尼崎ランチ週報

主に尼崎のランチの週報と週末のお出掛けの日記です。

定食

尼崎ランチ週報2021/5.24-27 緊急事態宣言終わる?

さて、ランチ週報である。
今週も4ランチ

月曜日
庭のうどん屋さんへ。

lunch184
菊うらさんである。


lunch181
天ぷらはそのつど揚げとのことだが、フライはどうなんだろうね。
そんなに待たないのだろうか。
ヒレカツ定食を頼んでみたい気持ちもあるが、それは今後の楽しみにとっておこう。

ということで、発注は親子丼定食
5分程で到着。やはりランチはスピードが大切だね。

lunch182

ミニうどんと親子丼とお漬物。
さて、ここからは僕の個人的な感覚なのだがこの組み合わせは定食ではなくてセットなのではないだろうか。
定食を英語化するとセットでほぼ間違いがないようには思うが、日本語としてのセットはこの組み合わせであり、定食を名乗るにはあと一品必要になるのではないだろうか。たとえば冷奴とか切干大根とかね。
とはいえ、お漬物があるから定食であるという理論もまた正しいと考えざるを得ない。
だって、単にセットだと丼とうどんのみのことだ。
でも、丼にデフォルトでお漬物が付いてくることも多い。

まあ、単品丼に+100円でうどんが付いてくるのだから文句を言わずに黙って食べろって話だよね。

親子丼部アップ
lunch183

割と固め仕上げなのかな。
卵の火の入れ方は難しい。
理想がどの火の入り方であるかについて万人の共通認識がある訳ではないし、私という個人でさえ固めも柔らか目もその時の気分によって評価が異なるし、よほど生かカチコチでない限りは特に問題なく美味しく食べることができる。
ゆで卵もそうだよね。固めに茹でたものも半熟のものもそれぞれに良さがある。
そう考えると、親子丼を頼んだ時に卵の火の入れ方はどうしますか?なんて訊かれたら困っちゃうな。

近くのお花屋さん
休日はフリーマーケットが開催されるとのこと。
lunch185

メダカの販売もあるそうだ。
メダカとカダヤシの見分け方について学んでおこう。


夜食
杭瀬のサンエーさんへ
lunch186

半額というのは良いものだねえ。
lunch187

ピンチケをゲット。


このところ思うところがあって日々のビールを淡麗グリーンラベルに置き換えている。
とりあえず置き換えるだけで金額、カロリー共に3割ほどカットできる計算になる。
じゃあ、その分味も3割減かというとさにあらず。
これが意外と飲める味だ。
金額でいうと単純な計算で置き換えるだけで年間10万円ほどの節約になる計算だ。これはなかなか大したお話だ。
まあ、重要なのはその10万円で何を成すかなんだけど、今のところこれといって…
1年後にPS5でも買ってみようかな。

半額海鮮丼
lunch188


開封

lunch189


なかなか良いね。
これに課金アイテムを加えてみた。

lunch190


足が痛むのも是非に及ばずか。
美味しいものを食べて短命ならばそれはそれで良いことだろう。
中途半端に生き長らえるパターンもありそうだが、その時はその時で楽しみを探せば良い。

翌朝
ランチ時に気になっていた双葉寿司さんのテイクアウト展開の確認を。
前日、前を通ったら物販台を出して物販を行っていた。
その時は急いでいたのでちゃんと見ていなかったので確認だ。
こういう地道な活動が大切だよね。
lunch191

特上握りは早朝だけど売切れ?
っていうか、寿司の値段は?
で、うなぎのお弁当は値段しか書いてないという。

もう1枚掲示物があった。
lunch192

お寿司のお値段が分かった。
これが高いか安いかは質次第であるが、このお釣りに小銭が大量に必要になる価格設定はうんざり感あるね。で、これまでの双葉寿司さんの会計のパターンからいうと10円単位で切り下げにしたりするのだろうか。
この辺の感覚はいまいち僕には理解ができない。
もう、1000円と2000円と3000円にすれば良いじゃないかと。
内容はお店の都合次第でどうにでもなるんだし。
で、隣のワンコイン風の唐揚げがワンコインじゃ買えなさそうな件も…

火曜日のランチ
グルメ街のどこかで食べようと思って来てみたが、営業してない。
火曜日はここ定休だっけ。
lunch200


これは困ったな、と超久しぶりにこのおそば屋さんへ。
lunch193
更科さんである。
僕の蕎麦かぶれもすっかり収まったようで蕎麦を食べたかったら杭瀬の三和製麺所さんの生そばを買えば良いという結論に収まった。

蕎麦かぶれてる時に学んだ知識として「更科」は白い蕎麦であるということ。
なるほど、じゃあこのお店のお蕎麦は白いタイプのはずだ。


lunch194
肉そば定食を発注。うどんとそばが同値段である点が不思議だね。

lunch195

最近、価格改定がなされたようだ。
けいらんうどんが800円で他人とじうどんが850円というのはどちらの価格が適正でないのか調査が必要かな。
単品でカレーライスがあってこれが830円、でカツカレーライスが900円だという。
カレーライスが830円ならカツカレーは少なくとも1000円を超えるのが適正な価格だと思われるがどうなんだろう。単品とんかつ600円って書いてんだけど。
っていうか、ここいちおうお蕎麦屋さんだよね。どうも謎が多い価格設定だ。

他にも色々と謎が多い価格設定であるが、きっと店主が適当に決めてるんだろうね。

と、そんなことを考えていると僕の肉そば定食が到着。

lunch196

そうそう定食を名乗るならこれぐらいの豪華感が欲しいね。
蕎麦は屋号とは異なり田舎タイプ。
まあ良い意味でこだわりのないおそばだね。
で、この定食の中でダントツに美味しいのがお漬物。
自家製なのか、近所のお漬物屋さんから買っているのかは分からないけど、美味しいお漬物だった。
漬物なんてのはちゃんとしたお店で買うと美味しいことは分かっているけど、量的に多くて持て余すんだよねえ。
まあ、いつも食べてると慣れちゃうだろうし、たまにこれぐらいの量を食べるぐらいがちょうど良いのかな。


更科さんのお隣の空き店舗
lunch197

ここも随分と長い間空き店舗だなあ。
確か日本料理のお店があったような記憶があるが…

ググってみた。
lunch215
いちおう2016年頃は店の名前が残っていたようだ。
日本料理もり田さんと案山子という名前も見える。

これらのお店の詳細はググってもこれといった情報は出てこないなあ。
店主の方は常連のお客さんからタモさんって呼ばれていたのかな?

近くの掲示板の情報
lunch198

6/5にエコあまフェスタが開催されるようだ。
最近このSDGsって流行ってるよね。
まあ個人個人が心掛けるというのは良いけど、世の中にはとんでもない悪人がいるらしいからなあ。
そんな悪い人の心にも響けば良いんだけど…

僕にもできそうな活動は飲食店の夜営業で余った食材で作った日替わりランチを残さずに食べることぐらいかな。
あっ、それと半額惣菜の購入も立派なSDGsだと思われる。
なんだ僕もちゃんとSDGsしてんじゃん。

牛ごろさんのランチメニュー
lunch199

この店舗はかつてとんかつ屋さんだったよな。
尼センとリベルにお店を移して最後はこの店舗だったはず。
尼センとリベル、どっちが先だったかは記憶が怪しい。
でも、尼センのお店とここの店舗では食事をした記憶がある。「とん久」って名前だっけ。

平日お昼のあま屋台
lunch201
今後、どうなっていくのだろうか。

終業後、杭瀬方面へ2国を東上
lunch202

日本推進工法の発祥の地の碑

lunch203


僕は土竜じゃないのでこの工法がどう画期的であったのかはよく分からないないが、きっと素晴らしい発明であり、以後も役に立つ工法であったのだろう。

夜食の購入はオウジさんだった。
lunch204

SDGs活動だ。
lunch205


水曜日
JR尼崎駅の方へ。
lunch206

きさらぎさんにしよう。
750円でこの内容は良いねえ。

メニューは日替わりしかないので、特に注文はしない。
座ったらお茶を持ってきてくれて、しばし待機するとランチが出てくる。

lunch207

ランチスタイルとしてはほぼ理想的なかたち。
で、1種のみの日替わりだからといって全てが事前に準備されているわけではなくて、刺身は注文が入ってから切るし、焼き鯖も多分注文後焼き始める。まあ、焼き物に関してはタイミングがありそうだけどね。

夜食
lunch208

カルビーのプロ野球チップスを購入

lunch209

藤川球児選手、いや球児のLEGENDカードが出現。
lunch210

ドラ1ということもあり、入団後数年間のイマイチな時期を割とよく見ていた。
翌々年のドラ1の藤田太陽選手とセットでね。
球児と太陽よ…と。

高卒ドラ1が活躍せずに引退するなんて例はたくさんあるし、球児もその1人かと思っていたら2005年から大活躍。
一過性のものかと思っていたら結局、2019年まで輝きが無くなることなく活躍し続けていた。
一時期、色々とあったけどね。

木曜日
モーニングランチ
lunch211

7時台のモーニングランチである。
納豆の朝定食+豚汁変更

lunch212

もちろん、100円割引券使用である。
豚汁を実質20円のギャラをもらって食べているようなものなのでこれはとても素敵なモーニングランチだなあ、と。



阪神尼崎駅に寄ってみた。
lunch213


おじさんが唄を歌っていた。許可は取っているのだろうか?



デイリーカナートでお好み焼きを購入

lunch214

数年前にたまたま見ていたテレビでデイリーカナートのお好み焼きは美味しいと評判であったので一度は食べてみたいと思っていたのがやっと叶った。


かつら03

さて、桂離宮見学の後…

その辺を適当に散歩

katura48

店は開いていないが居食処の濱夕さん。
初見時には完全に昼食処に見えて、これはランチ専門店に違いないと…

店の外に貼ってあったメニュー

katura49
居酒屋みたいなメニューだなあ。

正直にいうと今、この写真を見て初めて居食処だったんだと気がついた。

駅の東側のランチタイムには結構、混んでいたうどんのお店のメニューを確認。
つるめんさんである。
katura50

ランチは定食なしとか、それはなんでだろ?
と思い定食を見たら確かにうどん屋の枠を超えたちょっと手間の掛かるものが定食になっているようだ。
お昼にスルーした理由は店の前で待ってる人がいるというだけの理由であり、もしかしたら平行世界の僕はこちらでランチを食べていたのかもしれない。

それにしても定食というのは素晴らしいね。
ごはんと汁物、香の物。そしてメインの一品と小鉢という組み合わせ。
これは日本の文化の極みだと思わないか?

そして日替わり定食というシークレット要素を含んだ更なる高み。
日本に生まれて良かったと思う。

好きな食べ物を訊かれたら公式には「ピザ」と答えるが、本音は「日替わりランチ定食」かな。
でも、そう答えると変な人だと思われるだろうしね。
日替わりのメインがピザだったら大変なことになる。





katura51
きっぷ名人で帰りの切符を買おうとしたがなんと売り切れだ。
しまったなあ、買っておけば良かった。
だがしかし、その後の展開次第ではここに戻ってこない平行世界の僕の可能性も捨てきれなかったので買わなかったんだよな。
それゆえ、これもまた是非もなしだ。

駅の西側もいちおう確認。

katura52

これがメインのビルらしい。

ごはん日和さん

京都ローカルの惣菜屋さんだろうか。
僕がどこでもドアを持っていたら全国各地のこうしたローカルな惣菜屋さんの惣菜を日替わりで買って食べることができるのになあ。
「ローカル惣菜を食べたいな♪ はーいどこでもドア♪」みたいな感じで。
そう考えるとドラえもんのひみつ道具というのは大した発明だと思うし、それに近いことができるインターネットってすごいよね。

katura53

桂駅の西側
電車がいっぱい停まってる。

駅中のランチ店
katura54
アメリカ人は50円アップなのかな?

再び梅田経由で帰っても面白くないので、十三で乗り換えて園田へ。

katura55



園田駅の阪急プラザのりんご広場

katura56
園田ってりんごとなにか関わりがあったっけ?

惣菜屋さんでハンバーグを購入することにした。
中井商店さん
katura57
なかなか立派な煮込みハンバーグがなんと1個220円。税込だった。
近所だとヘビロテものだよね。
他のも美味しそうだし、やはりなんとかしてどこでもドアを手に入れないと!

帰宅の手段はバス
katura58

ずいぶんと色んなルートをバスが走っているものだなあ。

どう見ても最近書かれたとは思えない看板。
katura59

とはいえ、ひったくりに対する警戒は怠らないようにするべきだね。
ひったくりなんてのがいない世の中だったら良いんだけど、現実にはそういうのが存在する。
個人的にはひったくりに対する刑罰は死刑で良いと思っているが、現実的にはそうもいかないのだろう。

来たバスはあまっこちゃんシート仕様のものだった。
katura60

リンク先を開くと、「イベント等に無償で「あまっこ」着ぐるみを貸出します。」などとよく分からないことが書いてあるが、着ぐるみってなんだろ?

「あまっこ」図版に関して個人的かつ非営利目的に関しては申し込み不要とのことだが、じゃあ僕のブログにあまっこちゃんを登場させても良いのかどうかはガイドラインをよく読まないと分からないよね。


バスは30分ほどで阪神尼崎駅に到着。
この桜は今年も綺麗に咲くのかな。
katura61


ごん兵衛さんが弁当のテイクアウトを始めたみたい。
katura62

あのごん兵衛さんが弁当を販売するなんてすごい時代だなあ。
なんか安いし。和風オムライスってどういうことだろう。

katura63
3丁目カーニバルのガチャ
これは良いね。
ぷにっと刺身6 マスコットBC
株式会社J.ドリーム |ワクワクを生むアミューズメントグッズの企画製造 


戦利品
ハンバーグとごはん
katura64


チキンと赤魚
katura65






アーカイブ
記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
ブログ村
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ