尼崎ランチ週報

主に尼崎のランチの週報と週末のお出掛けの日記です。

武庫之荘

2021年 2度目の来来亭へ

さて、ちょっと武庫之荘の方へ行くことに。
そう、あの無銭券を使用しないと!

ということでチャリで武庫之荘の来来亭へ。

rai01

やはり尼崎市内の移動はチャリが便利。
坂のない平坦な街は最高だね。

店の前に到着
あれっ、意外と駐車している車が多い。

rai02

店の前にも待機客がいる。
意外と人気のお店なんだね。

ということで今回もお店の外でメニューを渡され入店前にオーダー

rai03


15分ほどで入店

rai04
冬の三大麵集結とのこと。
ラーメン三銃士とは?

先にオーダーしていたので割とすぐにラーメン到着。
今回もこってりにしておいた。

rai05
ふちが汚れて出てくるのがこのお店のデフォルトらしい。
それを良しとする感覚はよく分からないな。

今回は餃子定食にしてみた。
rai06
うーん


rai07
忘れずに無銭券を提示。
来年はどうしようか。

帰途
阪神ショッピングセンターに寄り道
rai08

バスの車窓からは見てて気にはなっていた場所である。

rai09

お魚屋さんからの大切なお知らせ…
最近まで営業してたんだね。

北側にはひっそりとうどん屋さんの営業
rai10
かやくごはんとうどんだね。ここなら。
永和食堂

rai11
総菜のお店とお漬物のお店が営業していた。

立花商店街にも寄り道して帰宅。

rai12


武庫之荘で蕎麦

さて、この日はちょっと蕎麦でも食べてみようかと武庫之荘の方へ。

soba01

カレーが580円だという。
僕と蕎麦の関わりは非常に浅くて、どれぐらい好きかというとカレーうどんよりもカレー蕎麦の方が好きかなってぐらい。
そばかうどんが選べるランチならほとんどの場合はうどんを選択するね。
まあ、関西はそばよりもうどん文化圏なので僕が少数派ということもなかろう。


とはいえ、うどんと比べるとそばはちょっと高い。
高いということはそれなりの味がするという可能性があるということだ。
少しお金を出すだけでとても美味しいものを食べられる可能性があるのなら、試してみないのも勿体ないな、とそのようなことを考えながら愛車を尼崎の北方へと走らせる。

soba10


到着
そばーず2ndさん
ここだな。1度前を通ったことがあり、その時の記憶を頼りにここにやってきた。
僕の脳内ナビもなかなか役に立つものだ。
割と最近、この地にできたお店で評判も良いという。

店の外にメニューが貼ってある。こういうお店は助かるよね。

soba02


soba08


soba09

さて、どうしたものか。この日は平日ではなかったのでランチは不可か。
それにしてもなかなかいいお値段だ。
ざるそばが890円+税
何か具を付けると1000円を余裕で超えてくる。
これぐらいの価格帯になるとむしろ何か付けて1000円を超えた方が得をするような気になるのは何かの錯覚だろうか。

注文するものを決めて意を決して店の中へ。

soba03
携帯電話の遠慮は頼まれているが、この写真はデジカメなのでセーフ。何が?

そば茶というのかな、これ美味しいね。

先につけ汁が来た。

soba04
今回は初見なのでいささか贅沢をしてかもざるにしてみた。
soba05

味変用に柚子胡椒。これ美味しいけど、全部柚子胡椒の味になっちゃうのが難点。

蕎麦が来た。

soba06
なるほどこれが専門店のお蕎麦か。
そういうのは初めて食べるなあ。

うーん。もっと鮮烈な蕎麦の香りが、とかこの世のものとは思えるほどの喉ごしが、とかそういう感じの印象が得られるかと思って食べ始めたが、意外と普通な感じ。
これはあれかな。僕の蕎麦レベルが低くてこの蕎麦の味が分からないということなのか。
しばらくは蕎麦かぶれになってみようかな。
収穫としてはネギの切り方。
なるほど、縦に切れば葱鉄砲を食らう心配がなくなる。これは役に立つ情報だね。

蕎麦湯

soba07
これもなかなか困ったものだ。
蕎麦湯で割ったものをどの程度飲むのが正しいのか。
全部飲んだら明らかに塩分を取り過ぎで身体に悪そうだが、あまりにたくさん残すのも悪いような気がする。
とりあえずほどほどに飲んで店を出ることに。


soba11

付近をツーリング
まいどおおきに富松町食堂さんだ。
こんなところにもお店があるんだ。


その近くの変な自販機
soba12


なべっこの尼じい特製ポン酢の自販機だという。
1本、試しに買ってみるかと思ったが…
soba13


全部売り切れ。
なべっこというお店があってそこで使っているポン酢が期間限定で販売されているというものらしい。

南へ
桂木の交差点で停車
soba14

確かここガストかなにかの店舗があった場所だ。
綺麗さっぱりなくなっちゃった。

で、こちらはフレスコ
soba15

フレスコというとどうしてもフレスコの中の小人なんて連想してしまうが、あれはフラスコだ。
フレスコってどういう意味なんだろ?

公式サイトによると「イタリア語で「新鮮・みずみずしい」を意味する「Fresco」を屋号にしました。」とこのこと。英語でいうところのフレッシュか。

一通りマーケットリサーチ

そして、立花商店街へ到達。
soba16


soba17

立花市場の解体が進む。
soba18

ここの跡地はどうするのかな。
市場なんてのは土地の権利が色々とややっこしくて手を付けにくくて多くの場合、火事などの災害をきっかけに更地になったりするものだが、こちらの市場ではそういうトラブル情報はなかったけれど、どうやったんだろう?

JR立花駅南側のラーメン屋さん。
空いてたらセカンドランチしようかなという気持ちがあったが、中をのぞくと意外と混んでいたので止めといた。もちろん新コロナ感染対策という訳ではなくて、単に混んでる店が嫌いなのでね。

soba19

この「ハーフおふくろセット」というネーミングには惹かれるものがある。
皆さんはどのようなハーフのおふくろを想像するのだろうか。


soba20

隣の喫茶店のランチ
650円と安価だ。税込かな。
紙がしわしわだが、どういう周期で紙を新しくするのか訊いてみたい感はあるね。
僕がユーチューバーデビューをする時はその謎を解き明かす動画をデビュー作にしてみようかと思う。


更に南へ。
梅の木公園である。もう3月なので梅がよく咲いている。

soba21


soba22


soba23


soba24


たまにこうやって特に意味もなく花の写真を載せたりするけど、僕は特に花とか植物に興味はない。
ただ、こうやって季節の花とかを載せといたら意外と風流なところもあるのだなあ、と勝手に思ってもらえるのかな、と。
やはり僕には花よりランチだね。




アーカイブ
記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
ブログ村
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ