尼崎ランチ週報

主に尼崎のランチの週報と週末のお出掛けの日記です。

高槻

高槻3

さて、セカンドランチを食べてもう少し散歩を。

阪急高槻市駅の南側へ、駅の位置的に東南側になるのかな。

tkt53

南に進んでいるつもりが目の前の通りは城北通
そうか、城北ってことは南に進めばお城があるということか。
高槻に城とかあったっけ?

目に入った日替わり定食
tkt54
やはり日替わりは良いねえ。
悩まなくて良いという点が最も良い点だと思います。


tkt55

それにしても渡りたい方向の信号が直前で赤になるという事象はどうにかならないものだろうか。

しばらく歩くと、しろあと歴史館に。
tkt56

あと、ちょっと。

tkt57
高槻城
有名な城主は高山右近公なんだって。
名前に覚えはある。
やはり右近という名前はなんとなくインパクトがあって記憶に残りやすい。
これが高山秀信とかだったらさして記憶に残るとは思えないし、そう考えると名前って大事だよね。


tkt58
しろあと歴史館のエントランス部


tkt59
撮影可現場だというのでいちおう撮影
こういう感じの博物館的なやつってなかなか面白いね。


しろあと博物館の西側でなにやら大規模な工事が行われている。
tkt60
高槻城公園 芸術文化劇場の建設現場だ。

僕は建築に関してはなんら知識はないが、これはとてもすごい額のお金が動いている工事のように見える。
10億円とかじゃ全然足りないし、10億円でエントランス部がなんとか完成できそうなぐらいの規模に見えるが実際はどれぐらいのお金が掛かっている工事なんだろう。

ググってみた
高槻市 新文化施設の建築を5月下旬再公告|建設ニュース 入札情報、落札情報、建設会社の情報は建通新聞社 
おおよそガワ部だけで100億円のお仕事という感じだろうか。

100億円とか小学生とかじゃないと口に出すことがない金額だと思われるが、実際にそういう金額が動く現場というのもあるんだね。

城跡公園へ。
tkt61

tkt62

なかなか良い感じだね。
自分の家のお庭がこんな感じでも悪くない。


tkt63
逆光でよく分からないけど、たぶん高山右近公


tkt64
池にはたくさん亀がいた。
外来種かな?

公園はこんな感じ。
tkt65
遊具の類の設置には1億円も掛かってないんじゃなかろうか。
でも、良いよね。公園って。

再び駅前へ
tkt66
駅前の食堂の安べゑさん
初見の名前だ。ローカルなお店かと思ったがどうやらチェーン店らしい。
どういう経緯でそうなっているのかを調べてみると面白そうだよね。

肉豆富推しの店とか尼崎にも出店しないかな。
tkt67
定食のおまけが付いてくる感じが良いね。

北の方へとJRの駅舎をくぐり抜けて再び北側へ。
tkt68

出た!VIERRAだ。
JR塚口駅にもあるやつだ。
ここもなんか微妙な商業施設だなあ。
ここも明太子は食べ放題なのだろうか?
明太子食べ放題という文言には夢があるね。

高槻阪急へ
tkt69

うーん…

JR高槻駅構内で謎の箱を発見。
tkt70

個室型スマートワークブースだという。

ということでググってみた。
JR西日本の駅ナカ初登場!個室型ワークブース「テレキューブ」をJR高槻駅、JR尼崎駅、JR大阪駅、JR新大阪駅に設置いたします | Beyond テレワーク | Web会議・テレビ会議(TV会議)ブイキューブ 

なんと我が街、尼崎にも設置されているという。
視線と音を遮るプライベートな完全個室とのことだが、この中で甲本ヒロトさんのライブの物真似をしても逮捕はされないとい解釈で良いのかな。
人通りの多い駅の中で甲本ヒロトするなんてかなり面白いと思われるが中に監視カメラとかあったりするのだろうか。

帰尼
tkt71

尼崎駅の近くのファミマの横の高い塔みたいなやつってなんだろう?
たしかここってかつての尼港線の跡地だったよね。
20年ぐらい前はまだその名残の謎の建築物が残っていたような記憶があるが、現状ではほとんどそのようなものは残っていない。

帰宅
tkt72

獺祭を飲もう。
勿体ないからちょっとずつね。

夜食はコハダで良かろう。
tkt73


高槻でセカンドランチ

さて、セカンドランチを視野に入れ少な目にファーストランチを済ませ、お目当ての街へと。


tkt30
JR高槻駅と阪急高槻市駅の間の商店街である。
高槻なんてのは尼崎に住んでいると普通電車の終着駅としてなんとなくその名は知っているが、あえて降りることのない街だったりする。

どんな街なんだろ?

tkt31


tkt32


tkt33

これはなかなかの迫力だ。
アーケードのあるメインの商店街とそこに繋がる無数の横丁的な通り。
これはランチを決めるのが大変そうだ。

しばし、街を調査。


tkt34
この商店街のメインマーケットはここになるのかな。
生鮮市場ハローダイキョウさんセントラルマーケットだ。
初見のマーケットだね。
調べてみると店舗は2つだけ。これは面白そうだね。

その隣はICHIBA
tkt36

いわゆる昔ながらのマーケットが展開されている。
ここ高槻の調査はなかなか大変そうだ。
大阪市内のマーケットよりもなんだかよく分からない迫力がある。

センター街から出て、目についた看板。

tkt37
パラダイス&ランチとは?

なかなかイカれた感のある屋号であるが、僕がいつか出店するランチ店の屋号候補がひとつ見つかった。
ランチパラダイスだ。略してランパラ。
ランチパラダイス店長のランチキングです、なんて感じでテレビのランチ番組に出演できたらいいなあ。


こちらのお店はどうやらパン屋さんらしいね。
セカンドランチが食べられるような感じではなかったのでとりあえずスルー

そのほぼお隣
tkt38
来た!
日替わり
そしてメニューはなんとヘレカツでそれも3枚もあるという。
価格は税込715円。
洋食のいろはさんである。


2021年4月1日以降も平気で税別表記をしている店の名前を僕は決して忘れない。

これは日替わりランチ不可避だな。

店頭でマップを入手
tkt39
なんだか、ゲームみたいだね。
中を開けてみるとこれはなかなか大したマップだ。


tkt40
定食メニュー
チキンカツは何肉だろうか。
値段的にはモモっぽいね。

tkt41
壁を見るとポスターが目に入る。
なんだか体内をアルコール洗浄したくなってきたね。
まあ、それなりに人通りのある場所にも立ち入ったし、アルコール消毒をしても問題はなかろう。
値段は明記されているが、瓶の種別は書かれていない。
500なのか633なのか。

tkt42
500の方か。
たった133の違いであるが633の瓶は重厚感が良いよね。
大瓶は漢字で書くと「だいびん」としか読めないが「大びん」と書かれているとかなりの頻度で「おおびん」と読んでしまうが、これはなぜなのだろう。
中びんを「なかびん」と読んだ記憶はないが、これがきっと選べる場合は「大びん」しか選ばないからに違いない。

tkt43
まあまあ鮮度の良いビールのようだ。

tkt44
先にスープ
こういう提供の仕方をするお店は良いね。
定食に汁物が含まれているのに汁物が後から来る店は個人的には評価が低い。
まあ、食べる前にビールを飲んじゃうおじさんが何を言っても説得力はないとは思うがね。
食事の最初に温かい汁物で胃を活性化させるとなんとか言ってるが、割と平気で空きっ腹にビールを注ぐことがあるし、だからといって後で体調が悪くなったりしたこともない。
こういうのは雰囲気なんだよ。


tkt45

メイン到着
ヘレカツのみ最初からソースが掛かっている。
これがなかなかに特殊な味で自家製のやつなのかな。美味しい。

tkt46

こういう感じの揚げたてフライ定食が気楽に食べられるお店が近所にあると良いなあ。
僕の庭にはこの手のお店は多分、ない。あったかな? 記憶にないな。
近い感じは串カツのあさひさんなんだろうけど、やはり方向性に相違があるなと。


満腹になり店を出る。
同じビル?には駿河屋さんのトレカ館が入店しているようだ。

tkt47


買取価格が掲示されている。
tkt49

こういうのは全然わからないのだけどね。

tkt48

管理会社からのお願い
タバコの投げ捨てしないでねというお願いのようだ。
タバコを吸う人の中には喫煙者の立場を悪くするような人が結構な割合で存在するよね。
道で落ちているゴミのほとんどがタバコの吸い殻だし。

どこの街でも存在する例の地図
tkt50


tkt51

そういう文化の街なのか、営業マンが優秀なのか。
この地図に関する書籍があったりするのかな。
面白エピソードには事欠かないと思われるが。

tkt52

お土産ハーゲンダッツ10個プレゼントというのはかなりのパワーワードだね。



高槻市駅の南の方へ向かうことに…


高槻へ

さて、ちょっと用事があったので高槻へ。
今回は珍しくJRを利用。


tkt01

高槻といえばあの新快速の停車駅ではあるが、今回は普通で行ってみることに。

tkt02
JRは車番が先頭に付いてないので素性を探ることはできない。


tkt03
40分程で高槻駅に到着。意外と近いね。

高槻の場合、JRと阪急の駅に挟まれた場所が最も栄えているという事前情報があったので、とりあえず先にJRの北側を調査することに。


tkt04
阪急百貨店?
なんか阪急っぽくない雰囲気のビルだな。


tkt05

AL.PLAZA
上部がオフィスビルだと阪急っぽい感じだね。
平和堂さんの関西進出はどこまで進むのだろうか?

モール的なものが見えたのでそちらの方へ。
tkt06
そば うどんの権兵衛さん。
関西だとうどん そばの順のお店の方が多そうだがこちらのお店はそば推しのお店なのだろうか?

その隣のお店。
tkt07
わざわざ高槻まで来て、電車から降りて5分ぐらいの場所でランチを食べる訳にもいくまい。
ということで更に調査を。

アクトモールである。
tkt08


高槻ではケンフラが流行っているようで待機列ができていた。

tkt09

更に西へ進むといわゆる商店街の入り口が口を開けていた。

tkt10

サンロード芥川商店街である。
tkt11


高槻マルシェとは?
tkt12
後で行ってみよう。

芥川仇討の辻
tkt13

なんかいまいち頭に入ってこないな。僕の頭が悪いのだろうか。

tkt14

7月3日には芥川商店街土曜市が開催されるようだ。
その頃には新コロナ禍が収まってると良いね。

商店街内にランチを食べれそうなお店はあまりなかったが、こちらのお店は気になったね。
tkt15

きないやさん
ランチの合鴨丼定食なんてのはなかなかそそられる。

とはいえ今回の目的はやはり駅と駅の間の飲食店街の調査だ。
またの機会に…


tkt16
高槻駅の南側には3棟のビル群がある。やや年季が入ってる感じだね。
とりあえず目に付いた。
駅を出て右側のグリーンプラザ3号館に味の地下街さんぷらというものがあるようだ。

正面は松坂屋さん

tkt17
関西ではあまり見かけない松坂屋という看板。
そういえば今年の松坂大輔さんはどうなんだろうね?

ペデストリアンデッキからグリーンプラザ3号館へ進入。
tkt18

tkt19

エントランス部
これはなんかすごいね。光ってないお店は廃業してしまったということだろうか。
生き残りは半分以下という感じか。tkt20
さて、どうしたものか。そばを食べたくなってきたが…


tkt21

ということで、さんぷらのおそば屋さん吉兆さんに入ってみることに。
お店の外からそばを打っている様子が見える構造のおそば屋さんだ。


tkt22
天かすは入れ放題。なかなか質の良さそうな天かすだね。

tkt23
注文は鶏南蛮そば。
通常であるならば丼セットとかにするところだが、今回はセカンドランチを視野に入れているのでここは少な目に。
こういうことをすると結局中途半端なランチを2回食べるという良いような悪いような結果になったりもするが、それもまた悪くはないだろう。


うん、これは美味いそばだ。
そばというのはどの価格帯でもさほどの差なく美味しいものだなと。
でも、中にはそばの美味しさに感動して自分で打ってお店を出したりする人もいるよね。

きっとそういう人って遺伝子的にそばという文化を後世に残すために選ばれし者なのだと。
もしかするとそういうものでもなくて僕が食べても自分でそばを打ってみたくなるようなおそばというものが存在するのかもしれないが、それに出会うことがあるのだろうか。

tkt24
マブールランチ
他にもカレー屋さんもあったりで営業しているお店は少ない感じではあるがけっこう良さそうな飲食店街だ。


tkt25

グリーンプラザを地下で繋ぐ地下通路

tkt26

広い。駅前にこれだけの空間を無駄にしてるとかどのような事情なんだろう?


tkt27
うなぎのお店もあるようだが、この日はお休みらしい。
tkt28

江山さん

地下飲食街という文字を見るとなんかワクワクするね。
tkt29

やはり調べないで来ると面白い。見るものすべてが新鮮だ。



さて、地上でセカンドランチを探しに行くか。


tkt30


アーカイブ
記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
ブログ村
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ