尼崎ランチ週報

主に尼崎のランチの週報と週末のお出掛けの日記です。

王将

尼崎ランチ週報2021/9.13-16

さて、ランチ週報である。
今週は4ランチ

月曜日
アマゴッタ1F離れにあるリカーズさんへ。

lunch441

この日は焼肉定食650円にした。
写真も撮っておいたのだが新機A1000の謎の不調により保存されていなかったので写真はなし。
こういうの困るよね。僕は遊びで使っているだけなのでそんなに困らないが仕事で使っててこんな調子だと話にならないと思われるが…
真の原因が何なのか、ファームウェアをアップデートすれば直るのか経過観察が必要だね。

夜食

lunch442
うなぎ蒲焼が安かった。半額なんていうのは久しく見てなかったので購入することに。

lunch443

鰻丼的な奴にしてみた。

火曜日
王将へ

lunch444
またスタンプ2倍押しが始まるという。
とはいえ僕は今年の分の更新に必要なスタンプは集め終っているのであとは忘れずに引き換えるだけだ。7%オフにできるというブラックカード?へのグレードアップの挑戦はいつ始まるのかな。

lunch445

今月の限定メニューは五目あんかけタンメンだという。
タンメンとチャンポンはおおよそ同じもののように思っているが、実際はどうなんだろう。

今回のタンメンも写真を見るとこれはチャンポンだなあ、というものであるが…


lunch446
必要な書類を揃えてランチ待機


lunch447
ざるラーメンセットである。
夏も終わったので新しい廉価なランチメニューが始まっているかと思ったがさにあらず。
会員割引後に581円になるというお得なセットだ。
テンハンとソーハンを選べるので今回はソーハンにした。

いちおう三和セットの内容も確認

lunch448
880円か。5%オフで836円。
夜食としてビールとセットでゆっくりと食べれるならありだが慌ただしいランチだとね。

夜食

lunch449
酒粕鍋うどんという商品を発見。
調べてみるとこれは東洋水産さんの9月13日発売の新商品だという。
酒粕に目を付けるとは流石だね。


lunch450
見慣れないビールを発見したのでちょっと買ってみた。
調べてみると現状このようなお知らせが。
『アサヒ生ビール』一時休売のお知らせ

売れ行きが良いというのは良いが前も別の商品でそんなお知らせを見たし、わざとやってるのじゃなけりゃ担当の人が怒られるんじゃないかな。

ドライも美味しいけどいい加減飽きてきた感は否めない。

水曜日

lunch451
マキへ

日替わりは

lunch452
からあげとポーク焼だという。

入店待機
2つずつ区切られた座席の左側に右利きなのに座る人はどういう理由でそうしているのか訊いてみたくなるね。もしかすると自分の区画にもう1人座った際に後のお客さんに気を遣わなくて済むという理由があるのかもしれない。
カバンを食卓の上に乗せてしまう人にもその理由を訊いてみたいがどのような回答が返ってくるのだろうか。

そんなことを考えていると僕の日替わりが到着

lunch453
なかなかのボリューム感だ。ご飯はもろちん無銭大盛。


lunch454
からあげはよく見ると皮だけが揚がっている部分がある。
鶏の皮は可食部なのか、については議論の余地があるだろうが少なくとも僕にとっては可食部ではないんだよね。肉とセットになっていればそれを剥がしてまで食べようとはしないが単独だと無理。
ググってみるとカロリーは高めだが栄養価が高いので食べないと勿体ないとか書いてたりするが、単純に食べて美味しく感じないものは無理って話でね。
世の中には鶏皮が好きな人もいるみたいだし、そういうのを上手くマッチングできる仕組みがあると良いね。

夜食
lunch455


木曜日
庭の方へ
信号待ち

lunch456
あま屋台とは?
2021年8月2日~9月12日までの営業時間について
平日土日祝:休業
という情報が公式サイトに掲載されているがその後はどうするのだろうか。

ここでランチを食べるというプランもあったが無理そうだね。
まあ、2度ほど利用したが提供まで時間が掛かる感じなので平日のランチ利用には向かないという感じだけど。

きらくさんへ
この日の日替わりは
lunch457
マグロの和風ハンバーグ定食だという。これは初見のメニュー楽しみだね。


lunch458
1組に1つピッチャーが出てくるという優良店。

lunch459

来た。
マグロハンバーグ部にズームイン
lunch460

これはなかなか良いね。豆腐ハンバーグをちょっと肉肉しくした感じだ。
まあ豆腐ハンバーグなんてほとんど食べたことないけど。
ハンバーグというのは優れた調理法だね。
市販のハンバーグというのはやたらと脂肪分を加えてて食べるのがしんどいが赤味分の多いミンチ肉を適当に成形して焼いて食べると美味しい。
ミンチになっているので筋が気にならなく純粋に肉の味が楽しめる。

王将でランチ

さて、ちょっと王将でランチでも食べようかとお外へ。

新コロ禍はいまだ収まらず不要不急の外出は控えるべき論というのがあるが、そういえばその論が出だした頃に悪役としてあげられていたパチンコ屋さんってどうなんだろう。
最近はこの件に関してパチンコ屋さんの営業自粛がどうのって聞かないよね。
パチンコ屋では感染は拡大しないというなんらかのエビデンスが出たのだろうか。

JR尼崎へと向かう。
いつもの王将ではつまらないので少し遠くの王将へ。
別格に美味いという御影店にも一度行ってみたいとは思っている。

ousyo01
左手にパチンコ屋さん右手は新しいマンションの建設現場だ。
元あま湯

マンションの公式サイト
【公式】クラッシィハウス尼崎 GRAND PLACE|新都心創造 
部屋数が456室ということで公式のアドレスにも456が入っている。
これはローン倍付ということなのだろうか。

コモンスペース | 【公式】クラッシィハウス尼崎 GRAND PLACE|新都心創造 
最近の高級マンションの流行にならって豪華な共用設備もあるようだが、どうなんだろうね。
456世帯の全ての人が満足に使えるほどの豪華感はないし、でもそれなりに維持費は掛かるという沼のように見えるがこれは貧乏人の僻みであろうか。

周囲に何にもない地域だとこういう設備も良いのかもしれないけどね。

JR尼崎駅前の温湿度表示
ousyo02

夏だね。ちゃんと撮れてないけど35℃で28%だったように記憶している。

王将へ

ousyo03


ousyo04
看板を確認

ここは小さな王将だなあ。
でも、店員さんはたくさんいる。
6人いたかな。

ousyo05

紳士の嗜みを注文
店舗オリジナルセットを確認

ousyo06


ousyo07

安くて良いのだが瓶ビールとセットで1500円という目標に微妙に届かない価格設定が多い。

ということでまたバリこと揚げそばにした。


ousyo08

提供時に酢、辛子が必要かと訊かれたのでもろちん両方必要と答えておいた。
なるほど気の利く良い店じゃないか。
バリは酢と辛子があると味が変わって良い感じ。

今回は厨房の様子がよく見えるカウンター席であったが鍋担のおじさんと洗担のおじさんが仲が良いようでかなりの頻度で楽しそうにおしゃべりをしている。
これってどちらかがいないタイミングだとどちらかのおじさんの悪口を言ってそうな雰囲気を感じるけど実際はどうなんだろうね。

今回、この席でソーハンの作り方が確認できたがこれって全店舗共通なのかな。
最後に使い切るタイミングというのが腕の見せ所なのだろうか。

ousyo09

だいぶ貯まったね。
今年は7%引の高みを目指すつもりである。
会計時に前のお客さんがゴールドカードを提示しているのを見てやはり僕もあれを目指さないと、と思うようになった。

JR神戸線沿いを立花駅方面へ。

踏切を渡る

気になるお店
ousyo10
あっ、ここは確かおかわりおじさんが記事にしてたお店だ。
隣に移転するみたいだね。

ousyo11

8月上旬には移転完了の予定らしい。
「樹^2」で「じゅじゅ」と読むらしい。

2

なるほどこうやると右上に小さい文字をHTMLでは表示できるんだね。
<sup>x</sup>

【閉店】キッチン樹2 (ジュジュ) - 立花/居酒屋 | 食べログ 

手書きだと気軽にできることもパソコンだとちょっと難しいこともあるよね。

ousyo12

ごはんは「よそう」ものだと思っていたが「よそぐ」なのか。
調べてみると一般的には「よそう」と「よそる」でどちらが正しいかの議論はなされているようで、この「よそぐ」は出てこない。
だがしかし、西日本の一部では「よそぐ」という方言もあるというし個人的には「よそぐ」にあまり違和感はないし、むしり「よそる」に違和感があるね。

最安値は200円のランチで「ごはん小と味噌汁とおかず1品」になるという認識で良いのかな。

JR立花駅前
ousyo14

ずいぶんとくたびれたピンチケ自販機だなあ。
前に見た時はもっとキリっとしていた記憶があるが…

ああ、記憶の中にあるのはこっちか。
ousyo16

とはいえ、この商売はもう長くは続かないと思われるがどうなんだろうね。

ousyo15

青汁?
そういえばかなり前からここには青汁屋さんがあるよな。

ousyo17

だがしかし営業してるのかどうかは定かではない。

緑王館遠藤青汁サービスとは?

ジョイタウン入り口部の喫茶店
ousyo18

ピザトースト美味しそうだね。

地下へと続くエスカレータ
ousyo19
立花ジョイタウン

玉出に寄り道したらなんとあのバニラトラックを発見
ousyo20


いちおう動画を撮っておいた。


玉出前で座り込んでいたおじさんが「1億オレに配れや」と呟いていたのが印象的であった。


尼崎ランチ週報2021/8.2-6 再まんぼう

さて、ランチ週報である。
夏休み前の週であるが、なんと兵庫県がまんぼうの対象となってしまった。
新コロやばいなあ。

月曜日
王将へ
今週も王将のターンは続いている。

lunch201

いちおうおすすめ三和セットの内容を確認
880円か。うーん。


lunch202
例の書類を机上に並べて待機

やはりざるラーメンセットに。

lunch203
僕の今年の夏の思い出は王将のざるラーメンセットだったなあ…
ってことになるのだろうか。

ソーハンとテンハンと卵掛けご飯+冷奴から選べるというがやはりソーハンが良いね。
ソーハンにズームイン

lunch204

サイズ的にこれはフルサイズかな。
野暮の極みではあるが、いちおうメニューを確認して定価が440円(税込)であることを確認。
611-440=171となり、ざるラーメンは171円となる。
まあ、あれだね。王将も損はしない価格設定ってとこか。

終業後
コノミヤさんへ
lunch205
月曜日なので10%オフプライス
自転車が他の曜日よりも多い。

僕はここに来る前に庭で夜食を購入済

lunch206

コノミヤさんでお刺身の切り落としを購入し、それなりの部分をお造りにして食べることに。
残りは漬けにして明日の分だ。


lunch207
鮮魚部も流石にプロだなあという感じで良い感じのお造り部が取れそうで取れない。
右の赤いのはカニではないやつ。
なかなかよく出来たかまぼこだね。

レバーとモモ焼が庭での調達食材
lunch208
レバーは1本で充分かなあ。

前日から仕込んでおいた神戸牛を使ったスジ煮込み
lunch209
スジ煮込みに最初にこんにゃくを入れたのは誰なんだろうね。
良いアクセントだ。


lunch210
カルビーのプロ野球チップスの開封結果

火曜日
もうだいぶスタンプも貯まったし、別の店でのランチでも良いかと。
きらくさんへ。
lunch211
日替わりはじゃこごはん定食だという。
またまんぼうで営業に規制が発生するのか、大変そうだね。

lunch212

このお店は各客にピッチャーが提供される良い店だ。

あたたかいうどんにした。
lunch213

天ぷらもセットになっていて得した気分。

終業後
僕の玄関こと阪神尼崎駅前

lunch214
なにやらライブ活動が行われている。

玉出へ
なんと、松茸が販売されている。
lunch215
中国産のようだが輸入に関する規制とかはなにかあるのだろうか。

松茸は買わずにマカロニサラダを購入。
lunch216


僕はマカロニサラダはかなり好きなんだけど滅多に買うことがない。
それはマカロニサラダはシェーキーズで無限に食べることのできるものであるという認識があるからだ。
しかしながら気軽に行ける範囲にシェーキーズがない今となってはその認識をアップデートする必要があるんだよね。
また大阪か神戸にシェーキーズができないかなあ。

昨日、購入して漬けにした海鮮と塩タン丼をミックスに。
lunch217
なんか良くわからないけど美味しい。

水曜日
スシローへ。
この日から特ネタ大トロが半額になると聞いて。
lunch218

案内された席はなんと1番席
厨房直結の回転寿司最良の席だ。
これはやばいなテンションが上がってしまう。


lunch219
まぐろ!


lunch220
まぐろオクラ
まぐろは淡白な味だから何にでも合うね。


lunch221
特ネタ大とろを2皿
筋があるように見えるが食べると不思議と筋を感じなかった。
食べる時に気になる筋とそうでない筋は何が違うのだろうか。
これは筋のようで実は脂だったのかな。


lunch222
デカ海老2貫
これは大した海老だ。


lunch223
白とり貝ユッケ
そんな貝あったっけ?とググってみたら、エゾイシカゲガイ(蝦夷石蔭貝)というマルスダレガイ目ザルガイ科イシカゲガイ属の二枚貝のことらしい。
なんかよく分からないけど美味しかったし、貝類を食べるとお寿司を食べてるなあという気分になるね。

キス天
lunch224
天ぷらのお寿司という変わったものを食べると回転寿司屋さんに来たなあという気分になる。
酢飯には合わないようでいて実はけっこう悪くない。
和食というのは懐が深いねえ。


lunch225

2貫100円なのは珍しいので。
とはいえ鯛って中途半端に熱した時が一番美味しいものだと知ってからは生で食べようとはあまり思わなくなったね。
ゴマダレで漬けにしたものをお茶漬けにするのが鯛をもっとも美味しく食べる方法だと思っている。
「そんなことはないぞ、もっと美味しい食べ方があるのに可哀想に…」っていう人がいたら誘ってください。
鯛というのは完全に火を通すとどうも生臭さが気になるし、生だと味に膨らみがない。
じゃあ、半生だとその弱点が上手いことなくなるんだよね。まあ、極上の鯛だとまた違うのかもしれないが、そこらのマーケットで販売されているものだとそうなんじゃないかな。


lunch226
いか
いかというは優れたバイプレイヤーだ。
海鮮丼や海鮮巻にイカが入っていると味が変わる。
単独で食べても美味しいし、なかなかに優れたやつだよね。


lunch227
はまち
近年、夏になるとマーケットでやたらと安く販売されている。
美味しいのだがあんなにたくさんは要らないかなあって感じでね。
1/4身が300円ぐらいで販売されている。
脂がよくのっていてやや癖があるので刺身だとたくさんは要らない系の魚であるが、酢飯との相性は抜群。

中トロ

lunch228

これも今回のセール品のはず。

ラストに大トロをもう1貫

lunch229

それにしてもスシローさんのネタは大したものだ。
やはり何かお酒的なものを飲みながら食べたいなと思うがそうはいかないこのご時世。
1人客のアルコールは解禁しても良いんじゃねって思うが、それをすると1人客を装って時間差で来店するという技を使う人もいそうだし、それはそれで面倒事が予見されるから一律提供不可にしているのだろうか。

夜食探し
お昼は魚だったので夜はお肉

lunch230

玉出へ

lunch231
このお好み焼セットというのが224円だが意外と美味しくてたまに買って食べている。
焼きそばとお好み焼がセットになっているもので僕は焼きそばの上にお好み焼きをのせてレンチンしてモダン焼きとして食べている。
このモダン焼きという名称は日本全国で通用する名称なのだろうか?

モダン焼きについて調べてみた。
自慢の味|大阪のお好み焼 ぼてぢゅうグループ | BOTEJYU Group【公式】
えっ、モダン焼きのモダンって「もりだくさん」の略だったという。
僕も長いこと生きてきたがその説は初めて聞いたし、ぼてぢゅうさんがそういうならそうに違いないのだろう。

世の中には知らないことや知ってる気になっていることってまだまだたくさんあるんだね。

もしかするとサーランとサービスランチは実は同じものではないのかもしれない。

木曜日
また王将のターン
lunch232
タイミング的に座敷に。
この座敷もランチタイムはあれだが、新コロがなければ飲み会シーズンにはフル稼働するものなんだろうね。

ということで僕の2021年夏の思い出
ざるラーメンセット

lunch233

終業後、ちょっと用事がありJR立花の方へ。


lunch234
おかしいな。223系が停まって見える。
僕はあまり詳しくないが一部の大人の映像作品では時間が止まったりするらしいが、そういう奴だろうか。
近づいてみる。


lunch235

踏切のちょうど手前で停止している。
中の様子を見ていると何やら運転士が慌ただしく動いているのでどうやら時間が止まっているわけではないみたい。
ということは何かのトラブルか。

2001と書かれているのが見えるので223-2001で検索

1999年3月に川重で製造されたクモ223-2001のようだ。
223系 W10編成と呼ばれる編成みたいだね。
この時の運用は快速だし、現状では225系と223系ってどっちが多いんだろ?
僕が生きている内に223系のラストランとかそういうのがあったりするのだろうか。

立花商店街のヒナタさんへ。
lunch236

既に焼いてあるものを買えるというお手ごろ感が良いね。
焼きたての焼鳥は素晴らしく美味しいけど時間がそれなりに掛かるし、お持ち帰りだと焼きたてでも焼き置きでも大差はない。
むしろ焦って帰る必要がない分、焼き置きの方が都合が良い。
でも、焼き置きでもけっこうまだ温かい感じなんだよね。
そこは気が付かなかったことにしてのんびりと帰宅。

lunch237

コノミヤさんで高級アイスクリームハーゲンダッツを購入。
月に何度かはセールで割引になっている。通常価格ではとても手が出ないがセールというのは良いものだねえ。
コンビニでハーゲンダッツのお値段を見ると目玉が飛び出そうになるが、あのような価格でもちゃんと売れているのだろうか。
やはりコンビニはブルジョワの店だな。

ヒナタさんで購入した焼鳥丼を開封
lunch238

つみれとこころをトッピングしてみた。

金曜日
初めての店へ。
アマゴッタの離れ部
lunch239


前はペットに何かするような感じのお店だったように記憶しているが定かではない。

粉もん屋 liquoR*sさんへ。
へえ、公式サイトはちゃんと更新してるんだ。
5F部の飲食店も復活しないかなあ…

lunch240
本日の定食を確認。
色々あるな。
こういう時はとりあえず左上を選ぶのが良かろう。

650円という価格、安くて良いね。

店内メニュー
lunch241

他のものは分かるがこんちく焼ってなんだろう?
こんにゃくとちくわを焼いたものだろうか。
7個200円と非常に安価ではあるが…

おでん5種500円なんてのは非常に魅力的だね。寒くなったら終業後に来てみようかな。

ということで鮭バター焼定食
lunch242

ほう、これはなかなか良い定食じゃないか。
4種の小鉢がセットになっている。
小鉢にズームイン
lunch243

あえて食べようと注文はしないがあったら喜んで食べるタイプの食べ物だ。
それぞれ別の皿に盛ってあるのが良いね。
僕はワンプレートランチというのが嫌いでね。
まあ、洗いものとか面倒なのは分かるがそこはやはり客商売なので上手いことやってほしいと思っている。


うん、これはまた来なければならない今後に注目のお店だ。

アマゴッタの駐輪場

lunch244
あれっ、確か課金型の駐輪設備があったはずだが…
無課金で停めれるタイプの駐輪場に戻っていた。

あま屋台を視察
lunch245



lunch246

せっかく新品の屋台を導入したのに残念な感じだなあ。
まあ、新コロが落ち着いたらまた別の場所でこれらの屋台が活躍する日が来るのだろう。

あま屋台こと尼崎屋台広場とは? - Togetter 

【公式】尼崎屋台広場 尼崎市内 
アーカイブ
記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
ブログ村
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ