尼崎ランチ週報

主に尼崎のランチの週報と週末のお出掛けの日記です。

杭瀬ランチ

尼崎ランチ週報2021/9.21-24 SW

さて、ランチ週報である。
今週はSWで4ランチ

火曜日

lunch471
きらくさんへ。
日替わりはカレーうどんだという。

そういや久しくカレーうどんなんて食べてないなあ。


lunch472
通常メニューにもカレーうどんはあるが950円と高額であるためこれまで食べたことがなかったし、僕は日替わり専門だからなあ。


lunch473
今回もピッチャーの提供有り。
やはりピッチャーがある店は良い店だ。


lunch474
日替わりカレーうどん定食である。


lunch475
葱が青々としている。
底の方に牛すじが沈んでいるし、カレーをご飯をかけてカレー丼にと。なかなかに楽しみの多いカレーうどん定食であった。

終業後
コノミヤさんへ
週末イベントの告知
lunch476
駅弁フェアが開催されるという。


オオジさんでカツオのたたきを購入。
lunch477

lunch478


水曜日
グローブテラスへ

lunch479
日替わりはオムメンチカツだという。
一品はハム

lunch480

待機番号は9番

lunch481
ほんと数字の6と9は紛らわしい。
9はフジモンだね。

ハムはとりあえず1皿ゲット

lunch482


僕のランチナンバーがコールされたので取りに行くことに。
lunch483
ほお、こういう感じか。
側面図

lunch484
なかなか非常識なサイズ感のメンチカツで嬉しくなってくる。

食後のいつものアングル

lunch485

この日は幼稚園の運動会が開催されていたようだ。

lunch486

めぐみ幼稚園とは?

「幼稚園をはじめようと思っているんだ。名前は決めてある。愛情の愛と書いてめぐみ。愛に恵まれるように…」
そんな感じで決まった名前なのかな。

夜食
日新ナポリタンが安かったので。

lunch487

やはりインスタント業界では日新さんは抜きん出ているね。

兵庫県産のたこというのが販売されていたので買ってみた。

lunch488
これがかなり美味い。
これまでに食べたタコ刺しの中では一番美味しいんじゃないだろうかってぐらいの感じだった。


木曜日
松屋へ

lunch489
新作カレーの復刻版という表現が適切なのだろうか。
確かこのマッサマンというカレーは昨年も食べた記憶がある。
調べてみたら、今年の2月だった。
尼崎ランチ週報 : 尼崎ランチ週報2021/2.1-4 節分

マッサマンの謎についてはまた今度調べてみることにしよう。

lunch490

非現金決済だと交通系ICが最強だと思うのだがそういう世の中になる日はいつ来るのだろうか。


lunch491
待機
向こう側のたくさん残っているのはこれで完食だったようで店員さんが片付けていった。
もしかするとどうしようもない事情があったのかもしれないが食べ残しという行為は個人的にはできないことであって、それをしたら出禁になっても止む無しなことだと思っているが飲食店での食べ残しってどれぐらいあるものなんだろうね。

lunch492
マッサマンカレーである。
松屋のカレーはセパレート提供だがこれは面倒くさいなあ。
せめてセパレートと一体型を選ぶことが出来たら良いのに。


lunch493
メインの具材は鶏肉とじゃがいもかな。

松屋の隣の三代目鳥メロさんの店先のワタミの宅配お弁当のご案内
lunch494
三代目と聞くと反射的にKONAMONを連想してしまうが、今は何代目なんだろう?

それでは聴いて下さい。
三代目KONAMONでクウネルガンバ


夜食
肉が安かった。
lunch495

兵庫県産のタコを買い増し
lunch496


うなぎのお寿司が安くなっていた。
lunch497


lunch498

まあ意外と悪くないね。

金曜日
杭瀬へ
lunch499

ここ杭瀬では独自の法律があるようで横断歩道上への駐車は特に問題がないようだ。
いつ来ても停まっているし、そういうルールになっているのだろう。

饂飩まるとくさんへ。
あの100円オフプライスになっているというランチを食べようと思って。


だがしかし、席に座るとこのような案内が。

lunch500
ワンコインランチがあるという。
中落ち丼とうどんのセットが500円。
数量限定か。
いちおう訊いてみるか。

訊いてみた結果、まだ残っているというのでこれにすることに。
待機中
その他ランチを確認

lunch501

lunch502

お茶とピッチャー?

lunch503
湯のみのサイズと比してずいぶんと小さな急須だなと思ったがこれは醤油入れだった。
あぶないあぶない。危うく醤油を飲むところだった。


lunch504
で、この日の限定メニューが出現。
なかなかに非常識な量の中落ちだ。しかも美味しい。
これが500円とかちょっとヤバいね。

食後、ついでにとりよしさんで焼鳥を購入。
lunch505


lunch506
ここのバイキングも一度は来てみたかったが営業しているのを見た記憶はないなあ。

ということでググってみた。

sirakawa
これは2013年の映像となる。
営業してるようなしてないような雰囲気でなかなか中に入るのは難しそう。
そうか白川という名前だっけ。
おかわりおじさんがここのことを書いていたような記憶もあるがどうだっけ?

終業後、玉出へ。

lunch507
北海道物産展開催中とのこと。
相変わらず怪しいラインナップであるが、今回初めていかめしが販売されているのを発見。

lunch508
いちおう1パック確保しておいた。
食べたのはかなり前の記憶になるがけっこう美味しかったように覚えている。


lunch509
北海道風豚丼というこれもまた怪しい商品を夜食に。


lunch510
昨日の牛肉をマシマシにしてみた。


lunch511
とりよしさんの焼鳥
まあ、あれだね。専門店さんだけあって鶏肉は良いんだけどタレが…
この手の形態で焼鳥を販売しているお店はけっこうあるけど、タレは諦めて塩のみにした方が良いんじゃないかな、と。



尼崎ランチ週報2021/7.5-9 RC

さて、ランチ週報である。
今週も5ランチ

月曜日
なんとなく杭瀬の方へ。駒川さんに行こうかな。


lunch001
杭瀬栄町商店街の西側の入口部の角地の様子がまた変わっている。
看板が増えているがどれが正解なのだろうか。
気になってググってストリートマップの過去写真を確認したが現状の姿になったのは2019年ぐらいでそれ以前はただの空家だったようだ。
もっと前からこのような雰囲気だったと思っていたがそうではないんだね。
2017年のストリートビューの写真

lunch059

あまりこの件に首を突っ込むとややこしいことが起こりそうなので、へえそうなんだってぐらいで。

駒川さんの日替わりはチーズインメンチカツと目玉焼き
lunch002
あまりそそられないがまあ良いか。
ABCラジオと提携しているのだろうか。
ラジオといえばMBSのコンちゃんが嫌いで嫌いで仕方がなかったのだが未だに番組は続いているのだろうか。
調べてみた。
まだやってるんだ…
こんちわコンちゃんお昼ですょ!| MBSラジオ AM1179 FM90.6 

イライラしてしたい人は聴いてみると良いかもしれないね。
まあ長いこと続いていることから考えると局の主張を代弁させられてるのかもしれないけどね。

lunch003

営業スケジュール
好きなように店を開けることもできないなんて大変な世の中になったものだ。
この日の店内はかなり混んでいた。それも常連さんばかりという雰囲気。
入店のタイミングが悪くてなかなかランチが出てこない。

出た。
lunch004

日替わりも調子が良い時はこの値段でお刺身が付くことがあるのだが、この日はなし。
まあ悪くはないんだけどね。

この日の夜食
lunch005

お肉が安くなっていたから購入。
黒毛和牛4等級以上だという。
そういえばお肉の等級ってなんだっけ?
いちおう確認

日本ハム | A5? A4? お肉の格付とは 

ABCは肉の歩留まりで数字は「BMS(ビーフ・マーブリング・スタンダード=牛脂肪交雑基準)、BCS(ビーフ・カラー・スタンダード=牛肉色基準)、肉の締まり及びきめ、脂肪の色沢と質の4項目を見て、それを5段階にわけたもの。」
B以下のお肉が表示されて販売されているのを見たことがないし、3以下もないよね。
ランクが高いものだけ表示して販売するというのは考えてみるとアンフェアなように感じるがどうなんだろう。

個体識別番号もちゃんと表示されているが、これはあまりググらない方が良いと思う。
何度か番号から履歴を追ってみたことがあるがなんだか悲しい気持ちになっちゃった。
まあ、肉を食べるということはそういうことなんだけどね。


lunch006
麻婆豆腐丼を買ってみた。
麻婆豆腐丼なんてどう作っても美味しいに決まっていると思い込んでいたがさにあらず。
これはガチで不味い。

お肉はバターと焼肉のタレで焼いてみた。

lunch007

なるほどこちらは安定の美味しさだ。
それにしても困ったな。麻婆豆腐丼を全部食べ切るのが困難だ。

ここではたと思いついた。
このバターを加えた肉汁も加わった焼肉のタレを麻婆豆腐丼に掛けてみよう。
なんとこれだけで超美味くなっちゃった。
バターは万能の調味料だなあ。余裕で完食。

火曜日
なんとなく庭の方へ。

よし、この店にしてみようか。
真心さん
lunch008
今回初訪問である。
ビフカレーカレー温玉入りというのは一般的にいうビーフカレーのことだろうか。
間違えちゃったのかな。
っていうか、デフォでライス300gは入れ過ぎじゃないだろうか。
初めて入るうどん屋さんでカレーライスを頼むのはアレだし、カレーうどんにしようかと思って入店。


lunch009
出汁にこだわり有りだという。
じゃあしょうがないカレーはなしで。
ここは無難に肉うどんにしようか。

待機中におしながきの確認
lunch010
きつねうどんは680円でかけうどんは630円。
京都のきつねうどんは800円だったよな。
かけうどん630円というのはなかなかのお値段だと思うが、それは丸亀製麺価格を基準としているせいだろうか。
飲食店の適正価格というのは難しい。
大資本のお店や勝負を賭けたお店が超安い価格で提供してしまうとそれがいつの間にか標準的な価格だと消費者は認識してしまうんだよね。

食前酒?
lunch011

あっ、獺祭がある。
ビールは中瓶と明記してあるが、日本酒はそうではないのか。
まあ、この表示だと僕は頼まないね。
お猪口1杯であっても文句が言えないし、そんなことで余計なことを考えるぐらいならビールにする。
っていうか、朝日ビールってなんだ?
僕が知っているのはアサヒかAsahiのスーパードライだ。
メーカーは商品の表記にちゃんと意味を込めているし、これを勝手に漢字で朝日と表記してしまう感覚はちょっと理解ができない。
まあ朝日スーパードライという商品があるのならそれは僕の認識不足なんだけどね。

で、そもそも食前酒なの?

そんなことを考えていると肉うどんが到着
lunch013
うどん量は大盛無銭だというので大盛をお願いした。

なるほど肉うどんだ。
お肉は牛肉でけっこう良いお肉を使ってるみたいだね。
この量、質で820円は頑張っているとかなり頑張っていると思われる。

うどんは…
美味しいのだけど、残念ながら僕にはうどんの良し悪しが分からないんだよね。
マーケットで販売されている超安いうどんも美味しいと感じるし、このお店のものも美味しいとは思うが、お値段程の差を感じられるほどに僕のうどんレベルは高くないようだ。

終業後
2国を西の方へ
lunch014

なんとTHE MESHIYAさんが朝6時から営業しているとのこと。
これはランチモーニングを視野に入れないと!

で、公式サイトを確認。
なるほど7/12からは確かに6時開店になっている。

でも、7/5版では11時開店だな。

時系列のズレがややあるが、これはランチモーニングに行かないとなあ。
他の店舗が11時開店を設定している中、ここだけが6時開店というのはもしかすると僕が7時開店の朝食店は利用し辛いが6時開店だと利用し易いと主張し続けてきた成果が出たのかもしれない。

ついでにアプロのリサーチへ。ウイズの跡地である。
lunch015

lunch016

この2品を購入。たこめしとタコスライスである。

庭におたからやさんができてるみたい?
lunch018
まあ僕はおたから持ってないので関係ないか。
噂で聞いたお話だけどこういう業界って割とヤクザな業界らしいけど、ここはどうなんだろうね。

コノミヤさんで新作ピザをゲット
lunch019
そうそうこういうやつ。ピザはデラックスにかぎる。

lunch020


lunch021

lunch022

プロ野球チップス第2弾の開封
lunch023

吉田輝星投手が出た。
なかなか「こうせい」という読み方が覚えられないなあ。
名前なんてのは実績があれば勝手に皆覚えるものだから吉田投手には今後の活躍が期待されるね。
鎌足とか正親町なんて名前もあり、これは普通に考えると読めない名前だが活躍すればちゃんと覚えることができている。

水曜日
lunch024
扉を開けると満席なのでそのまま別の店へ。


lunch026
すいか太郎さんへ。
注文はやはり唐揚げセットに。
他のものを頼む必然が見えてこない。


lunch025
プレミアムモルツが生活応援価格で260円だという。
ハイボール、レモンサワーも安いねえ。これなら中学生のお小遣いでも飲めそうだ。


lunch027
500円という価格を考えるとこの量はかなり良いねえ。
豚汁もちゃんと豚肉入ってるし。
これぐらいのボリュームがあればこれ1食で1日分として充分かな。

夜食

lunch028
ニッスイさんのさぼみそ煮の缶詰を買ってみた。
さば缶ぐらいは贅沢をしても良いだろうと思い高級な缶を探したが僕が行ったマーケットではこれがいちばん高かった。200円ぐらいだったかな。

開封
lunch029
なかなかのボリュームだ。


lunch030
夏の定番冷しゃぶ
豆腐が鳥肌になっていて気持ちが悪い。

木曜日

lunch031
雨だったので天遊さんに再チャレンジ。


lunch032
無事に席を確保。
日替わりを発注。

lunch033

これはなかなかの半チャンセットだね。今時半チャンセットが1000円以下で食べられるなんて有難い。
そしてこの半チャンはかなりギッシリと詰まっている。

lunch034

味も提供時間も早く座席さえ空いていればというお店か。

店の外観に変化あり。

lunch035
酢豚のテイクアウトを嫌々ながら始めたそうだ。
肉を揚げて野菜を炒めて甘酢をからめるなんていうのは確かに面倒さ作業だし、じゃあだからといって値段設定を高くしている訳ではない。
なるほどお弁当で750円か。
並んで買って帰っても良いかもしれないね。

その天遊さんのお隣のらーめんたろうが建つはずだった場所。

lunch036
先の台風などで崩れたフェンスは綺麗になったが、看板はなくなってしまった。
今は誰がこの土地の権利を持ってるんだろう。
っていうか、こんなに青々と雑草が生えていたら虫の類がたくさん発生してそうでそういう意味でも困ったものだね。
日本というのは自然豊かなものだ。
何もしなくてもこんなに草が生えるんだから。


夜食はデイリーカナートへ。
阪神尼崎駅中である。

夜中は特にレジの待機列が長くなる。
lunch037

こういう待機列も自分が最後尾のままでなくて後からどんどん人が並んでくるのなら気にならないが自分の後ろに人が並ばないとなんだかモヤっとするよね。
ここは駅に電車が到着するタイミングでお客さんが増えることは容易に想像ができるので列が出来るには一定の周期があるとは思うが阪神尼崎駅には頻繁に電車が来るので結局はずっと列は長いままなんだろうなあ。
これってキャッシュレス化でなんとかなるのかな。
今のところもたつくお客さんが一定の割合で上手く行っているようには見えないが…


戦利品
lunch038

これは内緒の話だがデイリーカナートの海鮮丼は結構美味しい。
今回は焼豚の切り落としが美味しそうだったので買ってみた。
ググってみるとタケダハムさんの製品で大阪産(もん)名品に選ばれた商品だという。

海鮮丼にいっしょにのせてみた。
lunch039

なるほどなかなかいいじゃないか。

金曜日
ランチ難民

lunch040

この日替わりにしようかと思ったが店内はほぼ満員の様子。


lunch041

この日替わりにしようと思ったが店内(以下略

困ったな、と。庭へ。
よしここにしてみるか。幸い店の外から空席が見える。1席だけだがね。

lunch042


尼崎肉劇場である。
新コロ以前は難波のお店には休日には常に行列ができていたが最近はどうなんだろうね。
そういえば僕も難波に久しく行っていないなあ。

lunch043

ハラミ丼にしてみた。ここの肉はハラミがいちばん美味い。(という記憶がある。最後に食べたのいつだっけ?)
店の方が「今日は9日なので肉増し無料ですが増しますか?」と訊いてきたので「その意気や良し」と答えておいた。

lunch044

女性限定のサービスというの割とよく見かけるが男性限定のサービスはこのご時世では許されないのだろうか。

lunch045

来た。僕のハラミ丼無銭肉増し。
右下の紙は次回以降に使える肉増し無銭券だ。
lunch047


やはりハラミは美味しいねえ。

終業後、リベルへ。
lunch052

地下へと。
魚サンドが残っていたので購入。
これはなかなかの量だ。
lunch053

黒鯛のフライとポテサラのサンドイッチがなんと300円。これは安いね。

リベル創建当初からあった酒屋さんの谷口さんがあった店舗を工事している。
lunch049


lunch050


次に何かお店が入る予定があるのかな。
僕が中学生の頃よくお酒を買っていたお店だったなあ。

自販機は健在
lunch051

これは免許証を入れなくても買えるタイプなのだろうか。
っていうか、一時期お酒の自販機には免許証リーダー必須なんていうお話があったがあれってどうなったんだろう。そもそも最近はお酒の自販機を見掛けないよね。
かなり前に奈良の某駅前の酒屋さんにおいてあったので免許証を入れようとしたけど上手く行かなかったという記憶はある。

その後、庭でお弁当もゲット。
lunch054


まずはプロ野球チップス第2弾の開封だ。
おっ!
これは!!

lunch056


欲しかった阪神タイガースの佐藤輝明選手のルーキーカードをついにゲット。
これは大事にしとかないとね。

お弁当はこんなやつ。買ったお店は内緒。

lunch058





杭瀬でランチ

さて、杭瀬にちょっと用事があったのでついでにランチを食べることにした。


kuise01
サンエーさん
とりあえずピンチケ付のチラシをゲット。


kuise02
今週は10%割引か。


kuise03
それにしても休日のお昼だというのに閑散としているなあ。
シャッターが下りているお店の割と多くが店休日という訳ではなくて、既に閉店しているお店が多いはず。
こうした感じになった商店街を再生する手段というのはあるのだろうか。
こうなる原因として店主世代の高齢化と後継者不足という問題があるみたいだけど、30年後はどうなってるんだろうね。

と、そんなことを考えているランチのお知らせだ。
kuise04

コンドウ珈琲店 - 杭瀬/喫茶店 [食べログ] 
kuise12


よし、サービスランチの①にしよう。
でも、このお店は確か喫煙可の店だったよな。
中の様子を見て店内が煙でまん延していたら止めとこう。

お客さんはシングルで2名のみ。
これなら大丈夫だな。

いちおうメニューを確認
kuise07

kuise08

困ったな。店頭に掲示してあったサービス定食の案内がない。
記憶を元に「サービス定食のチキンカツと貝柱のやつを」と注文。

っていうか、貝柱風フライってなんだろうね?
貝柱というのは貝柱であって、貝柱ではないものだから貝柱風と表現しているのだろうか。
あれかな、最近流行の「かにちゃいまっせ」的な商品を使用しているということだろうか。
そういうのがあるのかとググってみた。
本物…じゃない!? 業務スーパー「ホタテ風味フライ」の正体に迫る! - macaroni 

あるみたいだ。
ミックスフライは貝柱フライと明記してあるのでこちらは正真正銘の貝柱なのだろう。


kuise09
卓上調味料
新コロ対策なのか注文が入ってからの提供となる。


kuise10
チキンカツはモモかな。冷凍の風味がした。
気になる貝柱風フライは思いのほか貝柱だった。
でも、業務用スーパーで販売されているような疑似ホタテの貝柱感があるかというとむしろ普通の貝柱感が強いけどどうなんだろうね。
そう思う理由は量が少なかったから。疑似食品は安価に生産できるから量は多目な印象があるが今回のは本物感のある量だった。

豆の煮ものとかフルーツなんてのはチェーン店の定食ではなかなか出てこないやつだ。良いね、こういうの。

ランチを食べていると新規のお客さんが来店。
定食ではなくてスパゲッティを注文したようだ。
しばし後に鉄板から音を立ててスパゲッテッィが登場。
あれは美味しそうだなあ。

いちおうメニューを確認。

kuise11

イタリアン650円か。
ピザはこのお店ではピッザという商品名になっているみたい。

注文する時に「ピッザ」と言わずに「ピザ」と発音してしまうと「アイベグヨアパードゥン」と訊き返されてしまうかもしれないね。

とはいえ僕はランチにはご飯とみそ汁が欠かせない派なので注文することがあるのだろうか。

食後は杭瀬駅前を散歩
歩道橋から商店街の様子を見下ろす。


kuise13
21世紀塾か。
僕も20世紀の頃に一時通っていた記憶があるが無事に21世紀も存続しているのだろうか。

21世紀塾 尼崎中央校 
尼崎中央校は存続してるみたいだね。
杭瀬校も存続しているような雰囲気だ。

kuise14
商店街の建物はかなり老朽化が進んでいるようだなあ。
非常用と思われる外梯子はほんとに必要な時に安全なのだろうか。

外部に梯子が設置されているということは内部に非常階段の設置がないってことのように推測してしまうがどうなんだろうね。
建物としてはおそらく毎日ホールというパチンコ屋さんがあったものなのかな。
尼崎でパチンコ屋を経営してて閉店するなんて、よほど人の良い経営者だったのだろうか。
駅前でほぼ国道に面しているというかなり良い条件の土地であるがなにかに使えないものなのだろうか。
パチンコ屋の跡地なんてのは玉出が居抜きに入るのに良さそうに思えるがねえ。


2国を渡って南側へ

kuise16
グラシアスコートか。
何度かここのうどん屋さんにランチを食べに来たなあ。
たしか「おいしいうどん屋さん」とかそんな感じの名前だっけ。

尼崎ランチ週報 6.12-16 | とある妹の尼崎的な意味の錬金術なはずがない 


kuise17
うどん屋さんがあった頃はメニュー的な写真がベタベタと貼り付けてあったが、今はなし。
卓球場はあの時のまま存続しているようだ。
最近、卓球って流行ってるよね。

宮前公園へ

kuise18

これはなかなか難易度の高い遊具だ。

kuise19



杭瀬駅の高架下西側に100円ローソンを発見。

kuise20
こんなところに100円ローソンあったっけ?
で、中に入ってみると非100円商品がかなり多くてげんなり。

駅下のお店

kuise21
杭瀬のロンドンである。
ちょっとパンでも買って帰ろう。

kuise22

このお店に限ったことではないが、このホテル食パンというのはよく分からないよね。
そもそも僕はホテルで食パンを食べたことなんてない。
いや、アパホテルかなんかの朝食バイキングで食べたことがあったようなないようなってぐらいでね。

ホテルといってもピンキリだし、ピンの方のホテルはむしろ専門のパン屋さんに食パンを外注してそうな気がするのでホテルの食パンというのはよく分からないものだ。

そしてそもそも食パンというのもよく分からない名前だよね。
食べられるパンは全て食パンなのか。
じゃあ食べられないパンもあるというのか。

ああ、あるね。食べられないパン。
英語のpanは鍋だ。
でも、日本語の鍋は慣用的な表現では食べるものだよね。
言葉というのは難しい。

「昨日は夕食に鍋を食べたよ」なんて言っても誰も怪訝な顔をしない。
で「昨日は夕食にパンを食べたよ」だと、もうちょっと良いものを食べた方が良いんじゃね?みたいな顔をされたりする。

このことについて考えると頭が痛くなってくるのでやめておこう。
このことをちゃんと結論付けた研究とかないものかね?

「パンはパンでも食べられないパンは?」
という命題があるが、これに対する答えは「そもそもパンは食べられない」が正しいのだろうか。


NOKA Roast & Grill(ノカ ロースト&グリル) - インターコンチネンタルホテル大阪 - TableCheck 




ロンドンの横のエントランス部
この真っ白い食パンマン様の顔のような壁はかつてたい焼き屋さんの二万翁があった場所だ。
kuise23

阪神尼崎の方のお店は相変わらず盛況のようだが、杭瀬ではあまりうまくいかなかったのかな。

ヨッテ杭瀬のお茶屋さんのメニューが来るたびに増えているような気がする。
kuise24

カレーと卵のみならず最近はグラタンまであるみたいだ。

ちょっと調べてみるとこの甘露園というお茶屋さんは尼崎のお茶屋さんなんだ。
で、あそこあそこのお店と同じ系列なんだ。
へえ、調べてみるものだねえ。

お茶ってのも良いやつは美味しいんだろうけど、戦国大名じゃあるまいしなかなかじっくりとその味を味わう機会なんてないよなあ。
茶を楽しむためにはまずは戦場で手柄を上げて殿から褒美として茶器を頂くところから始めなければならないと思うとお茶の道は大変な道だ。


庭へと
kuise25

また松屋さんのごろチキが復刻されるという。
まあ、僕はさほど思い入れがあるわけではないがこの価格であれだけチキンがごろってたら食べたくなるね。

【ガチ】松屋の「ごろチキ」を最高の状態で味わうため、生まれて初めて “丸一日断食” したらヤバイことになった / 本日4月27日発売 | ロケットニュース24 


玉出へ
コーンの検証だ。
とりあえずお値段的に下から2番目のグレードのものを買ってきた。
kuise26

いなばさんのものである。
高いグレードのものはハゴロモさんのものであった。
といっても価格差は20円ぐらい。

kuise27
裏面
アメリカ産か。少し不安になる。米国産のとうもろこしなんて食べた記憶がないし、僕の勝手なイメージだがアメリカのとうもろこしは家畜の餌用というイメージがある。それはそれでちゃんと役に立っているが人間が食べるという場合はどうなんだろう?

開封
kuise28

おっ、けっこうシャキッとしててプリッとしてる。
スプーンでひとさじ食べてみると、これが思いのほか美味しい。
もちろん生のものを塩茹でしてそのまま噛り付くのと比べるとややイマイチであるが、十分に美味しい。
塩を入れたりバターを加えたりすると更に美味しくなりそうだが、そのままでもどんどん食べられる。
これは良いものを知った。
おやつもしくは非常用としていくつか自宅に置いといても良さそうだ。

で、先日のコーンラーメンのコーン
あれはどこで仕入れたんだろう?
いちばん安いランクだとアレになっちゃうのかな?

ロンドンさんのチーズパン
kuise29

パン屋さんのパンって美味しいよね。


アーカイブ
記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
ブログ村
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ