尼崎ランチ週報

主に尼崎のランチの週報と週末のお出掛けの日記です。

神戸牛

川西 ちからもち

さて、ちょっと用事があり川西市へ行くことに。

いつもの交差点で信号待機をしながら松屋さんからのお知らせを確認。

kawa01

左の還元のお知らせはちょっとお知らせに必要な要素が抜けてる気がするが気にしない。
利用することもないだろう。それにしても脱現金化の流れが急速に進んでいるがこれはいかなる勢力が進めているのだろうね?

新商品はポークステーキ丼だという。
豚肉を焼いてご飯の上にのせたら丼だ、などというのはいささか乱暴な感もあるがさほどの違和感がないあたりに和食というのは幅の広い食べ物だなと。

駅前公園

kawa02
左手に見えるあの石碑はなんだろう?


kawa03
連という字にの下に何か読めない字が書かれている。
下にシェイクハンドが現わされていることから連携あたりだと思われるがどうだろう。

反対面
kawa04

特に何も書かれていないようだ。
石碑というものには一般的にはどこかにいつ誰が何のためにという情報を記すものであるが見当たらない。
右手に見えているのはあま屋台だ。
そういえばどうしているのだろう?


kawa05

いちおう営業はしているようだが…



kawa06

もう一枚の石碑の裏側
こちらは何か書いてある。
置いた人は樽谷さんだな。
先先代ぐらいの社長さんだろうか。
公式サイトを確認するとこの6月に社長が替わったようだ。
新社長の苗字が樽谷ではないが、一族外の社長なのかそうでないのかは多少は気になるね。


kawa07

駅前

川西能勢口行きのバスへ乗車

kawa08
最前の座席が今後、開放されることがあるのだろうか。

到着
kawa09


パルティK2
MOSAIC BOXでランチを探そう。
kawa10

パルティってどういう意味だろうね。公式サイトのアドレス的には「palty」のようだがそのような単語はどうやら存在しないらしい。

「パルティせととは パルティはフランス語のpartir(パルティール : 出発する・発信する)に由来している。」
スタート地点みたいな意味だろうか。
K2はまあちょっと考えれば意味は分かるが、個人的にはもうひと捻り欲しいなという感じ。


モザイクは特殊な業界がこの単語を多用してきた為に本来の意味がよく分からなくなっているが、この施設の名称に使うには妥当な単語だといえよう。

地下飲食店街へ
kawa11

川西能勢口へは何度か来ているがここに来るのは久しぶりだね。
尼崎ランチ週報 : 2020シーズンの冬休み 07 川西 

この時以来だ。
この時は営業していたお店が休業ではなくて閉店してたりとほんの半年ほどで街の姿は変わっていくものだなと。

営業してたらここにしようと思っていたが、この日は6/20(日)
kawa12


アステ川西でランチを探すことに。
kawa13

ウロウロとしてみたがここにすることに。

kawa14

ちから餅さんである。
こういう感じの駅前の目立つ場所にあるお店というのは逆にあまり入る機会がないので今回は良い機会だと思い入ってみるとことに。

kawa15

ホームランうどんにしようかと思っていたがうどん屋さんで「ホームラン」などと口に出して言うのがちょっと恥ずかしくなってうどん部門人気ナンバーワンだという八宝うどんを発注することにした。

かちんうどんという名称は初めて見たと思うが、これはお持ち入り麺類の名称として一般的なのだろうか。
わかめうどんのお値段は他のうどんと比べると割高にしか見えないが、これには何か仕掛けがあるのだろうか。

トッピングのお知らせ
kawa16
そうかうどん半玉増量は無料なのか。
わかめトッピングはないんだな。

そうこうしている内に到着
kawa17

尼崎のちゃんぽんのようなビジュアルだね。
なかなか美味しかった。

ちから餅 アステ川西店 - 川西能勢口/そば・うどん・麺類(その他) [食べログ] 

アステの地下の牛兆さんへ
kawa18

ササミカツを発見。しかも安い。
一般的なササミ単価から考えると破格の値だがどうなのだろう。これは調査の必要があるね。


kawa19

2つ購入。けっこう大きい。
今、写真で確認したけど隣のとんかつも安いね。1枚200円だという。

バスに乗って帰尼
kawa20

いかにも再開発後という雰囲気の駅前だなあ。

玉出でまた神戸牛を購入
kawa21

せっかくの機会なので飽きるほどに神戸牛を食べてみようかと思っている。

kawa22

シンプルに焼肉に。
なるほど神戸牛とはこういうものなんだな。

ササミカツ
kawa23

これは良いね。ほぼ理想的なササミカツだ。
近所にあれば通ってしまうやつだね。




尼崎ランチ週報2021/6.21-24 蔓防

さて、ランチ週報である。
緊急事態宣言というのは終了したらしいが、未だに僕が住む尼崎は蔓延防止等重点措置の対象地域らしい。
らしいというのは、ネットのニュースにそのようなことが書いてあったような気がするからであって、直接的に僕の所に誰かが来て、「緊急事態宣言が出た」とか「蔓防だからこうしなさい」とか教えてくれる訳じゃないし、文書による通達もなしだ。
考えてみたらいい加減な話だよね。

ネットとかテレビとか新聞見てなかったら、情報が入ってこないのだがこれで良いのだろうか。
僕はテレビと新聞は見ないので情報の頼りはネットだが、ネットの情報なんてのは自分の見たい情報しかみないものだしねえ。

そんな今週は4ランチ
月曜日
街かど屋さんへ

lunch351
今回はざるそばのサーランに在庫あり。
100円割引券はまだ残っているので使用した。

lunch352

待機
お店が混んでいても日替わりは速攻で出てくるという安心感があっていいね。
いつものようにごまは満タン。
ごまの下の方はいつから入っているのか、どのように管理されているのか気になるがそんなこと訊けないしなあ。

そんなことを考えていると僕のサーラン到着。
lunch353
写真だと少な目に見えるが、実際はそうでもない。
ざるそばはキンキンに冷えてやがる…!
まあビールじゃないから冷えていれば良いというものでもないが、しっかり冷やして出すというその心意気やよしといったところだろうか。

つけ汁はもうちょっと濃い方が僕の好みだが、だからといって醤油を加えてバランスが崩れるとアレなのでそのまま食べることに。

ソースかつ丼はこれは丼として扱って良いものなのかいつも悩むが構造を考えると天丼と同じようなものなので丼ということで良いのだろう。

終業後、十間の交差点をバニラ号が右折
lunch354

音は出していなかったがVANILLAから1億円だという。

玉出へ
lunch355

神戸牛をゲット
とても1000円以下で買えるようなビジュアルのお肉ではなかったが、マルチュウさんの出血大サービスなのだろうか。

開封
lunch356

シンプルに焼いてみた。
lunch357


今後もしばらくはこの価格で神戸牛を販売するのかな。
良い機会なので、このチャンスを生かして神戸牛を食べ飽きてみようかな。

火曜日
新商品の解禁日
今回はポークステーキ丼である。

lunch358
手前の松の屋さんはまた海老フェアだという。これは弁当の時のみ海老増量ということだろうか。
海老フライというのは食べごたえがないのでなんとなく100本ぐらいは食べられそうな気でいるが、実際は何本ぐらいでお腹いっぱいになるものなんだろうね。

エスカベッシュとは?
ググってみると「揚げたり茹でたりした白身魚を、オイルやビネガーを合わせた漬け汁に漬け込んで作ります。」という感じ。
日本語で近いイメージは南蛮漬けだろうか。まあ南蛮漬けってのもその言葉だけでどのような食べ物かを想像するのは難しいよね。

lunch359

今回はこっち。
ポークステーキ丼である。
こちらもエスカベッシュが出てくる。
エスカベッシュとギルガメッシュって似てるけど、ギルガメッシュナイトの最終回ってどんな感じだったんだろうね?

lunch360

食券を購入して待機。お時間が掛かるとのコールあり。

だがしかし、5分ちょっとで到着。
lunch361

まあ早くできる分には問題あるまい。


ズームイン
lunch362

上の白いものが野菜のエスカベッシュだろうか。
見た目的にはエスカベッシュというよりも羹に懲りた時に吹くやつに似ているような気がするが、どうなんだろ。

ポークステーク丼を丼の仲間に入れて良いのかには議論の余地があると思われるが、細かいことを気にしないのが日本の丼文化の良いところなのかな。
丼の中にご飯を入れてその上に何か食べ物をのせれば、それは丼という料理だという感じで。
このルールなら何でもありだ。
カレーですらカレー丼という料理になってしまう。
ピザ丼は…
僕はちょっと遠慮しとくかな。

ランチ店の復活もそこそこにあるようだ。
lunch363

このラインナップでパスタランチとか厨房大丈夫なのかな。

終業後の夜食の買い出し
lunch364

タイムセールでラストワン賞をゲット。

玉出へ
lunch365

太陽がとても赤かった。

lunch366

購入したお弁当。

ワンプレート夜食に
lunch367
お店だとワンプレート系が気に入らない系の僕であるが、自宅だとワンプレート派だね。
だって洗い物が少なくて済む。
お弁当に課金してぼんじりとハツを足してみた。
ハツというのは実に旨い。

水曜日
西安曹家餃子坊さんへ。
新しくなったランチメニューを試してみることに。
lunch368

この場合気を付けなければならないのは、旧メニューと同じ組み合わせにしないことだろう。
それをしてしまっては意味がない。

気になる税込1000円お酒セット
lunch369

餃子と唐揚で夜食完了感あるね。
他のもなかなか良さそうだ。問題はお酒が1杯で済むのかどうかという点かな。

と、そんなことを考えていたらランチ到着

lunch370

味噌ラーメンと天津飯にしてみた。これは多分、初めての組み合わせのはず。

味噌ラーメンにズームイン
lunch371

こちらのお店は立派なメンマを使用していて好感が持てる。
やはりラーメンにおいてメンマは重要な存在だ。
チャーシューもチャーシューというよりは豚の角煮という感じで非常に重たい。
僕は好きだね。
ただ、味噌ラーメンという割に味噌の味が薄かったのがいささか残念だ。
まあ、僕は濃い味が好きだからなあ。

天津飯は金属製のスプーンが添えられていたこと以外にはこれといって問題はなかったかな。
ラーメンのレンゲを使用して食べることに。
どうしても金属製の食器というのは口当たりが悪い。
ナイフとフォークなら口に直接当たることが基本的にないので気にならないがスプーンはねえ…


夜食探し
コノミヤさんで景品付のビールを発見。
lunch372

バドワイザーだ。
そして、新商品のメンチカツバーガー定食が100円引。

lunch373

中身はこんな感じ。
100円オフプライスの329円だと考えると十分なバリューセットだと。

おまけ
lunch374
バドワイザーオリジナルアルミタンブラーである。赤い。

開封
lunch375

KING OF BEERSと銘打たれている。
まあ誰が決めたの?って話だが、この辺は僕が尼崎のランチキングと自称しているのと事情はおおよそ同じようなものだろう。(調べてないけどね。)

底面
lunch376


バドワイザーは現在世界80ヵ国以上で販売されているとのことで、今回の販促品も世界中で配布されているのかな。
様々な言語で何らかのメッセージが刻印されている。
日本語はないな。
翻訳こんにゃくを食べてから読んでみると、「食器洗い機大丈夫です」と書いてあった。
そうか食器洗い機というのはそんなに世界中に浸透している道具なんだな。

木曜日
スシローへ。
なんと三貫盛のキャンペーンがこの日から始まるという。
スシローのキャンペーンには色々あるが、この三貫盛はいつも内容が優れている。

lunch377


着席
とりあえず赤貝をレーンからピックアップ
lunch378

なかなか良いじゃないか。赤貝なんてなかなか食べる機会がないからね。


まぐろ三貫
lunch379

税込330円の最高級皿であるが、これらが各一貫110円というのはなかなかすごいな。

貝の三貫盛
lunch380

赤貝ホッキホタテ
立派なネタだ。

シークレット商品も無事にゲット
lunch381
これが一番美味い説はあるよね。

更に三貫盛
lunch383
鰯の美味しさがちょっと異常感有。
ひらめと桜ますは見た目通り。

軍艦三貫
lunch384


やはりスシローの三貫盛りは見逃せないね。

終業後、庭へ。

新しいお店が開店準備をしている。
ビストロジャパンさんの跡地だ。
lunch385


lunch386

7 TIMES CAFE
直訳すると7回目の喫茶店か。
いちおうググってみたがこれといった情報はない。
ランチもあるみたいだが、どうなんだろうね。

丸鶏炭次郎さんの焼鳥を買ってみた。
炭治郎ブームには乗れなかったようで残念。

lunch387

選ぶのが面倒だったのでセットのやつを購入。

lunch388
500円ちょっとで7本セット。
なかなか美味しいね。
昔はネギマなんてあんまり好きじゃなかったんだよね。
だって、焼鳥なんだから鶏を食べたいじゃんって思っていたが最近はネギも美味しいなと思うお年頃だ。



アーカイブ
記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
ブログ村
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ