後
lunch859

前に10人には満たない程度の列ができていた。
仕方ない待機するか。

お隣の大貫さんのメニュー
lunch860
セットは単品より100円安いとのこと。
価格設定はお店の自由だがやはりラーメンとやきめしでこの価格はちょっとしんどいものがあるなあ。
基本的なセットだと思われる半チャンセットが1340円か。
立派な定食が2食食べれるお値段だよね。
まあその価格設定でもお店はいつも混んでるんだから大したものだ。

lunch861
列は前に進み店の前に
そうこの日はラーメン並1杯無料券の配布日だ。
昨年はコロナ禍で中止、今年も同様であったがこのところの感染者減を受け急きょ創業記念ということで配布イベントが開催されることになった。

lunch862

メニューは限定
lunch863

とりあえずビールを発注
コロナ対策でカウンター席には仕切りが置いてある。
そしてその為、座る場所によって使える調味料とかピッチャーとかティッシュに差が生じている。
こういうのって店の中の人は気にならないものなのかな。

僕の座った場所には調味料はあったがお水のピッチャーがなかったのでお隣さんが席を立ったタイミングでさっとゲット
lunch864

でも、ティッシュには手が届かない。

店内は混乱しているようで僕の注文品が後から入店した隣の人に届けられて、隣の人がこれは違うと店の人に言うと何故かそっちの方に先に注文品が届きこちらにしばし放置されていたと思われる僕の注文品が届いた。この件はこちらにはバレバレなのだがそのことに関しての断りはなし。
まあ仕方ないか。
どうせ年に最大2回しか来ない店だし。


lunch865
並ラーメンこってりとライスにしてみた。


lunch866
無事に無銭ラーメン券をゲット
利用期間は年内か。
今年も終わりが近いね。

lunch867

店を出ると列はなくなっていた。


その足で玉出へ
なんとなく電子レンジに目がいく。
lunch868
ハッシュドポテトのラベルが貼られている。
1月ほど前に貼られたものだと思われる。やはり民度が低いな。
イカリスーパーとかだとまずないことなんだろうね。


lunch869
求人のお知らせもやはり雑な感じ。
よく見かける表現だが「時給¥992~要相談」って結局どういう意味だろ。

お店の外になにやらたくさん貼り紙が…
lunch870

lunch871

なるほどよく見かけるよね。
で、おそらく赤が一番最初に劣化して見えなくなって謎の貼紙化しそうだがどうなるだろう。
っていうか、飲食は禁じてないんだ。

で、この貼紙を文言を守って行われたであろう宴の跡がこの場所から少し離れた端の方で確認できた。
lunch872

玉出では焼豚を購入

lunch873
これは僕の好きなタイプの焼豚だな。リピありです。

木曜日
天遊へ
外から中を確認すると空席あり。

日替わりを確認
lunch874
しおラーメンとカボチャ―ハンだという。
チャーハンにカボチャなんて珍しいな。まあカボチャーハンって言いたいだけ感は否めないが。


lunch875
そういや長崎チャンポンってどんなだっけ?


lunch876
僕の日替わり

終業後、玉出へ
レジ前に変わった売り場ができていたのでちょっと買ってみることに。
lunch877


lunch878

ポップの「各種 餅」という表現が玉出らしいよね。


金曜日
JR尼崎方面のYOU家さんへ
lunch879
このランチメニューって毎日更新されているのかなあ。

店内へ
lunch880

久しぶりだから忘れていたがこの店はランチタイムも喫煙可の店だった。
店内に1人煙草を吸っているのがいるようで臭いが漂っている。
こういう場で喫煙するようなのは〇ねば良いのになあと思いながら待機。

この日のランチはもろちんカキフライ
lunch881


カキフライにズームイン
lunch881

もう少し経てばもっと美味しくなるはず。


いちおう近隣のランチ情報をリサーチ

焼鳥センターさんのランチが再開されているようだ。
lunch882

日替わりは650円
店の外からは内容は確認できず。
おすすめはレバ丼だというが大量のレバーを食べるのは個人的にはなかなかしんどいものがあるなあ。

夜食

まぐろが安くなっていた。
lunch883

柵から刺身を切り分けるという作業はけっこう楽しい。
lunch884

半分は今晩食べて、残りは漬けにして明日食べよう。



塚口でカレーとラーメンと餃子のランチ

さて、ちょっと用事を済ませに塚口へ行って、ついでにランチでも食べようかと。

まずは庭のパトロール
松のやさんの新メニュー

tuka01
フォアグラ×ポルチーニでコロッケとかなんともけしからん商品だなあ。
フォアグラの美味しさはギリギリ分かるけど、ポルチーニの味って僕にも分かるのかな?
食べた記憶がないしね。
日替わりランチのメニューでポルチーニなんて見たことがないや。
余談だが、これまで見た中で日替わりで一番高額そうなやつは鰻かな。

いつもの信号のシグナルは…
tuka02

歩行者側が赤、そうじゃない方が青。
この場合は軽車両および車両は通行可という認識で良いのだろうか。
とはいえ人間心理としてはこの状態の信号の時にどのような行動を取るのかはいささか悩ましい問題だと個人的には考えている。
で、お前はどうしたかのか、って?


それはさておき、また雨だ。どうも今年も週末になると天候が崩れる傾向にあるよな。
ということで、バスを利用してみることに。

tuka03

なぜか先頭の人が枠の中に収まらない場所に並んでしまったので、後に続く人もなんとなく枠の外に並ぶというなんとなくモヤっとする状態。
だがしかし、「君たち、ちゃんと枠の中に収まって待機したまえ」などと大声を出すと通報されてしまいそうなので大人しく枠の外にきちんと並んでバスの到着を待つことに。
今回は元尼崎市バスの阪神バスを利用。
阪急バスよりもこちらの方が時間が掛かって得な感じだ。
速達性だけがバスの良い所ではないからね。


tuka04

このバスも最前の座席は使用不可に。

塚口へワープ
阪神尼崎から阪急塚口だと自転車とバスで時間の差はさほどないが、この日のように雨が降るような天気の日にはバスは非常に便利。
雨に濡れる心配がない。

到着
塚口に。

tuka05


この緑のやつはどちらの車両だっけ?


阪急塚口駅前
tuka06


石碑が建ってた。こんなのあったっけ?

tuka07


現代に置き換えると300年後の2320年頃に尼子騒兵衛先生が漫画を描く用の机がモニュメント化されるような感じだろうか。
ご本人はどんな気持ちなんだろうね?
「オレ、硯使ってねえし」なんて言うかもしれないね。

ランチは決めてある。
ここ。
tuka08
アングルさんである。
まあ、言わずと知れた塚口の有名なカレー店。
尼崎在住でここのカレーかシチューを食べたことがないなんてモグリの尼崎市民だと言われてしまいそうなお店であるし、そういう意味では僕はやっとまたひとつモグリの尼崎市民要素を消すことができるという記念すべき日だ。

店内へ。
ピークタイムを外してきたので空いてる。

tuka09

普通のカレーと特選のカレーがあるようだ。
1000円以内で提供するぞという、その意気やよしということでここは特選カレーを注文することにした。
値段をみると¥1015と印刷されているが、これは何かの間違いだろう。

しばし待機

tuka10
出た!
グレイビーボートで。




まあどうなんだろうね。結局はこのようにライスの上に全部掛けちゃうのでこのカレーに関わるみんなの手間がこのボート分だけ増えてしまうのだが、外食の楽しみは手間を省くだけではなかろう。


tuka11
こうなった。
なるほど、肉がゴロゴロでビーフシチューのお肉のような状態だ。
僕が苦手な脂身が多そうな雰囲気だがこうなってしまうとよく分からないので食べちゃえるね。
肝心のカレーはいささか酸味を感じるカレーのようだ。
酸味のあるカレーについては賛否両論あるようだが、僕はそっちのタイプも結構好きだね。
カレーだからといってやたらと辛いカレーも世の中にはあって、そういうのも嫌いじゃないがやはり食べものとして辛さはほどほどが良いかと。

会計は表記どおり1015円(税込)
やはり消費税の増税の影響なのだろうか。

近隣のランチ店の調査

tuka12
タントさん

tuka13
マーレさん

この2店もそのうち来なきゃね。

tuka14

はやぽんさん
日替わりは海鮮と牛炙りの相盛り丼という欲棒に忠実なメニューだ。
これって1000円なのかな?
肝心の千の位がぼやけてて不安になる。



tuka15
さかな魚さん
ミドルレンジのお寿司屋さんというのは立ち位置が難しい時代だよね。
終日お得なセットがあるというのは良い感じだ。


tuka16
炉端のじんべえさん


tuka17
まいどおおきに食堂のような名前であるが、これはフジオさんのお店ではない。
フジオさんのおおきに食堂の原型となったと思われる食堂だね。


tuka18


tuka19

出来上がった小鉢のおかずが棚に並べてあって、好きなのを取るというシステムで一部の品は注文してから作ったりするのかな。
なかなかに魅力的なシステムであるが、どうも僕はこれが苦手でね。
理由のひとつが客と店の間に阿吽の呼吸が必要になるという点。
ローカルルールがある場合が多いんだよね。このタイプのお店は。

まあ、それに関しては一見客がいちいち気にしても仕方がないことなので大した問題ではないが、もっと大きな問題はこの形式だとついあれもこれもと手を出してしまうという点。
ひとつひとつを見ると安価な値付けであるが、だからといって食べたいのを全て取ってしまうとかなりの金額になるが、だからといって食べたいものを我慢するというのも嫌だ。

その辺のバランスを考えるとやはり日替わり定食というのは大した発明だと思う。
規定の金額でお店の人がちょうど良いと思うようなセットが提供されるなんてとても良いよね。

そして、そういう点に対する満たされない思いがバイキングに行くと解消される。
そうか、だから僕はバイキングが好きなんだ。

また気軽にランチバイキングが食べれるような世の中になったら良いのにね。

とりあえずこのボードに掲載されているメニューは全部食べたい。
僕はあまり好き嫌いがないのでね。
全部食べたらおいくらになるのかな?
試しに計算したら3000円を余裕で超えてきた。
やはりこの形式のお店は僕には向いてない。

イカリ君が呼んでる。
tuka22

いちおう高級マーケットのイカリスーパーへマーケットリサーチへ。
2F部の喫茶店の推しメニュー看板が変わっていた。

tuka23


ロールキャベツランチか。
写真で見るとロールキャベツが超小さいように見えるが、そうなのかな。
ここのメニューになっているということはマーケットで販売されているということだろう。

マーケットへ入ると入り口付近でこのロールキャベツが展開されていた。
やはり良いお値段だ。
ロールキャベツを作る手間を考えるとまあ仕方ないんだけどね。

店内ではチキンカツが販売されていたが内容量が多すぎる為、購入は断念。

再び駅の南の方へ。
踏切

tuka24

あの小汚い看板にはさんさんタウンと書かれている。
もしかすると最古のさんさんタウン看板なのかもしれないね。

電車が通過

tuka25
1114だ。
2018年製造というかなり新しい車両のようだね。
阪急は車体を綺麗にしているので古いものと新しいものの見分けがいまいちつかない。


tuka21

ここから先は歩道がないなどと。
ひどい話だ。

渡った側に2軒目のお店。
いわゆるセカンドランチだ。

tuka26

ぎょうざの満州さん


tuka27

何故かは分からないがここでセカンドランチを食べなければならないという気持ちになっていた。

びんビール中瓶がなんと20円のプライスオフだという。

入店
tuka28

タッチパネル端末を用いての注文となる。
まあ、便利で良いんだけど僕がこの日頼もうと思っていたのが餃子1人前と満州ラーメン。
これらを単品で頼むよりもセットになっているのを頼む方が少し安価である。

人間の対面注文だと、それぞれ単品で注文したら「セットにした方がお得ですよ」なんていうアドバイスが店員さんからあったりなかったりと人間的なやり取りもあるのだが、この形式だとそういうのが多分ないのだろうなあ。

こんなことを書くときっと僕が少し割高になるそれぞれ単品での注文をしてしまったのかと思われるかもしれないが、そんなことはない。
ちゃんと罠は回避した。


tuka29
20円安くするというその意気やよし、ということでびんビールを発注。

小皿に餃子のタレを準備して待機。

tuka30
3割うまい

まずはラーメンが到着。

tuka31
なんてことのないラーメンだが僕はこういうラーメンが好きだね。
汁物の延長線上にあるようなやつ。

中華定食なんかを頼むと小さな器に入っているスープに麺が入っているようなのが僕にとってはちょうど良いラーメンだ。
ワカメは良いね。同じ海藻ではあるが、海苔よりはラーメンのメンバーである必然を感じる。

餃子
tuka32

これはどうだろう。
もちろんそれなりに美味しいが、皮とタネの一体感に欠ける感は否めない。
味の癖はいささか薄いなあ。
まあ、餃子の比較対象は常に餃子の王将のものになってしまうので正当な評価であるとは我ながら思えないがね。
餃子の王将の餃子は異質な餃子なのに覇権を取っていて他の餃子がやりにくくなってる感がある。

天下一品
tuka33
無料券付ラーメンチケットの詳細をググってみた。

プレスリリース
お得な「ラーメンチケット販売」第2弾のお知らせ | 天下一品メディア 

要するに3杯分の金額で4杯ラーメンが食べれるよ、というもののようだ。
今年の天一の日には例年通りのサービスが行われると良いな。
天一4杯は僕の2年分の天一量だから、このサービスはなかなかに利用しがたい。


塚口のあっちゃんのからあげ屋さん。
tuka34
ここが本店になるのかな。

帰尼
まあ、塚口も尼崎だけどね。


tuka35

カウンタックなどが入っていたビルがすっかり綺麗になくなっていた。
へえ、こういう形だったんだ。
お隣のパチンコ屋さんも色々と苦労してこの形のビルにしたんだろうねえ。

左端の横綱と寅吉の看板もなんとも言えないなあ。
こんなに綺麗な形で看板だけ残ってたなんて…

っていうか、開店当時はあの場所に掲示されてる看板が外から見える状態だったのかな?
まあ、そうじゃなきゃこうはしないだろうけど。

ということでググってみた。

これは2011年2月の様子
tuka37
四国銀行の駐車場の入口?でこの看板の部分は見える状態だったんだ。
見えてるからといって見てるかというとそれは別問題ってことか。

っていうか、「とんかつの喝」なんて随分前に閉店した店だと思っていたがいつまであったんだろうか。
この画像自体が10年も前のものだしねえ。
いちおう「店名+尼崎」でググってみたが、出てきたのは自分のブログの記事だけか…

跡地には何が建つんだろ?

庭へ
十日戎の時は人が密だったので参拝していなかったので、この日改めて尼崎えびす神社へ公式参拝。
tuka36

商売繁盛を願っておいた。


アーカイブ
記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
ブログ村
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ