尼崎ランチ週報

主に尼崎のランチの週報と週末のお出掛けの日記です。

松屋

尼崎ランチ週報2021/9.21-24 SW

さて、ランチ週報である。
今週はSWで4ランチ

火曜日

lunch471
きらくさんへ。
日替わりはカレーうどんだという。

そういや久しくカレーうどんなんて食べてないなあ。


lunch472
通常メニューにもカレーうどんはあるが950円と高額であるためこれまで食べたことがなかったし、僕は日替わり専門だからなあ。


lunch473
今回もピッチャーの提供有り。
やはりピッチャーがある店は良い店だ。


lunch474
日替わりカレーうどん定食である。


lunch475
葱が青々としている。
底の方に牛すじが沈んでいるし、カレーをご飯をかけてカレー丼にと。なかなかに楽しみの多いカレーうどん定食であった。

終業後
コノミヤさんへ
週末イベントの告知
lunch476
駅弁フェアが開催されるという。


オオジさんでカツオのたたきを購入。
lunch477

lunch478


水曜日
グローブテラスへ

lunch479
日替わりはオムメンチカツだという。
一品はハム

lunch480

待機番号は9番

lunch481
ほんと数字の6と9は紛らわしい。
9はフジモンだね。

ハムはとりあえず1皿ゲット

lunch482


僕のランチナンバーがコールされたので取りに行くことに。
lunch483
ほお、こういう感じか。
側面図

lunch484
なかなか非常識なサイズ感のメンチカツで嬉しくなってくる。

食後のいつものアングル

lunch485

この日は幼稚園の運動会が開催されていたようだ。

lunch486

めぐみ幼稚園とは?

「幼稚園をはじめようと思っているんだ。名前は決めてある。愛情の愛と書いてめぐみ。愛に恵まれるように…」
そんな感じで決まった名前なのかな。

夜食
日新ナポリタンが安かったので。

lunch487

やはりインスタント業界では日新さんは抜きん出ているね。

兵庫県産のたこというのが販売されていたので買ってみた。

lunch488
これがかなり美味い。
これまでに食べたタコ刺しの中では一番美味しいんじゃないだろうかってぐらいの感じだった。


木曜日
松屋へ

lunch489
新作カレーの復刻版という表現が適切なのだろうか。
確かこのマッサマンというカレーは昨年も食べた記憶がある。
調べてみたら、今年の2月だった。
尼崎ランチ週報 : 尼崎ランチ週報2021/2.1-4 節分

マッサマンの謎についてはまた今度調べてみることにしよう。

lunch490

非現金決済だと交通系ICが最強だと思うのだがそういう世の中になる日はいつ来るのだろうか。


lunch491
待機
向こう側のたくさん残っているのはこれで完食だったようで店員さんが片付けていった。
もしかするとどうしようもない事情があったのかもしれないが食べ残しという行為は個人的にはできないことであって、それをしたら出禁になっても止む無しなことだと思っているが飲食店での食べ残しってどれぐらいあるものなんだろうね。

lunch492
マッサマンカレーである。
松屋のカレーはセパレート提供だがこれは面倒くさいなあ。
せめてセパレートと一体型を選ぶことが出来たら良いのに。


lunch493
メインの具材は鶏肉とじゃがいもかな。

松屋の隣の三代目鳥メロさんの店先のワタミの宅配お弁当のご案内
lunch494
三代目と聞くと反射的にKONAMONを連想してしまうが、今は何代目なんだろう?

それでは聴いて下さい。
三代目KONAMONでクウネルガンバ


夜食
肉が安かった。
lunch495

兵庫県産のタコを買い増し
lunch496


うなぎのお寿司が安くなっていた。
lunch497


lunch498

まあ意外と悪くないね。

金曜日
杭瀬へ
lunch499

ここ杭瀬では独自の法律があるようで横断歩道上への駐車は特に問題がないようだ。
いつ来ても停まっているし、そういうルールになっているのだろう。

饂飩まるとくさんへ。
あの100円オフプライスになっているというランチを食べようと思って。


だがしかし、席に座るとこのような案内が。

lunch500
ワンコインランチがあるという。
中落ち丼とうどんのセットが500円。
数量限定か。
いちおう訊いてみるか。

訊いてみた結果、まだ残っているというのでこれにすることに。
待機中
その他ランチを確認

lunch501

lunch502

お茶とピッチャー?

lunch503
湯のみのサイズと比してずいぶんと小さな急須だなと思ったがこれは醤油入れだった。
あぶないあぶない。危うく醤油を飲むところだった。


lunch504
で、この日の限定メニューが出現。
なかなかに非常識な量の中落ちだ。しかも美味しい。
これが500円とかちょっとヤバいね。

食後、ついでにとりよしさんで焼鳥を購入。
lunch505


lunch506
ここのバイキングも一度は来てみたかったが営業しているのを見た記憶はないなあ。

ということでググってみた。

sirakawa
これは2013年の映像となる。
営業してるようなしてないような雰囲気でなかなか中に入るのは難しそう。
そうか白川という名前だっけ。
おかわりおじさんがここのことを書いていたような記憶もあるがどうだっけ?

終業後、玉出へ。

lunch507
北海道物産展開催中とのこと。
相変わらず怪しいラインナップであるが、今回初めていかめしが販売されているのを発見。

lunch508
いちおう1パック確保しておいた。
食べたのはかなり前の記憶になるがけっこう美味しかったように覚えている。


lunch509
北海道風豚丼というこれもまた怪しい商品を夜食に。


lunch510
昨日の牛肉をマシマシにしてみた。


lunch511
とりよしさんの焼鳥
まあ、あれだね。専門店さんだけあって鶏肉は良いんだけどタレが…
この手の形態で焼鳥を販売しているお店はけっこうあるけど、タレは諦めて塩のみにした方が良いんじゃないかな、と。



尼崎ランチ週報2021/6.21-24 蔓防

さて、ランチ週報である。
緊急事態宣言というのは終了したらしいが、未だに僕が住む尼崎は蔓延防止等重点措置の対象地域らしい。
らしいというのは、ネットのニュースにそのようなことが書いてあったような気がするからであって、直接的に僕の所に誰かが来て、「緊急事態宣言が出た」とか「蔓防だからこうしなさい」とか教えてくれる訳じゃないし、文書による通達もなしだ。
考えてみたらいい加減な話だよね。

ネットとかテレビとか新聞見てなかったら、情報が入ってこないのだがこれで良いのだろうか。
僕はテレビと新聞は見ないので情報の頼りはネットだが、ネットの情報なんてのは自分の見たい情報しかみないものだしねえ。

そんな今週は4ランチ
月曜日
街かど屋さんへ

lunch351
今回はざるそばのサーランに在庫あり。
100円割引券はまだ残っているので使用した。

lunch352

待機
お店が混んでいても日替わりは速攻で出てくるという安心感があっていいね。
いつものようにごまは満タン。
ごまの下の方はいつから入っているのか、どのように管理されているのか気になるがそんなこと訊けないしなあ。

そんなことを考えていると僕のサーラン到着。
lunch353
写真だと少な目に見えるが、実際はそうでもない。
ざるそばはキンキンに冷えてやがる…!
まあビールじゃないから冷えていれば良いというものでもないが、しっかり冷やして出すというその心意気やよしといったところだろうか。

つけ汁はもうちょっと濃い方が僕の好みだが、だからといって醤油を加えてバランスが崩れるとアレなのでそのまま食べることに。

ソースかつ丼はこれは丼として扱って良いものなのかいつも悩むが構造を考えると天丼と同じようなものなので丼ということで良いのだろう。

終業後、十間の交差点をバニラ号が右折
lunch354

音は出していなかったがVANILLAから1億円だという。

玉出へ
lunch355

神戸牛をゲット
とても1000円以下で買えるようなビジュアルのお肉ではなかったが、マルチュウさんの出血大サービスなのだろうか。

開封
lunch356

シンプルに焼いてみた。
lunch357


今後もしばらくはこの価格で神戸牛を販売するのかな。
良い機会なので、このチャンスを生かして神戸牛を食べ飽きてみようかな。

火曜日
新商品の解禁日
今回はポークステーキ丼である。

lunch358
手前の松の屋さんはまた海老フェアだという。これは弁当の時のみ海老増量ということだろうか。
海老フライというのは食べごたえがないのでなんとなく100本ぐらいは食べられそうな気でいるが、実際は何本ぐらいでお腹いっぱいになるものなんだろうね。

エスカベッシュとは?
ググってみると「揚げたり茹でたりした白身魚を、オイルやビネガーを合わせた漬け汁に漬け込んで作ります。」という感じ。
日本語で近いイメージは南蛮漬けだろうか。まあ南蛮漬けってのもその言葉だけでどのような食べ物かを想像するのは難しいよね。

lunch359

今回はこっち。
ポークステーキ丼である。
こちらもエスカベッシュが出てくる。
エスカベッシュとギルガメッシュって似てるけど、ギルガメッシュナイトの最終回ってどんな感じだったんだろうね?

lunch360

食券を購入して待機。お時間が掛かるとのコールあり。

だがしかし、5分ちょっとで到着。
lunch361

まあ早くできる分には問題あるまい。


ズームイン
lunch362

上の白いものが野菜のエスカベッシュだろうか。
見た目的にはエスカベッシュというよりも羹に懲りた時に吹くやつに似ているような気がするが、どうなんだろ。

ポークステーク丼を丼の仲間に入れて良いのかには議論の余地があると思われるが、細かいことを気にしないのが日本の丼文化の良いところなのかな。
丼の中にご飯を入れてその上に何か食べ物をのせれば、それは丼という料理だという感じで。
このルールなら何でもありだ。
カレーですらカレー丼という料理になってしまう。
ピザ丼は…
僕はちょっと遠慮しとくかな。

ランチ店の復活もそこそこにあるようだ。
lunch363

このラインナップでパスタランチとか厨房大丈夫なのかな。

終業後の夜食の買い出し
lunch364

タイムセールでラストワン賞をゲット。

玉出へ
lunch365

太陽がとても赤かった。

lunch366

購入したお弁当。

ワンプレート夜食に
lunch367
お店だとワンプレート系が気に入らない系の僕であるが、自宅だとワンプレート派だね。
だって洗い物が少なくて済む。
お弁当に課金してぼんじりとハツを足してみた。
ハツというのは実に旨い。

水曜日
西安曹家餃子坊さんへ。
新しくなったランチメニューを試してみることに。
lunch368

この場合気を付けなければならないのは、旧メニューと同じ組み合わせにしないことだろう。
それをしてしまっては意味がない。

気になる税込1000円お酒セット
lunch369

餃子と唐揚で夜食完了感あるね。
他のもなかなか良さそうだ。問題はお酒が1杯で済むのかどうかという点かな。

と、そんなことを考えていたらランチ到着

lunch370

味噌ラーメンと天津飯にしてみた。これは多分、初めての組み合わせのはず。

味噌ラーメンにズームイン
lunch371

こちらのお店は立派なメンマを使用していて好感が持てる。
やはりラーメンにおいてメンマは重要な存在だ。
チャーシューもチャーシューというよりは豚の角煮という感じで非常に重たい。
僕は好きだね。
ただ、味噌ラーメンという割に味噌の味が薄かったのがいささか残念だ。
まあ、僕は濃い味が好きだからなあ。

天津飯は金属製のスプーンが添えられていたこと以外にはこれといって問題はなかったかな。
ラーメンのレンゲを使用して食べることに。
どうしても金属製の食器というのは口当たりが悪い。
ナイフとフォークなら口に直接当たることが基本的にないので気にならないがスプーンはねえ…


夜食探し
コノミヤさんで景品付のビールを発見。
lunch372

バドワイザーだ。
そして、新商品のメンチカツバーガー定食が100円引。

lunch373

中身はこんな感じ。
100円オフプライスの329円だと考えると十分なバリューセットだと。

おまけ
lunch374
バドワイザーオリジナルアルミタンブラーである。赤い。

開封
lunch375

KING OF BEERSと銘打たれている。
まあ誰が決めたの?って話だが、この辺は僕が尼崎のランチキングと自称しているのと事情はおおよそ同じようなものだろう。(調べてないけどね。)

底面
lunch376


バドワイザーは現在世界80ヵ国以上で販売されているとのことで、今回の販促品も世界中で配布されているのかな。
様々な言語で何らかのメッセージが刻印されている。
日本語はないな。
翻訳こんにゃくを食べてから読んでみると、「食器洗い機大丈夫です」と書いてあった。
そうか食器洗い機というのはそんなに世界中に浸透している道具なんだな。

木曜日
スシローへ。
なんと三貫盛のキャンペーンがこの日から始まるという。
スシローのキャンペーンには色々あるが、この三貫盛はいつも内容が優れている。

lunch377


着席
とりあえず赤貝をレーンからピックアップ
lunch378

なかなか良いじゃないか。赤貝なんてなかなか食べる機会がないからね。


まぐろ三貫
lunch379

税込330円の最高級皿であるが、これらが各一貫110円というのはなかなかすごいな。

貝の三貫盛
lunch380

赤貝ホッキホタテ
立派なネタだ。

シークレット商品も無事にゲット
lunch381
これが一番美味い説はあるよね。

更に三貫盛
lunch383
鰯の美味しさがちょっと異常感有。
ひらめと桜ますは見た目通り。

軍艦三貫
lunch384


やはりスシローの三貫盛りは見逃せないね。

終業後、庭へ。

新しいお店が開店準備をしている。
ビストロジャパンさんの跡地だ。
lunch385


lunch386

7 TIMES CAFE
直訳すると7回目の喫茶店か。
いちおうググってみたがこれといった情報はない。
ランチもあるみたいだが、どうなんだろうね。

丸鶏炭次郎さんの焼鳥を買ってみた。
炭治郎ブームには乗れなかったようで残念。

lunch387

選ぶのが面倒だったのでセットのやつを購入。

lunch388
500円ちょっとで7本セット。
なかなか美味しいね。
昔はネギマなんてあんまり好きじゃなかったんだよね。
だって、焼鳥なんだから鶏を食べたいじゃんって思っていたが最近はネギも美味しいなと思うお年頃だ。



尼崎ランチ週報2021/6.14-18 緊急事態宣言?

さて、ランチ週報である。
今週も5ランチ

月曜日
上海花園さんのランチでも食べようと思って来たが…

lunch311

月曜定休だっけ?
仕方がないので一軒挟んでお隣の尼爺さんへ。


lunch312
元祖にしようか。
特製の特製部もいちおう確認

lunch313

ということは元祖にはメンマがないということか。
僕はメンマは好きだけど、課金してまで食べたいかというとさにあらずだね。

新しい食券機になってからは初めてだ。
新食券
lunch314

旧の時は食券渡し時に色々と訊かれて面倒だった(多分お互いにね)けど、これなら楽ちんだ。

ランチサービスはラーメン大盛にしておいた。
今日は麺を食べよう。

ランチでここに来るのは久しぶりだなあ。前に来た時は店内が満席でそのまま諦めてUターンしたので食べるのはいつ以来になるんだろうね。
調べてみると2018年の8月30日以来となるようで実に3年振りの尼爺ランチだ。

尼崎ランチ週報2018/8.27-31 尼崎市民まつり
100円値上がりしてた。


lunch315
ここのラーメンは美味しいね。
今回のチャーシューは脂身が比較的少なめで食べ易かった。
ああ、でもやっぱりメンマは欲しいなあ。

夜食の調達

lunch316
半額というのは魅惑的だ。

あさりごはんも購入

lunch317
これだけたくさんのあさりを剥くことを考えると気が遠くなりそうだけど、これって人間が作業してるのかな?


かつおのたたき

lunch318

お肉は明日食べよう。

火曜日
松屋さんの新メニューを食べにきた。


lunch319
黒毛和牛100%ハンバーグである。
ハンバーグにするなら別に黒毛和牛を使う必要もないように思うが、そこは気持ちの問題だろう。


lunch320
店内が混んでることもあり、食券渡し時に「お時間が掛かる」とのこと。
何分を超えるとこのコールがあるんだろね?
マニュアルに書いてあるのだろうか。
掛かると言いながら5分ぐらいで出てきたこともあるし、よく分からない。

で、今回は本当にお時間が掛かるタイプだったみたいで15分ほどで僕の黒毛和牛ハンバーグが到着。


lunch321

ほう、これはなかなかのハンバーグだね。
ハンバーグとマッシュポテトなんてのに和食要素はないのだが、ごはんと味噌汁がセットになっているとこれはもはや和食のハンバーグ定食になってるあたり日本の食文化というのは大したものだなあ、と。


終業後、18時頃の阪神尼崎駅前

lunch322
この時間でもまだだいぶ明るい。今年の夏至はいつだろう?


lunch323
またこの看板が立っている。
今回は兵庫県知事選だという。
それにしても井戸知事とはなんだったのだろう。
結局、公用車はセンチュリーになったのかな。

昨日のお肉を焼いてみた。

lunch324

水曜日
雨が降っているので天遊へ。
客層を観察していると雨だとお客さんが少ないはずなのでね。
lunch326

日替わりはチキン南蛮だという。中華料理屋でチキン南蛮というのも変な感じだがまあ良かろう。


lunch327
チキン南蛮定食
黄色と赤はパプリカってやつだな。
パプリカとピーマンって何が違うんだろ?

メイン部をアップ

lunch328
チキン南蛮というがこれは唐揚にタルタルソースを掛けたものという方が正確なのかな。
やはりチキン南蛮というからには甘酢要素が必須であると思うのだが。

夜食の買い出し

lunch329
色々と安くなっていた。


lunch330
海老天そば


lunch331
お気に入りの万代の甘辛鶏天丼

木曜日
きらくへ。

lunch332
日替わりはとんかつだという。


lunch333
とんかつ定食は通常メニューにもあってその場合は900円だ。
750円と900円では受ける印象がかなり異なるね。
今回はそば変更にしてみたが、そういうことを考えてのことではなくてなんとなく変更してしまった。
とんかつに合うのはうどんよりもそばだという感覚がなんとなくあるね。

とんかつ定食
lunch334
右上の黄色いのは辛子。形状から見るにこれは練り辛子だな。
揚げ物に辛子というのは、使わない人からすると理解が得にくい組み合わせのように思われるが慣れてしまうと必須アイテムだね。

終業後、立花商店街へ。ちょっと用事があったので。


lunch335

せっかく来たので夜食も買って帰ろう。

lunch336
ヒナタさんへ。
お店の前に数人規模の列が常時できているという雰囲気。人気があるようでなによりだね。


lunch337
今回は焼鳥丼というものを購入してみた。


lunch338
焼鳥丼とはモモ一枚肉を焼いたものをご飯の上に乗せるというタイプだった。
ごはんの量はかなり多目。
串はつみれとハートとキモにした。

金曜日
なんとなくJR尼崎方面へ。

lunch341
全然、店が開いてない…
ということで、きさらぎさんへ。
lunch339

日替わりはイカ刺と天ぷらだという。


lunch340

相変わらず良いランチだ。

終業後、庭で夜食の調達。
lunch342

カゴモトさんへ。

lunch343
510円分のホルモン焼きである。
これをそのまま持ち歩いていると変なものを持っている人のように見えそうだね。

玉出に寄り道

lunch344
山陰フェア開催中だという。


lunch345
ホルモン焼き
ちょっと味付けが薄くなったような気がするが気のせいかな。
これも美味しいねえ。

帰宅すると発注しておいたラズウェル細木先生の新刊が届いていた。

lunch346

今回の巻でついに竹股が京都に移転してしまったが、今後どうなるのだろうか。
竹股京都スピンオフの布石だろうか。
今後もラズウェル先生から目を離せないね。


アーカイブ
記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
ブログ村
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ